2019年11月4日 更新

【京都嵐山ランチ】昨年オープン!気軽にイタリア人シェフの本格窯焼きピッツァ☆ピッツェリア「ルガラ」

おおきに~豆はなどす☆今回は昨年嵐山にオープンしたピッツェリア。手軽に食べられるカジュアルなお店。窯焼きで本格的なピッツァを楽しめる。

カジュアルに時短でランチ!本格窯焼きのピッツァ

 (168660)

京都屈指の観光スポット嵐山。この日、嵐山を起点とした桂川サイクルロードを利用しようと自転車でやってきました。

本格的に走行する前に、腹ごしらえランチと思い、渡月橋に続く嵐山のメイン通りの飲食店を探すも、11時前にもかかわらず、どこもエグいくらい大行列。

JR線路渡ってすぐの、こちらのお店はまだ行列もなく、数分後にオープン時間ということで、ここでランチすることに。
 (168661)

昨年オープンしたまだ真新しいお店。イタリア人シェフが厨房で生地づくりの仕込みをされていました。
 (168662)

もちろん一番乗りで入店。カジュアルな雰囲気。
 (168664)

店の中央には大きなピザ釜があり、そのピザ釜の背後にもテーブルがあり、ちょっと面白い配置。
 (168665)

 (168663)

ビールやお酒も各種ありました。
 (168666)

そしてメニュー。ピッツァは全部で12種類。サイズはΦ28~30センチと十分な大きさ。サラミやハム、アンチョビなど具材もさまざま。カボチャ入りなどもあります。あと、ベジタリアンピッツァも。他サイドメニューには揚げピザ、スイーツ、サラダも。

で、今回はシンプルな定番マルゲリータ1300円、故郷カラブリアの伝統サラミ辛味ピッツァ1800円を注文し、友人とシェアすることに。
 (168667)

まずはマルゲリータ。こんがりと美味しそうに焼かれた画。

トマトソース、モッツァレラ、バジル、グラナ・パダーノチーズがトッピング。
 (168668)

チーズがよく伸びます。パルミジャーノ・レジャーノより熟成期間が短いグラナ・パダーノチーズですかね、ビロ~ンとなかなか糸が切れにほど(笑)

生地の耳部分は分厚めですが、中央部分は薄めに仕上げられ、香ばしさとモチモチ感た楽しめる卒のない美味しさ。
 (168669)

故郷カラブリアの伝統サラミ辛味ピッツァ。こちらのご主人の故郷がイタリアのカラブリア州ということなんでしょうね。カラブリア料理は唐辛子入りのサラミやサルシッチャなど辛い料理が特徴。パスタソースやピッツァにも辛いソースが多用されてるようです。
 (168670)

具材には、モッツァレラ、しめじ、パンチェッタ、伝統サラミなど。
 (168671)

パンチェッタ、サラミを焼きあげた時にでる脂に熟成感あり、その風味と辛味ソース、チーズとが美味しくミックスされ、独特の味わい。こんな辛さ押しのピッツァも地域によってあるんですね。割とホットです。

この後店内はすぐ満席になり、ちょうどいいタイミングで入店できました。激混みの嵐山で、時短で食事することが、観光を充実させる秘訣かも。そんな意味でも、手軽でカジュアルにささっと食べられるピッツァランチ。オススメ!

ピッツェリア ルガラ への口コミ

詳細情報

住所:京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町18-25
電話番号:075-203-9391
営業時間:075-203-9391
定休日:水曜日+臨時休業日有り(instagram要確認)
関連サイト:https://www.instagram.com/pizzeria_lugara/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな