2018年4月2日 更新

京都嵐山で食べたい「洋食店厳選4店」定番から穴場まで【まとめ】

平安時代から京都屈指の景勝地である嵐山。平安貴族も愛した嵐山で、ワンランク上のグルメを楽しめる厳選5店をご紹介します。

観光客の喧騒から離れた隠れ家的レストラン多し

 (118181)

昔から貴族の別荘地だっただけあって、観光地であると同時に、ちょっと人目を離れた場所にワンランク上のサービスが受けられるお店も多い嵐山。今回は、ちょっとしたゼイタク気分に浸れるお店をご紹介します。

器までこだわった京フランス料理「嵐山MITATE」

 (118184)

器のひとつひとつにまでこだわりが見える「嵐山MITATE」。日本家屋をリノベーションした、とてもすてきな一軒家レストランです。
メニューはコースのみで月毎にテーマが設定されており、季節に合わせたお料理がいただけます。
 (118185)

お料理と器がお互いを引き立てあう素晴らしい演出です。こちらは“夏のおもひで”というテーマの9月のランチコース(5000円)。まるで絵画のような美しさです。もちろん、お味も文句のつけようがない美味しさ。
 (118186)

嵐電嵐山駅から徒歩1分という立地でありながら、嵐電嵐山駅を抜けたちょうど駅の真裏という、かなりわかりにくい場所にあります。
美しく、可愛く、贅沢に…ぜひ一度訪れて、シェフの演出に酔いしれてほしいお店です。

店名:嵐山MITATE
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町33-25
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/q6XE5

クラシックな洋館でフレンチを「嵐山琥珀堂」

 (118188)

大階段やシャンデリアがあり、大正浪漫を感じさせるクラシックな洋館レストラン「嵐山琥珀堂」では、場野菜を堪能できるフレンチがいただけます。
 (118189)

琥珀堂の料理の素材は、旬の京野菜や京都産の地鶏、和牛など、地元・京都の食材をふんだんに使用されています。野菜は主に、亀岡の契約農家さんから届いた京野菜。
こだわりの料理がいただけるので早めの時間を狙ってみてください。
 (118190)

2階はオルゴールミュージアムになっていて、結婚式もできます。円盤型の変わったオルゴールを使った演出が評判で、オルゴールの音色で挙式が人前で進行するスタイル。
一生の思い出に残る、憧れのレストランです。

店名:嵐山琥珀堂
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺立石町1-4
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/Ygr0k

煮込みハンバーグが絶品!「洋食 西原」

 (118196)

テレビなどでも紹介され、今や隠れ家というより嵯峨・嵐山を代表する洋食屋となった「洋食 西原」。シェフはフレンチの西島で修業をされていた方で、本格的なコース料理が頂けます。
 (118197)

コースAは1300円とかなりリーズナブル。メインは選べるスタイルで、名物となった煮込みハンバーグももちろん選べます。国産のお肉をブレンドしており、一口でその素材の良さはわかります。
 (118198)

接客も丁寧ですが過剰すぎず、程よい距離感なので居心地もいいお店。ランチは予約しないと入れないこともありますので、ご注意ください。

店名:洋食 西原
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺若宮町21-2 シャトー嵯峨1F
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/b4I8e

地産地消でいただくお料理「赤マンマ」

 (118200)

京都嵐山オルゴール博物館の真ん前にあるカフェレストラン「赤マンマ」。ランチやディナー、コーヒーに至るまで地産地消をめざし、料理を作っています。
 (118201)

選べるパスタランチは1190円ととってもお得なお値段ながら、素材の味がしっかり活かされたハズレのない味。ミニサラダにパンとドリンク付き。
昔なつかしのハッシュドビーフ、手ごねハンバーグや国産牛のステーキなど、メニューの数も豊富。
 (118202)

テラス席は、ワンちゃんもOK!暖かくなるこれからの季節、お散歩がてらに立ち寄るにはちょうどいいカフェレストランです。

名称:赤マンマ
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町26
参考記事:https://kyotopi.jp/articles/1dluw
いかがでしたか?ちょっと敷居の高いお店もありますが、せっかくの嵐山。ちょっと贅沢にグルメを楽しんでくださいね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

キョウトピ編集部 キョウトピ編集部