2016年11月12日 更新

【最新京都紅葉】早起きは三文の徳!無料座禅体験で紅葉の名庭・南禅院も拝観できるチャンス☆「南禅寺」

以前にもご紹介した南禅寺・座禅会。毎月第2、4日曜日に開催(1、8月除く)。そして、今週末は普段有料拝観の南禅院がその会場。無料で紅葉の名庭を臨みながらの禅暁。

11月7日時点の南禅寺

 (62018)

紅葉のグラデーション、かなり進みました。
 (62019)

三門から切り取られた参道風景。午後3時ということもありますが、緑のモミジがだんだん少なくなってきました。
 (62020)

色とりどりの紅葉を楽しむなら、もしかしたら今なのかもしれませんね。
 (62021)

南禅寺の中でも、人気の場所・水路閣周りは比較的日当たりが悪いので、まだ色づいてませんが。
 (62022)

石川五右衛門が登った三門も紅葉に彩られて、いつも以上に艶やか。
 (62023)

天授庵は紅葉の進行が早いようです。白壁からでもその様子が推し測れます。

座禅会は無料!しかも京都三大名勝史跡庭園が会場!!

 (62105)

毎年この時期の座禅会、ふだんの会場とはちがう南禅院で開催。こちらは通常有料拝観スペースですが、無料で拝観できて、さらに京都三大名勝史跡庭園の紅葉を愛でながらの座禅会。またとないチャンス。
 (62106)

こんなふうに全面開放、あるいは縁側に並んで瞑想。
 (62107)

こんな素晴らしい風景を目の当たりにできます。
座禅会参加にあたっての注意事項として、基本裸足になるため女子はパンスト・タイツ類はNG。あと、股全開になるためスカートは危険(笑)座禅し易い格好で。初心者でも気兼ねなく参加できますよ。
スタートは6時半からなので、10分前くらいには会場入りがベター。ちょっと早起きして清々しい朝の空気を吸いながら。そして、1時間ほどの座禅会終了後は、まだ日中ほど混雑していない南禅寺を悠々自適に撮影。まさに早起きは三文の徳!

この機会をどうぞお見逃しなく!!

ヨ~イヤサ~♪

南禅寺 への口コミ

南禅寺座禅会 基本情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都朝活観光】第2・4日曜日開催の南禅寺無料座禅会!見頃間近の紅葉を借景に座禅体験☆

【京都朝活観光】第2・4日曜日開催の南禅寺無料座禅会!見頃間近の紅葉を借景に座禅体験☆

京都屈指の観光名所。紅葉シーズンは特に人気のスポット。そんな南禅寺で毎月第2・4日曜日に開催される無料で参加できる暁天座禅会。深まる紅葉を借景に座禅を組む、素晴らしい体験。
【2018京都紅葉最新】赤く染まった境内はすっかり落葉して冬支度!今年最後の座禅会では御朱印も☆「南禅寺」

【2018京都紅葉最新】赤く染まった境内はすっかり落葉して冬支度!今年最後の座禅会では御朱印も☆「南禅寺」

岡崎、東山界隈にある人気紅葉スポット。すでにピークは過ぎ落葉し、境内はすっかり冬支度の様相。今年最後の暁天座禅会では御朱印も授かりました。12月9日の様子。
【京都寺めぐり】紅葉シーズン直前に京都人気観光スポット『南禅寺』を徹底解剖☆

【京都寺めぐり】紅葉シーズン直前に京都人気観光スポット『南禅寺』を徹底解剖☆

シーズン直前に紅葉の名所としても知られる人気スポット南禅寺を徹底解剖。ご住職に案内していただきました。
【2018京都桜情報】朝活・座禅会からの桜パトロール!見頃はもう少し先☆「南禅寺」

【2018京都桜情報】朝活・座禅会からの桜パトロール!見頃はもう少し先☆「南禅寺」

2018年直近の京都桜情報(3月25日時点)。今回は早朝から座禅会に参加し、終了後桜チェック。早朝ならでは、観光客少なく、悠々自適に撮影。
石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな」でおなじみ!『南禅寺』

石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな」でおなじみ!『南禅寺』

臨済宗南禅寺派の本山である南禅寺。狩野探幽筆の襖絵「水呑の虎」や「虎の子渡し」と呼ばれる枯山水庭園など、見どころの多いお寺です。また、境内に宿泊施設もあり、桜や紅葉の時期に移動時間ゼロで南禅寺の桜や紅葉を楽しむことができます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな