2017年5月12日 更新

【京都文化博物館】やっぱり猫が好き!古今東西のネコ作品が大集合!!絶賛開催中「いつだって猫展」

猫好きなら必見。まるで一番の猫好きは俺だ!と言わんばかりの猫愛にあふれる展覧会。江戸時代から現在に至るまで、浮世絵や招き猫など、脈々とつづく猫モチーフの多彩な作品集。

京都文化博物館で絶賛開催中の猫展

 (80209)

京都文化博物館。
明治を代表する近代建築として重要 文化財に指定。旧日本銀行京都支店の建物。まあこちらの建物はまた別の機会にじっくりとご紹介します。
 (80211)

そんなにしょっちゅう来る機会もなかったんですが、映画館もあるんですかね。
 (80212)

今こんな古い日本映画がいろいろプログラムされてます。日本映画120年記念企画ということで。チラッと見ると、小津作品やら黒澤作品やら。阪妻主演ものも。
 (80210)

でも、今回はこちら。ワタシ的には大注目な展覧会。

江戸時代からさかのぼる猫ブーム

【概 要】
会期:2017(平成29)年4月29日(土・祝)~6月11日(日)
    ※休館日:月曜日(5月1日は臨時開館)
    ※開室時間10:00~18:00/金曜日は19:30まで(入場は閉室の30分前まで)
会場:京都文化博物館 4階・3階展示室
    (京都市中京区三条高倉、TEL 075−222−0888 FAX 075−222−0889)
主催:京都府、京都文化博物館、読売テレビ
後援:(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、KBS京都、エフエム京都
入場料金:一般1,300円(1,100円)、大高生1,000円(800円)、中小生500円(300円)
     ※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金
 (80215)

 (80214)

猫好きならハメずにはいられないやつです(笑)

場内はもちろん、撮影禁止でしたが、平日ながら大人気でかなりの数の来場者。フロア2階分にまたがって膨大な数の作品が展示。愛猫家でもある江戸時代の浮世絵師・歌川国芳の作品を中心に、多くの画家を魅了した猫たちが愛らしくモチーフとして登場。
 (80216)

最後、この辺りは撮影可能エリア。
 (80217)

それぞれ一般の方の持ち込みで構成された自慢の猫写真。あ、もし行かれる方でウチの猫のも!という方はぜひとも持参してください(笑)
 (80218)

展示物の中にもあった「おもちゃ絵になった猫」をコピーして実際作ったもの。
 (80219)

こんな着せ替え猫も。
 (80220)

被り物もかなり充実
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都国立近代美術館】美の巨匠ゴッホがいよいよ降臨!日本と縁深いゴッホワールド開幕☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

【京都国立近代美術館】美の巨匠ゴッホがいよいよ降臨!日本と縁深いゴッホワールド開幕☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

1月20日から京都国立近代美術館で始まるゴッホ展。すでに北海道、東京を巡回し、人気を博した展覧会。日本を愛し、日本に愛されたゴッホを探る展覧会がいよいよ開幕。
【京都国立博物館】長蛇の列は覚悟の上!超絶人気の「開館120週年記念特別展覧会 国宝展」行ってきました☆

【京都国立博物館】長蛇の列は覚悟の上!超絶人気の「開館120週年記念特別展覧会 国宝展」行ってきました☆

ここまで人気とは思いませんでした。テレビや雑誌でも盛んに取り上げられている、話題の国宝展。会場となる京都国立博物館へ行ってきました。
【待望】日本美術の真髄へ!41年ぶり夢の8週間がいよいよ開幕☆「開館120週年記念特別展覧会  国宝」展【京都国立博物館】

【待望】日本美術の真髄へ!41年ぶり夢の8週間がいよいよ開幕☆「開館120週年記念特別展覧会 国宝」展【京都国立博物館】

お待たせしました。今年の一大展覧会。テレビや雑誌、ツアー会社など、こぞってこの展覧会の話題でもちきり。41年ぶり夢の8週間が始まります!
【京都高島屋】日本全国の招き猫が勢ぞろい!ネコ好きも必見ニャン!!絶賛開催中「招き猫博覧会」

【京都高島屋】日本全国の招き猫が勢ぞろい!ネコ好きも必見ニャン!!絶賛開催中「招き猫博覧会」

街でこの展覧会ポスターを見かけ、絶対行く!と心に誓っていました。私も初めて知りましたが、愛知県には招き猫ミュージアムなるものがあるそうですね。また機会あったらイカネバ。今回はお手軽に高島屋百貨店へ。
烏丸夷川西入 元老舗のお米屋さんを伝統工法で再生「アートステージ567」【ギャラリー・イベントスペース】

烏丸夷川西入 元老舗のお米屋さんを伝統工法で再生「アートステージ567」【ギャラリー・イベントスペース】

御所より少し南、烏丸夷川を西に入ったところにある、元老舗のお米屋さんを伝統工法で再生された「アートステージ567」。とっても雰囲気のあるスペースで、ギャラリーやイベント等の芸術交流の場として最適です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers