2017年11月25日 更新

京都で食べたい「漆黒のブラックラーメン」厳選6店!老舗から穴場、新店まで【まとめ】

見た目のインパクト絶大な真っ黒スープ。コクがありながらも意外にあっさりしたブラックラーメンは、一度食べるとまた食べたくなる味。今回は、京都でブラックラーメンを食べられるお店を6店ご紹介します。

こってりからあっさり、変わり種まで、多種多様なラーメンが楽しめる京都。今回は、ブラックラーメンを食べるならココ!京都ラーメンの老舗から話題の新店までをピックアップします。

1日中満席!?京都ラーメンの老舗「新福菜館」

 (99680)

もはや全国区の「新福菜館」。その本店は、古都の玄関口 京都駅からすぐの場所にあります。この界隈は超人気ラーメン店が並び、ラーメン好きからは聖地とも呼ばれているほど。もちろん、新福菜館も開店から閉店まで満席の超人気店です。
 (99681)

新福菜館といえば、この真っ黒スープの中華そば(700円)。スープは鶏がらベースに真っ黒醤油。醤油の香りはたっぷりですが、見た目に反してお味自体は以外とあっさりです。
しっかりした味付けに脂身のバランスが取れた絶品チャーシュー、つるつるモチモチ中太麺にスープがよく絡み、箸が止まらぬ美味しさです。

全国的にも有名な新福菜館、本店はここ玄関口の京都駅近く。一度、本店の味を堪能してください。

漆黒ラーメンのDNAを受け継ぐ「麺屋 龍玄」

 (99672)

長年、新福菜館で修業された店主が一乗寺エリアにオープンしたラーメン店「麺屋 龍玄」。一乗寺と言えばラーメン街道が有名ですが、同じ一乗寺でも駅の東側、白川通に近い立地です。
 (99673)

新福菜館のDNAを受け継ぐだけあって、ラーメンはやはり漆黒スープ。見た目とは裏腹に口当たりはあっさりでコクたっぷり、深い味わいのスープです。このギャップがブラックラーメンの醍醐味ですね。
真っ黒のチャーハンも新福菜館仕様。しょうゆのコクがたっぷりです。

さすが長年修行されただけあって、新福菜館にも勝るとも劣らない美味しさ。一乗寺を訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてください。

烏丸御池の新星☆淡麗系ラーメン店「麺屋 優光」

 (99685)

大阪でもまれた店主が作る完成度の高いラーメンが話題を呼び、オープンから間もなく行列のできる人気店となった「麺屋 優光」。京都のビジネス街、烏丸御池からすぐ、NHK京都放送局のすぐ南側と好立地です。ラーメン店というよりはカフェバーのようなハイセンスな内装、外観もスタイリッシュ。
 (99686)

京都では少し珍しい、透き通ったスープの淡麗系醬油ラーメンの専門店。濃い目の醬油ラーメン「黒竹(くろちく)」は、醬油の味を存分に楽しめる濃いめのスープです。
全粒粉を使った中太麺は、ぷりぷりした食感と弾力で滑らかな喉越し。よくスープと絡みます。大判のロース部位を使ったレアーチャーシューも、食べごたえのある大きさ。

定番の醤油ラーメン「真竹(まだけ)」、貝系のスープを使った「淡竹(はちく)」と3種類の醬油ラーメンが味わえます。食べ比べてみてください。

一風堂が手掛けるラーメンダイニング「京都 五行」

 (99676)

全国的にも有名な一風堂が手掛ける「京都 五行」は、錦市場からすぐ近くとあって近隣で働く人や観光客にも人気のお店。夜は博多名物のもつ鍋、まぐろカツ、エビマヨなどカテゴリーにとらわれないメニューを提供する、ラーメンダイニングです。
 (99677)

名物の焦がし醬油麺(890円)は、ラードを使い火柱をあげながら醬油を焦がす個性的なラーメンです。インパクト大の真っ黒は、コクと苦味が絶妙にミックスされて、これまで味わったことない深い味わい。
硬めの平打ちの中太麺に食べ応えのあるチャーシュー、トロトロの煮玉子、海苔、刻み玉ねぎ、キャベツとトッピングも豊富。

お昼にラーメンでお腹を膨らますもよし、夜に博多料理を頂き〆のラーメンでもよし、博多 一風堂が手掛けるラーメンダイニング、ぜひ堪能してください。

京都で富山ブラックを「麺屋いろは」

 (99667)

真っ黒スープが特徴の名物富山ブラック。全国の人気ラーメンが揃う京都駅ビルの京都拉麺小路にある「麺屋いろは」で食べられます。数々のラーメンショーレースでも連勝してきた北陸エリアきっての人気店です。
 (99668)

名物の富山ブラックは、醬油だけではなく魚介の香りも漂う真っ黒スープ。キレと深いコクのある黒醬油は、創業以来つぎたしながら使ってきた秘伝の熟成黒醬油です。
黒醬油に鶏系の動物スープと煮干しをベースにした魚介スープがあわさり、あっさりした口あたりなのに旨味とコクを感じる立体的なスープになっています。

熟成された中太の自家製ちぢれ麺も、モチモチとコシがあり絶品。富山の名物ともいえるブラックラーメン、ぜひお試しください。

老舗の正統派醤油ラーメン「ラーメン親爺」

 (99689)

創業1970年代と老舗のラーメン店「ラーメン親爺」。昔ながらの手書きメニューや、昭和的な店内はどこか懐かしい雰囲気です。ランチの時間が過ぎても賑わっている人気店。
 (99690)

コクがあり醤油感も強めなスープですが、あっさりと食べやすい味わい。麺は昔ながらのストレート麺。チャーシューも煮豚方式、シナ竹やモヤシ、九条ねぎとトッピングも正統派。とがった所がなく、どこかほっとするラーメンです。

凝ったラーメンもいいですが、たまには原点に返ってシンプルなラーメンも良いものですね。
いかがでしたか?一口にブラックラーメンといっても、お店によって様々な味わいがあります。食べ比べて、好みの味を見つけてください。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

キョウトピ編集部 キョウトピ編集部