2018年7月20日 更新

【新店】6月オープン!京都銀閣寺スグの本場製法にこだわった窯焼きナポリピッツァ☆「Pizzeria da Ciro (ピッツェリア ダ チーロ)」

銀閣寺スグの場所に6月8日オープンの本格ナポリピッツァ専門店。すでに人気のお店のようで注目株。本場ナポリで修行をつんだ店主が営むこだわりの製法。食べてきました。

6月オープンの窯焼き本場ナポリピッツァ専門店

 (129174)

たまたま夜の銀閣寺界隈で見つけたお店。
こんな場所にこんなお店あったっけ?と思ったら、6月8日オープンのまだ新店ホヤホヤ(笑)
 (129173)

窯焼きの本場ナポリピッツァ専門店。
 (129175)

お店の前には窯にくべる薪もあり、あと店の前で愛想いいキレイなお姉さんがセールスしてて、思わず入店。て、オッサンか私は(笑)

テイクアウトもできるみたいです。
 (129176)

店内はこじんまりとしたスペースにテーブル16席。
 (129177)

店の奥にはデカいピザ釜。なんでも、大きさ的には西日本最大級だそうです。時折、新しい薪をくべたり、ピザ焼いたり。

ご主人は本場ナポリで修行された本格派。ナポリの製法にこだわり、生地作りに欠かせないミキサーは生地に負担をかけないナポリと同じダブルアームタイプだったり。

小麦粉はカプート社のピッツェリア(通称:ブルー)だけを使用した、短時間発酵。木製のばんじゅう発酵など、こだわった生地づくり。
 (129178)

で、メニュー。
手書き看板に季節メニュー、夏野菜のピッツァと書かれてて、それを注文しようかと思ったら、ランチの時点で完売。なので、定番メニューからマルゲリータ1180円をチョイス。
 (129179)

裏に手書きの食べ方がのっています。直径32センチは大食漢の私にはうれしい、申し分ないサイズ。
 (129180)

お酒類、ワインも充実でいろいろありましたが。
 (129184)

暑かったんで、イタリアのビールに。
 (129185)

イタリアでは大衆的な位置づけのビールみたいです。ラガータイプ。
 (129181)

すると、注文してからあっという間にマルゲリータ登場。
450度から500度という高温の薪窯で1分半ほどで焼き上がるんで、スグ出てきました。
 (129182)

お皿とジャストなボリューミーサイズがうれしい。香ばしく焼きたて。
 (129183)

熱々なんで、撮影用に持ち上げるにしても短時間にさせていただきました(笑)
焼きたての香ばしさに敵うものなし。小麦の風味、トマトソース、香り高いフレッシュバジル、そしてモッツァレラとペコリーノの濃厚なコクと旨味。熱々を口いっぱいに頬張りつつ、あっという間に完食(笑)

ご近所の方なのか、テイクアウトでも気軽に買いに来られる方もいて、この界隈では使い勝手いいお店なんでしょうね。生地がなくなり次第閉店されるみたいで、この日もわりと早い時間帯から閉店準備。なので、早めの来店もしくは予約が無難かも。

Pizzeria da Ciro (ピッツェリア ダ チーロ) への口コミ

詳細情報

住所:京都市左京区浄土寺西田町75
電話番号:075-744-1228
営業時間:11:00〜14:30、17:00〜21:00
定休日:月曜日
関連サイト:https://www.facebook.com/pizzeriadacirokyoto/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers