2017年12月18日 更新

【初開催】下鴨エリアの穴場「重要文化財 旧三井家下鴨別邸」でライトアップイベント!

下鴨エリアの穴場の重要文化財「旧三井家下鴨別邸」、平成28年初公開されましたが、今年はライトアップイベントを初開催!めくるめく光の変化を楽しめるライトアップです。

初開催のライトアップイベント!

 (108993)

出町柳エリア、世界遺産 下鴨神社からもすぐの場所にある重要文化財の「旧三井家下鴨別邸」
平成28年より公開された近代京都の名建築です。まだまだ知られておらず、穴場の観光スポットではありますが、今冬はじめてライトアップイベント「光の現代美」を開催します。
 (108856)

「光の現代美」の会期は、2017年12月15日~25日まで。
昼と夜では趣向が違い、昼は芸術作品が展示され、夜はライトアップイベントとなっています。
観覧料は昼が1200円、夜が700円、共通券が1520円です。

妖艶な光がともされているのは、3階の望楼です。撮影禁止ではありますが。大文字山や近隣の山々を見渡せるすことができます。
 (108855)

旧三井家下鴨別邸のライトアップは少し違います。
この提灯をもって、庭園を散策します。オツな演出です。
 (108850)

庭園にも足元を照らし出す提灯が設置されていますが、
手持ちの提灯とも光が連動しているのがおもしろいところです。

主屋の正面からの写真です。主屋が見事に池に反射しています。
ライトアップでは欠かせない、水鏡スポットです。
 (108851)

このように主屋と茶室がライトアップされており、
20秒ごとにそれぞれライトの色が変化してきます。
光が次々に変化し、雰囲気がめくるめく変化するのが興味深いです。
 (108852)

このように次々と変化していきます。
 (108853)

 (108854)

正面から少しずれてお茶室にもフォーカスを。
真っ赤に燃えるようなライトアップはありませんね。
 (108876)

暖色で割りと落ち着いた感じ。
 (108861)

場所をうつして、主屋を横から。
あまり見ることないカラフルなライトアップです。
 (108863)

 (108865)

コンパクトな庭園で、雰囲気がめくるめく変わるライトアップイベントです。
少し高めの価格設定ですが、違った趣向のライトアップではありますので、機会があればぜひよってみてください。
 (108857)

夜の部では主屋の見学はできませんが、休憩室として開放されています。外も寒いので、観覧後はこちらで暖を取ってください。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サル顔の花がカワイイ!日本最古の公立植物園「京都府立植物園」

サル顔の花がカワイイ!日本最古の公立植物園「京都府立植物園」

下鴨エリアに位置する「京都府立植物園」。1924年に開園した日本最古の公立植物園です。
ライトアップ「京都・冬の光宴2018 ~星屑のアクセサリー~」が2月14日まで梅小路公園で開催中☆【最先端星人の京都探索】

ライトアップ「京都・冬の光宴2018 ~星屑のアクセサリー~」が2月14日まで梅小路公園で開催中☆【最先端星人の京都探索】

2016年より毎年この季節に開催するライトアップイベント【京都・冬の光宴 ~星屑のアクセサリー】が、梅小路公園にて2月14日まで開催中。梅小路公園が昼の雰囲気とはまた違う、ロマンティックムード溢れるスポットになります。 この煌めくイベントに筆ペン画家の「最先端星人」が行ってきました。
北山ウエディングストリートを幻想的な光が包みます「北山クリスマスイルミネーション」【京都北山】

北山ウエディングストリートを幻想的な光が包みます「北山クリスマスイルミネーション」【京都北山】

京都の様々な場所でイルミネーションがありますが、北山・松ヶ崎エリアでも風物詩の「北山クリスマスイルミネーション」が行われています。
【亀岡宮前町】里山がキラキラ輝くイルミネーション「京都丹波 夢ナリエ」開催中【12/25まで】

【亀岡宮前町】里山がキラキラ輝くイルミネーション「京都丹波 夢ナリエ」開催中【12/25まで】

亀岡・宮前町「ききょうの里」。谷性寺というお寺の敷地内なのですが、初夏には5万株のききょうが咲き誇り「桔梗寺」ともよばれるこちらで「京都丹波 夢ナリエ」というイルミネーションイベントが12/25まで開催されていますのでご紹介します。
京都市内最大級の光の輝き!並木道は圧巻の美しさ「ロームイルミネーション2017」【冬の風物詩】

京都市内最大級の光の輝き!並木道は圧巻の美しさ「ロームイルミネーション2017」【冬の風物詩】

1995年にスタートした「ロームイルミネーション2017」も今年で19回目。冬の風物詩として定着した京都市内最大級のイルミネーションイベント、その様子をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部