2016年3月8日 更新

【早咲きの桜満開】 嵐山からすぐ、車折神社で一足早いお花見気分

いきなり気温急上昇な日本列島。3月5日というのに20℃越えと4月並みのうららかな日になった土曜日。ランチがてら春を愛でにいこうという作戦。やってきたのは車折神社。

意外に知られていない? 早咲き桜の名所 車折神社

 (20674)

学業・金運・良縁など様々なご利益のある車折神社。特に芸能の神社としても名高く、有名芸能人が訪れることでも大変有名。。しかし、京都に来たことがある人でないと「くるまざき」と読むとは想像できないかも?ですな。更に、京都市内では、早咲き桜が多数植えられている早春の名所でもあるのだ。
 (20676)

山門の脇には、つぼみを枝一杯につけた濃い桃色の桜(多分、緋寒桜)がもう今にも咲きだしそうな状態。来週末には満開になりそうだ。山門越しに境内のあちこちに桜が咲いているのが伺える。
 (20678)

境内脇では川津桜が満開だ。あまり広いと言えない境内に色々な早咲き桜が植えられていて、さあ春だ!と見事に咲き競っているのだ。
 (20680)

いやー、見事見事。なんだか自然に笑みがこぼれてくる、そう、春なんだなぁ。。3月5日というのに既に20℃オーバーな右京区なのだ。

しだれ梅だって大満開

 (20682)

一本だけしだれ梅の木があり、そちらもちょうど満開。
 (20684)

広くない境内に、こういう早咲きの桜や梅が5・6種類ほど異なった品種のものが植えられていて、ちょっとした早咲き桜の博覧会。

桃・薄桃・白と咲き誇る早咲き桜

 (20686)

こういう薄桃色の花から・・
 (20688)

大木は1本も無いのだが、しっかりと濃いピンクの花、ほわんと白い花など色とりどりの桜が見物でき、楽しい。あまり交通の便が良い、とまでは言えないのと、桜スポットというのがあまり知られていないのもあり、比較的すいているのもGOODなのだ。
 (20690)

写真は本殿の天井画。季節の花々が(野菜もあるが)描かれ、なんとも雅。
 (20692)

うららかな日を大満喫できた休日になりました。まだまだつぼみの桜もありますのでお早めにどうぞ。
ご近所のランチネタも近日公開予定です。

車折神社 詳細情報

■住所
京都府右京区嵯峨朝日町23番地
■電話番号
075-861-0039
■駐車場
駐車場有(17:00に閉鎖)
■詳細ページ
http://www.kurumazakijinja.or.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。