2016年7月19日 更新

祇園祭に頂く銘菓!モチモチ求肥に上品な甘さの白味噌が美味しい♪「三條若狭屋の祇園 ちご餅」

祇園祭に頂く銘菓!と言えば「三條若狭屋の祇園 ちご餅」ですよね。

祇園祭に頂く銘菓と言えば

祇園祭なので、三條若狭屋の祇園 ちご餅を頂きました。
 (45388)

祇園祭の山鉾で厄除けの粽が販売されているのですが、その粽に見立てたパッケージに入っています。
 (45389)

開けてみると、中に3本お餅が入っています。
 (45390)

モチモチっとした柔らかな求肥に、上品な甘さの白味噌が美味しい~♪

祇園祭では、昔、稚児の御位貰い儀の行列があり、八坂神社の門前の茶屋で稚児達が味噌だれをつけたお餅と飲み物を振る舞い、そのちご餅が疫を除き、福を招くと言われ、洛中の評判になっていたそうです。

大正初期、お稚児さんのお世話をされていた2代目のご主人が、創意工夫をされ、京菓子として祇園ちご餅を作られたお菓子で、今も昔ながらの製法で作られています。

どこか懐かしい味わいの優しい味のお菓子で、祇園祭の時期に頂きたい銘菓です。

三條若狭屋の祇園 ちご餅への口コミ

疫を除き福を招く! 夏の厄払い。若狭屋の祇園ちご餅。#祇園祭

@missieeeee555が投稿した写真 -

三條若狭屋 店舗情報

店名:京菓子司 三條若狭屋 本店
住所:京都市中京区三条通堀川西入ル橋西町675番地
電話番号:075-841-1381
営業時間:9:00~17:30 喫茶 10:00~17:00
定休日:無休
店舗HP: http://www.wakasaya.jp/
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都土産】皇室御用達の御菓子!素朴な味わいのロングセラー銘菓『白川路』はとまらない美味しさ☆「田丸弥」

【京都土産】皇室御用達の御菓子!素朴な味わいのロングセラー銘菓『白川路』はとまらない美味しさ☆「田丸弥」

紫竹エリア、大徳寺にほど近い場所にある創業江戸時代で十七代続く昔ながらの製法にこだわる、手焼きせんべいの老舗。素朴な味わいの『白川路』は皇室御用達の煎餅。
【京都和菓子めぐり】秋の味覚・栗メニューも登場!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

【京都和菓子めぐり】秋の味覚・栗メニューも登場!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。御所西にあるとらやの菓寮へ、秋の味覚・栗を使ったメニューが続々登場。
【京都和菓子めぐり】縄文土器調の1100年前から不変デザインの唐菓子!!味も神秘的☆「亀屋清永」

【京都和菓子めぐり】縄文土器調の1100年前から不変デザインの唐菓子!!味も神秘的☆「亀屋清永」

縄文土器調は私の勝手な印象(笑)独特のビジュアルの和菓子。え!和菓子カテゴリーでいいの?と一瞬躊躇するほど。奈良時代から伝わり、1100年前から変わらないデザインの唐菓子(からくだもの)と呼ばれる独特の和菓子。
【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定の夏らしい羊羹がまたまた登場。食べてみました。
【京都和菓子めぐり】怪談にも登場する魔界エリアの幽霊も買い求めた飴!創業450年の日本最古の飴屋「みなとや幽霊子育飴本舗」

【京都和菓子めぐり】怪談にも登場する魔界エリアの幽霊も買い求めた飴!創業450年の日本最古の飴屋「みなとや幽霊子育飴本舗」

京都魔界スポットとしても知られる六波羅蜜寺、六道珍皇寺にもほど近い場所にある、創業450年以上の超老舗の飴屋さん。京都の怪談にも登場する幽霊子育飴。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フードアナリストゆう フードアナリストゆう