2020年10月9日 更新

【京都映画館めぐり】世界に誇る建築家・隈研吾リノベ歴史的ビル内☆ネット予約開始「京都シネマ」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は下京区、四条烏丸にある商業施設ビル。世界的にも有名な建築家・隈研吾氏のリノベーションビル3階にある映画館。

世界が注目する建築家・隈研吾氏リノベーションビルの映画館

 (193314)

下京区四条烏丸下がる。この界隈のランドマーク的商業施設『ココン烏丸(COCON KARASUMA)』。地元民にとっては超お馴染みの建物。映画鑑賞や買い物、飲食などさまざまなシーンで利用する場所。

今回は、ここに入居する映画館を目指してやってきました。
 (193315)

もともとここは、1938年(昭和13年)に建設された旧丸紅ビル。それをリノベーション設計したのが隈研吾氏。最近では新国立競技場を設計し、世界的にも知られる建築家。

この建物は、歴史的に価値ある建築物を優れた改修により再生させた功績から、建築・設備維持保全推進協会より第16回BELCA賞ベストリフォーム部門を受賞。
 (193289)

そして、映画館『京都シネマ』はビル3階。今回は予めチケットをネットで予約。というか、今までオンラインチケット予約できなかったんですが、9月からスタートしたみたいです。これまでは見たい映画の上映時間よりかなり前から来館しチケット入手。で、場所取りするのが常でしたが(笑)
 (193290)

こちらでも新型コロナウイルス感染予防対策実施中。モニター検温がありました。
 (193292)

待合いスペースはこんな雰囲気。上映中の映画の情報や予告モニターなどあります。

もともと三条河原町にあった京都朝日シネマ閉館にともない、旧・京都朝日シネマの支配人以下スタッフらが新たに会社を設立し、ここココン烏丸に開館したのが京都シネマ。

かつても主に単館系映画を上映し、大手シアターと一線を画す映画館でしたが、こちらでもその趣きを踏襲しつつ、ミニシアター3つのわりとこじんまりとした映画館。
 (193291)

で、オンライン予約済なので、発券機はどこだどこだと館内を見渡すと、それらしきものはなく。

スタッフさんに促され、予約の際に受け取ったメールに添付されたQRコードをここにかざすと認証され、これで完了。なので、紙ベースのチケットはなし。ちょっと驚くほど飛躍的にIT化されてます(笑)
 (193293)

これから公開予定の作品をいろいろと物色。話題作目白押し。
 (193294)

今回は人気のためアンコール上映された作品『ようこそ映画音楽の世界へ』。

著名な監督たちや、裏方として名作映画を手掛けてきた音響技術者たちの貴重なインタビューを収録した映画。声、効果音、音楽の3要素からなる映画音楽。その変遷とともに、映画にとっての映画音楽の重要性を紐解く、とても面白い作品。個人的には前衛音楽家のジョン・ケージが白黒動画で登場し、ケージの映画音楽に与えた影響など興味深かったです。
 (193295)

シアターの中の様子。60席程度ありましたかね。

話題作も続々と公開予定。芸術の秋にちょっとアットホームで居心地のいいシアターで映画鑑賞などいかがですか?地下鉄駅直結で、鑑賞前後の食事処も事欠かない好立地さ。オススメです!

詳細情報

名称:京都シネマ
場所:京都市下京区烏丸通り四条下ル水銀屋町620 COCON烏丸3F
電話番号:075-353-4723
公式サイト:https://www.kyotocinema.jp/
14 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事

今注目の記事