2019年5月23日 更新

【京都お寺めぐり】新京極商店街にある狭小境内!今注目の一遍上人ゆかりの寺院☆「染殿地蔵院」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は四条通り沿い、新京極商店街にある狭小境内のお寺。現在開催中の京都国立博物館「国宝一遍聖絵と時宗の名宝」でも登場する一遍上人ゆかりのお寺。

一遍聖絵にも登場した新京極商店街にあるお寺

 (153483)

四条通りから新京極商店街へ。三条通まで続く約500メートルある新京極通りにあるアーケード商店街。
 (153480)

かつて、平安京の最も東に位置し、東京極大路(現在の寺町通り)の東側に新しく造られた通り。豊臣秀吉が市中の多くの寺院を寺町通りに集めたことに伴い、その境内が縁日の舞台として利用され、周辺は見世物や催し物を中心に発展。そして、明治時代東京遷都に伴い、衰退する京都の士気を上げるべく誕生したのがこの新京極通。
 (153481)

そんな繁華街の一角。ビルとビルの間の隙間に寺院が。見過ごしてしまいそうなほどの目立たなさ。

今回、なぜこちらを訪問したかというと、現在京都国立博物館で開催されている特別展「国宝一遍聖絵と時宗の名宝」で展示されている聖絵の中に、このお寺が登場。それがどんなお寺なのか興味があり、やってきました。
 (153482)

国宝「一遍聖絵」第七巻絵二十六に描かれた四条京極の釈迦堂がこの染殿地蔵院にあたり、聖絵の中では大勢の僧侶が踊り念仏を唱えるシーンが描かれていました。時宗の寺院。
 (153485)

弘法大師・空海により808年に創建。

 (153484)

こんな狭小スペースの参道を抜けて本堂へ。
 (153486)

秘仏の本尊は空海作と伝えられる地蔵菩薩立像を安置。江戸時代には名地蔵の一つとも称されたほど。
 (153487)

文徳天皇の皇后(染殿皇后)がこの地蔵像に帰依して無事に清和天皇を出産したことから、安産祈願のお寺としても有名。そんなことから、こちらの御朱印には犬の親子が描かれていたり。
 (153488)

また、かつては釈迦如来を安置したことから、聖絵の中のように『四条京極釈迦堂』とも呼ばれていた時代もあったようです。
 (153489)

 (153509)

面白いことに、四条通りに面した甘栗和菓子老舗・林万昌堂の店内を通り抜ける参道。時代の移り変わりを、境内の様子から色濃く感じる寺院。一遍聖絵の鑑賞とともに訪れたい場所。

染殿地蔵院 へのツイート

詳細情報

住所:京都市中京区新京極通四条上ル中之町562
電話番号:075-221-3648
拝観料:無料 境内自由
公式サイト:http://somedonoin.com/index.html

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【都七福神めぐり】京都発祥で日本最古の巡拝!西国三十三ヶ所札所でもあり☆4寺社め「革堂(行願寺)」

【都七福神めぐり】京都発祥で日本最古の巡拝!西国三十三ヶ所札所でもあり☆4寺社め「革堂(行願寺)」

全国には数多くの七福神めぐりがある中、京都発祥で日本最古の『都七福神めぐり』。新春に七福神を巡拝することで、ご利益もひとしおというもの。今回は4寺社め。西国三十三ヶ所めぐりの札所でもあるお寺。
京都|買い物に疲れたら新京極で"たこ焼きとビール"はいかが?「蛸益(たこます)」

京都|買い物に疲れたら新京極で"たこ焼きとビール"はいかが?「蛸益(たこます)」

観光や買い物客でにぎわう新京極商店街、ちょっと疲れたら「蛸益(たこます)」で美味しいたこ焼きとビールで一休みなんていかがでしょうか。
京都人が常用する良心的な割烹料理屋|新京極にひっそり佇む「割烹 蛸八(たこはち)」

京都人が常用する良心的な割烹料理屋|新京極にひっそり佇む「割烹 蛸八(たこはち)」

京都の繁華街 新京極の一角にひっそりと佇む料理屋さん「蛸八(たこはち)」。舌の肥えた市場関係者も足しげく通う名割烹です。
【京都ランチ】平日でも行列の人気店!絶品名物オムライスは破格600円☆洋食店「くるみ」【寺町京極】

【京都ランチ】平日でも行列の人気店!絶品名物オムライスは破格600円☆洋食店「くるみ」【寺町京極】

また食べたいです。テレビや雑誌で、オムライスの美味しいお店として必ず登場。昭和テイストと丁寧な構成ながら破格の600円。行ってきました。
京都 冬の風物詩 "蒸し寿司"は必食! 新京極にある老舗「寿司 乙羽(すし おとわ)」

京都 冬の風物詩 "蒸し寿司"は必食! 新京極にある老舗「寿司 乙羽(すし おとわ)」

お買い物客や観光客でにぎわう新京極商店街にある、100年以上の歴史を持つ老舗「寿司 乙羽(すし おとわ)」をご紹介します。風物詩の蒸し寿司や箱寿司が頂けます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers