2019年2月3日 更新

【円町 法輪寺】だるままみれの節分大祭!この時だけの「だるま焼」もあるよ

どもこんにちは〜西のお店行きまくりのデブ子デラックスです★今回は前に記事にした、円町にある「法輪寺」の節分祭を紹介します。通称だるま寺と呼ばれるだるまづくしのお寺で、賑やかに節分大祭が行われていますよ。

おびただしい数のだるまに開運を込めて

 (144355)

西ノ京円町の交差点より北に位置する法輪寺。別名だるま寺として親しまれていて、境内にはたくさんのだるまが安置されています。大小様々なだるま、その数何と8000体以上あるんだそう!
 (144357)

普段はひっそりしているだるま寺ですが、節分大祭が行われる2/2〜4の3日間は大賑わい。境内が開放され、通常拝観料が必要な庭園も無料で見学することができます。その他、ハト茶の接待や抹茶の提供、住職による『だるま説法』もあります。毎年これを楽しみに来られる参拝客も多いそうで名物なのだとか。時間があれば聞いてみてください。説法は2時間おきに開催されますよ。
 (144358)

入ってすぐの大だるまには、無病息災を願いお札が貼り付けられるのががこちらの習わし。今年は早くに訪れたのでまだ顔が見えますが、終盤になると真っ白なだるまになるんですよ!
 (144362)

 (144359)

だるま寺という別名のとおり、境内には至るところにだるまが置かれています。古いものや珍しいもの、こんなだるまがあるの?というユーモアなものまで。見応えありますので、じっくり眺めてみてください。

福引で今年の運勢を占おう

 (144360)

空くじナシの福豆付き福引もあります。一等金だるま、二等は銀だるまが当たるそうです。今年の運勢はいかに!?運試しにチャレンジしてみました。
 (144361)

そしたら何と三等が当たりましたわーい!!三等はえと色紙で、しかも手書き。亥の字がいのししのようにあしらわれていて味がありますね。こいつは春から縁起がいいぞ〜!

1年で3日間だけ!食べておきたい「だるま焼」

 (144363)

お参りを済ませたところで、おまちかねの「だるま焼」をいただきましょう。毎年だるま焼を楽しみにしている人も多いと思いますが、私もそのひとり。その理由は、1年で節分祭でしか販売されないから。毎年コレを求めて行列ができます。
 (144364)

あんこ入り回転焼き風で、一見普通の今川焼きに見えますが、たまごがたっぷり使われていてふわふわ。冷めてもおいしいので、持ち帰りに10個など大量買いも珍しくありません。1つ100円の明瞭会計なので、近所の子ども達がお小遣いを持って買いにくる姿もみられます。
 (144365)

終始手を休めず焼かれるスタッフの皆さん。話しかけると丁寧に答えてくださり、みなさんフレンドリー。行列も心なしか和やかです。
 (144366)

今までは受け渡しのところだけで焼かれていましたが、今年は鉄板を増やして対応されています。ピーク時はかなりの行列になるので、今年はいつもより回転が良くなるかも?
 (144367)

「写真撮っていいですか?」と聞くと、ポーズを撮ってくださるお店の方々。毎年こうやって愛想よく対応してくださってとても楽しい!今年も節分祭が終わるまでがんばってくださいね〜
 (144368)

自宅に持ち帰り用を購入しましたが、やっぱり焼き立てが食べたくてその場でぱくり。アツアツで柔らかくておいしい♡あんこが入っていますが、たまごがベースなのでさほど甘さを感じず、ぱくぱく食べられますよ。ふんわり軽くてあっという間に完食。思わずもう1個食べそうになりました。笑
今年は2/4午前中まで販売予定だそうですが、完売次第終了なのでお早めにどうぞ。
 (144373)

そこそこ人出はあるものの、地域のお寺という感じで、ほのぼのムードなだるま寺の節分大祭。今年の節分は日曜日で、午前中は天気も良さそう。ぶらぶら散歩がてら、だるまから福を授かってみてはいかがですか?

EVENT DATA

開催日時:2月2,3,4日・8:00〜21:00(4日は午前中のみ)
開催場所:法輪寺(達磨寺)京都市上京区西大路通御前西入行衛町457
アクセス:JR嵯峨野線 円町駅下車 徒歩約5分/市バス 西ノ京円町バス停下車 徒歩約3分

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス