2017年2月23日 更新

京都ラーメンを語るならまずは京都ブラックを知れ!老舗の正統派醤油ラーメン「ラーメン親爺」【京都花園】

知れ!とか偉そうに書いてますが、じつは初体験(笑)京都では老舗ラーメン店の域。創業1970年代だそうです。今回はランチ難民の末、こちらへ。

通し営業がありがたい15時入店

 (72869)

ちょうど登山帰り。すでに15時まえ。仁和寺界隈、どこかランチ食べられる場所を探すも見当たらず。となると、通し営業してるラーメン店てことでこちらへ。

有名すぎるお店ですが、まさかの初体験(笑)西エリアはホントに疎いです。ありがたいことに駐車場もあり。
 (72870)

中途半端な時間帯にもかかわらず、意外と店内はにぎわってて。人気店です。わりと次々回転良く。

いかにも老舗の昭和的佇まいの店内。くの字カウンターとテーブル席2つ。テレビもあります。
 (72871)

手書きメニューもどこか懐かしい雰囲気。最近京都もラーメン屋いっぱいあって店の雰囲気も様々ですが、もともとのラーメン屋ってこんなかんじだったよなーと。でチャーシュー麺900円を注文。

新福菜館に負けず劣らず、漆黒のスープ

 (72872)

程なくしてチャーシュー麺。
まず目に入るのが漆黒のスープ。漆黒スープといえば、新福菜館を思い出してしまいますが、こちらも負けず劣らず。
 (72873)

チャーシューも懐かしい感じのやつ。最近の低温加熱レアな~とか表面バーナーで炙りました~的なやつじゃなく、煮豚方式の。あと、シナ竹、モヤシ、九条ねぎがトッピングの至って正統派。
 (72874)

スープ、コクあるけど最近の豚骨鶏白湯系のスープからするとあっさり食べやすい。醤油感も強めですが角がある感じではないです。

で、麺はストレートの懐かしい感じの麺。店内に飾ってあったカレンダーが「近藤製麺工場」のものだったんで、そこから仕入れてるんですかね。ラーメン藤や第一旭など、これまた京都ラーメン界では古株の名店も同じ製麺所。
たまにこういうラーメン食べるとホッとしますよね。ごちそうさまでした!

ラーメン親爺 へのツイート

詳細情報

住所
京都府京都市右京区花園木辻南町22
電話番号
075-463-0406
営業時間
11:00~22:00
定休日
火・水曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers