2017年12月18日 更新

【京都下鴨の隠れた名所】近代京都の歴史に触れられる名建築・重要文化財「旧三井家下鴨別邸」

知る人ぞ知る京都の穴場スポット、2016年に一般公開が始まった旧三井家下鴨別邸。今回はマネージャーの出口さんによる詳しい解説をしていただきました!

 (107419)

世界遺産「下鴨神社(賀茂御祖神社)」のすぐ南に位置し、多くの観光客が利用する京阪電車「出町柳(でまちやなぎ)」駅から徒歩5分という場所にありながら、これまでほとんど知られることなくひっそりと佇んでいた「旧三井家下鴨別邸」。

それもそのはず。実はこの旧三井家下鴨別邸は、昨年(2016年)10月に一般公開が開始されたばかり! 観光客はもちろん、京都市民ですらその存在を知る人が少ない隠れた観光名所として、ディープな京都ファンの間でジワジワと人気を高めています。
 (107418)

世界遺産巡りの京都旅行もいいけれど、「もっとディープな京都を楽しみたい!」「人混みにもまれずにフォトジェニックな京都を楽しみたい」そんな方にぜひ訪れていただきたいこの京都観光の穴場スポット。今回は、学生時代から京都に10年暮らし、京都旅行に関する記事も多く執筆している筆者が旧三井家下鴨別邸の魅力やその楽しみ方をご紹介します!

【歴史】財閥の別邸から、家庭裁判所長官宿舎へ

旧三井家下鴨別邸は、その名の通り、現在の三井グループの基礎を築いた旧三井家の共有財産として建築された建物。まずは、その歴史をご紹介します。

下鴨別邸は、当時の三井家11家共有の別邸として、三井北家(総領家)第10代の三井八郎右衛門高棟(たかみね)によって、先祖の霊を祀っている「顕名霊社(あきなれいしゃ)」へ一族が参拝した時の休憩所として建築されたそうです。休憩所にこんな立派な建物とは、さすがは豪商三井家!

建築後から、昨年の一般公開に至るまでの経緯をまとめてありますので、ぜひ観光の参考にどうぞ! 戦後は、京都家庭裁判所の所長官舎として使われていたのも興味深いですね。

旧三井家下鴨別邸の年譜
和暦 西暦 できごと
明治13年 1880年 三井家,木屋町別邸建築
明治42年 1909年 三井家が信仰する京都太秦の「木嶋神社」内の
「顕名霊社(あきなれいしゃ)」が下鴨に移される
大正14年 1925年 木屋町別邸を主屋として下鴨に移築。
玄関棟を建築
※茶室の建築年代は不明 移築前からあったとされる
昭和24年 1949年 戦後の財閥解体を経て、国に譲渡される
昭和26年 1951年 京都家庭裁判所所長官舎としての使用が開始される
平成19年 2007年 所長官舎としての使用を終了
平成23年 2011年 重要文化財(建造物)に指定される
平成28年 2016年 改修を経て10月より、一般公開を開始

さて、旧三井家下鴨別邸は一見すると一棟の大きな建物に見ますが、実は「主屋」「玄関棟」「茶室」の3棟から成っています。

▲左より玄関棟、主屋、茶室

▲左より玄関棟、主屋、茶室

それぞれに建てられた年代が異なり、主屋は上の表でもお分かりの通り、木屋町から移築されたものなんですよ。 こんな大きな建物が移築されてきたなんてびっくりですね。

レトロなガラス張りの座敷から四季折々の景色を楽しんで

 (107422)

さて。それでは、いよいよ建物の中へ入ってみましょう。

今回は、旧三井家下鴨別邸のマネージャーとして、お客様対応や広報、事務など別邸の運営管理を幅広く担当されてる出口正弘さんに案内していただきました。
出口: ようこそおいでくださいました! まずは玄関棟で、下鴨別邸が建てられた経緯や、 三井家の歴史についての解説をお聞きください。

▲玄関棟ではガイドさんが詳しいお話を聞かせてくれます

▲玄関棟ではガイドさんが詳しいお話を聞かせてくれます

——玄関棟といっても随分立派ですね~。このお部屋でお客様をお迎えしたのでしょうね。

出口: そうですね、恐らくここに椅子が並んでいたものと思われます。この窓の高さが、椅子に座ったときに庭が見渡せるようにできていることから、当時既に椅子の生活をしていたと考えられているんですよ。

——いきなり聞きますが、この下鴨別邸の一番の見どころはどこでしょう?

出口: やはり、主屋からの眺めでしょうね。1階の座敷は庭を臨む南側がほぼ全てガラス窓になっていて、非常に開放的な造りになっているんです。


 (108067)

——わ~、これは素敵ですね! 歴史あるお寺では戸が障子ですが、ガラス張りになっているところが近代建築らしいですね!

出口: ここではお茶も楽しんでいただけるんですよ。(ドリンクメニューは別料金)


——(お茶を飲みながら)お庭を眺めながらお茶をいただくって最高ですね~。着物を着たらさらに気分が盛り上がりそう!

出口: 通常、主屋は1階のみの公開ですが、期間限定で2階、3階も特別に公開されることがあります。 下鴨別邸の特徴とも言える3階の望楼からは、東山の眺望を楽しむことができます。今回は特別に2階、3階も案内させていただきました。

▲2階のお部屋 普段は貸室として会議等に使える

▲2階のお部屋 普段は貸室として会議等に使える

——2階は普段は使われていないのですか?

出口: 特別公開時以外は貸室になっています。今は文化教室や邦楽などの演奏会、そして会議などにも使われることが多いのですが、1階とはまた異なるお庭の様子が見られて、好評をいただいています。

——こんなきれいな場所で会議なんて、すごい贅沢。京都ならではですね!

▲2階からの庭の眺め

▲2階からの庭の眺め

53 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都お寺めぐり】紅葉の名所!猿も鎮座する京都の表鬼門!!神仏混合のカオス境内「赤山禅院」

【京都お寺めぐり】紅葉の名所!猿も鎮座する京都の表鬼門!!神仏混合のカオス境内「赤山禅院」

比叡山、西麓に位置する神仏混合の寺院。秋は紅葉の名所としても知られ、ひっそりと静かな雰囲気が穴場的。京都の表鬼門に位置し、拝殿屋根には「猿」も鎮座。
【京都お寺めぐり】白砂壇は早くも紅葉の装い!台風被害の爪痕も垣間見え☆鹿ケ谷「法然院」

【京都お寺めぐり】白砂壇は早くも紅葉の装い!台風被害の爪痕も垣間見え☆鹿ケ谷「法然院」

左京区鹿ケ谷にある人気のお寺。境内の白砂壇は早くも紅葉先取りの様相。台風21号の被害もまだ垣間見えつつ、徐々に秋の気配。
【京都ランチめぐり】京都で本格ドイツ料理&ビール!隠れ家的緑のガーデンテラスも◎「カフェ ミュラー」

【京都ランチめぐり】京都で本格ドイツ料理&ビール!隠れ家的緑のガーデンテラスも◎「カフェ ミュラー」

川端通り沿い、荒神口にある日本とドイツをつなぐ文化交流施設。その施設内にあるドイツ料理専門のカフェレストラン。本格ドイツ料理とドイツビールが楽しめ、緑のガーデンテラスがまた癒し空間。
【京都中華めぐり】住宅街の隠れ家的北京料理店!飽きのこないあっさり京風味が絶品☆「盛華亭」

【京都中華めぐり】住宅街の隠れ家的北京料理店!飽きのこないあっさり京風味が絶品☆「盛華亭」

銀閣寺にもほど近い住宅街にある知る人ぞ知る北京料理店。野菜たっぷりであっさりとした京風中華が人気で、リピーター続出。
【京都洋食めぐり】京都大学の登録有形文化財指定の大正レトロな洋館レストラン「近衛 Latin(ラタン)」

【京都洋食めぐり】京都大学の登録有形文化財指定の大正レトロな洋館レストラン「近衛 Latin(ラタン)」

京都大学・吉田キャンパスにある超穴場。国の登録有形文化財にも指定されている大正建築の洋館内にあるレストラン。この日は大文字山送り火前の夕食で利用し、レトロなメニューを堪能。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

京都市観光協会 京都市観光協会