2017年11月27日 更新

嵐山で美味しいパスタやスイーツはいかが?「カフェレストラン 赤マンマ」【嵐山特集】

嵐山特集・第30弾は、カフェレストラン「赤マンマ」です。1973年創業の、西洋風な建物がいい雰囲気ですね。 四季折々の草花に囲まれた、イタリアの国旗が目印です。あ・・屋根で国旗が隠れちゃってますね(^_^;)

嵐山で美味しいカフェレストラン

 (105601)

カフェレストラン「赤マンマ」さんは、京都嵐山オルゴール博物館の真ん前に位置します(^O^)

赤マンマという響き、懐かしくないですか。女性ならわかってもらえますかね?小さい頃に、おままごとでこれからの季節道端に咲く紅色のつぶつぶしたお花を、ご飯にみたてておままごとをしました(*^_^*)それがこちらの店名の由来です。
 (105602)

1階が食事スペース、2階がギャラリー兼イベントスペースになっています。

地産地消でいただくお料理

赤マンマは、ランチやディナー、コーヒーに至るまで地産地消をめざし、料理を作っておられます。そこに、フランス・イタリア料理を織り交ぜた料理メニューは、おいしそうなものばかりです!

パスタやカレーを作るいい香りが、外にまで漏れて、食欲をそそります!
今回は人気の選べるパスタランチ(1,190円)にしました!
 (105612)

パスタランチには、ミニサラダにパンとドリンク付き。
プラス料金で自家製ケーキも頂けますよ^^
 (105610)

パスタは2種類から、お好みを選ぶことができます。
今回は、カルボナーラにしました!
 (105611)

濃厚な玉子のカルボナーラには、ベーコンタップリ!
女子がみんな好きなパスタです。

ランチはこの他にも、昔なつかしのハッシュドビーフなどがあったり、手ごねハンバーグや国産牛のステーキなど、メニューの数が多いですよ♪

デザートにスイーツもどうぞ

 (105603)

赤マンマのすべてのケーキに使われている卵は、味が濃厚な丹波地鶏卵です。

「バナナのタルト」

バナナの味がしっかりして美味しいです。ココアパウダーの苦味がgood♪
 (105604)

 (105605)

「宇治抹茶のティラミス」

和スイーツもお任せあれ。抹茶とあずき、マスカルポーネチーズがよく合います。マスカルポーネなので、とっても濃厚な味わいです(*^_^*)
 (105606)

 (105607)

赤マンマは、嵐山で創業44年。素敵な空間で、ゆっくりくつろぎながらお料理を食べてみませんか?
 (105608)

立派なテラスでは、ワンちゃんもOKですよ♪
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」

3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」

新店オープンラッシュの右京区・嵯峨小学校エリア。3月にオープンした「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」は、嵐嵯峨山では珍しいベジタブル・マクロビ料理が味わえるお店です。
嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨嵐山にかわいいおうちカフェ誕生「neige 喫茶とおやつ」【新店】

嵯峨小学校近くに先月オープンしたカフェ「neige 喫茶とおやつ」。観光エリアにありながらいい意味で観光客向けでない、カフェ好きが喜ぶセンスいいお店。すでに感度高い方が来店していて話題です。
【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

【嵯峨嵐山カフェ】日曜日だけのお楽しみ♪手づくりの優しさがうれしいおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」

JR嵯峨嵐山駅から徒歩5分ほどの住宅街にあるおうちカフェ「cafe chiko(カフェチコ)」。日曜日のみ営業ですが、地元ではご近所さんを中心に憩いの場として重宝されています。親子で手づくりを大事に営まれているこちらをご紹介いたします。
大満足ケーキとくつろぎログハウス空間「セカンドハウス出町店」【京都カフェ】

大満足ケーキとくつろぎログハウス空間「セカンドハウス出町店」【京都カフェ】

大きなケーキと独創的なパスタのお店として京都市内で確固たる地位に君臨した皆様お馴染みのセカンドハウス。 セカンドハウス出町柳よりその歴史は始まりました。
360°フォトジェニック★天竜寺パフェは必食★eX cafe(イクスカフェ)【嵐山】

360°フォトジェニック★天竜寺パフェは必食★eX cafe(イクスカフェ)【嵐山】

進化するスイーツに春夏秋冬をたのしめる日本庭園。広大な敷地に広がる京情緒。嵐山で最もアートな空間で創作スイーツに舌鼓。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー