2018年1月16日 更新

【京都国立近代美術館】美の巨匠ゴッホがいよいよ降臨!日本と縁深いゴッホワールド開幕☆展覧会「ゴッホ展~巡りゆく日本の夢」

1月20日から京都国立近代美術館で始まるゴッホ展。すでに北海道、東京を巡回し、人気を博した展覧会。日本を愛し、日本に愛されたゴッホを探る展覧会がいよいよ開幕。

開幕に向けて着々と準備が進む京都国立近代美術館

 (111564)

京都国立近代美術館。
今週末の1月20日(土)から始まるゴッホ展。多くの美術ファンにとって待ち遠しい展覧会。すでに、北海道、東京を巡回し、いずれも人気冷めやらぬうちに閉幕。そして、場所をここ京都に移していよいよ開幕。
 (111563)

すでに展覧会準備が着々と進みポスターも。
 (111568)

平安神宮の大鳥居。それに引けをとらない存在感のゴッホ展のパネルもフレームイン。
 (111565)

ちょうどパネルの作成中のようでした(笑)まだ途中経過のようで。ゴッホの代表作『寝室』

ゴッホといえば、かつてパリで大流行したジャポニズム(日本趣味)に影響を受けた画家としても有名。浮世絵を模写した作品などもあったり。そんなこともあり、日本のゴッホファンも多数。日本とゴッホは相思相愛の関係とも言えます(笑)
 (111566)

その裏面には『アイリスの咲くアルル風景』も。

今回の展覧会、世界中から集められた油彩画やデッサン約40点などを展観するファン・ゴッホ美術館との共同企画。
 (111567)

ゴッホの作品はもちろんのこと、関連する浮世絵版画やオーヴェール巡礼に関連する資料を通じてゴッホと日本との相互関係を探り、その魅力に迫る展覧会。
 (111569)

会期中には関連展示「森村泰昌、ゴッホの部屋を訪れる」 や講演会などイベントも目白押し。混雑が予想され、すでに行く予定の方は前売り券を入手し、会期中でも早い時期に観賞することをオススメします。

ヨ~イヤサ~♪

ゴッホ展 への口コミ

詳細情報

【概 要】
会期:2018年1月20日(土)~ 3月4日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時
     ただし金曜、土曜は午後8時まで開館
      *入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日
    (ただし、2月12日(月・休)は開館し、2月13日(火)は閉館)
観覧料:一般 1,500 (当日)1,300 (前売り)1,300 (団体)
大学生 1,100 (当日) 900 (前売り) 900 (団体)
高校生 600 (当日) 400 (前売り) 400 (団体)
※ 中学生以下は無料。
※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料
(入館の際に証明できるものをご提示下さい)。
※ 本料金でコレクション展もご覧いただけます。
※ 早割りペア券:2枚で2,000円(一般のみ、1名様で2回使用も可)
  2017年10月1日から10月31日まで期間限定販売。
※ 前売券は、2017年11月1日から2018年1月19日までの期間限定発売。
※ チケット販売所:
  オンラインチケット(特設サイト)、チケットぴあ(Pコード:768-629)、
  ローソンチケット(Lコード:56554)、セブンチケット、イープラス、
  CNプレイガイド、近鉄の主な駅営業所、主要プレイガイドほか
(チケット購入時に手数料がかかる場合があります)

詳細サイト:http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2017/423.html
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

2016年に京都で開催するや8万人もの観客を動員し、会場となった細見美術館の動員記録を塗り替えた春画展。その細見美術館での春画展が2018年に超パワーアップ! 春画と妖怪画という一見相反するテーマをタッグ展示することで、通常の美術展では見えてこない大衆文化のすみずみまで知ることができる展示となっています。 ※なお今展示では展示内容を考慮し、18歳未満の方は入館不可となっています。
【京都アートめぐり】30年ぶりの大回顧展!本当の『あお』に出会う☆京都国立近代美術館「生誕110年東山魁夷展」

【京都アートめぐり】30年ぶりの大回顧展!本当の『あお』に出会う☆京都国立近代美術館「生誕110年東山魁夷展」

30年ぶりとなる日本画の巨匠・東山魁夷の大回顧展が京都、東京で開催されます。開催に先立ち、展覧会会場となる京都国立近代美術館へ行ってきました。
【京都国立近代美術館】日本国内で唯一開催!総合芸術学校創立100年を記念した展覧会☆「バウハウスへの応答」

【京都国立近代美術館】日本国内で唯一開催!総合芸術学校創立100年を記念した展覧会☆「バウハウスへの応答」

日本では巡回なしの唯一開催になります。岡崎・京都国立近代美術館で絶賛開催中の展覧会。会期中、無料観覧日を設けていたり、週末には夜間開館も実施され、避暑観覧も。初日に行ってきました。
【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

【京都国立近代美術館】10年ぶり生誕150年記念大回顧展!全長40メートル超の日本一長い画巻全公開☆「横山大観」展

すでに絶賛開催中の京都国立近代美術館「横山大観」展。平日でもかなりの混雑で、その注目度、人気度の高さがうかがえる展覧会。前後期と展示内容も変わる中、前期に行ってきました。
開館20周年記念展!京都が生んだ天才画家☆「はじまりは、伊藤若冲」展【細見美術館】

開館20周年記念展!京都が生んだ天才画家☆「はじまりは、伊藤若冲」展【細見美術館】

会期終了間近。岡崎にある開館20周年を迎える細見美術館へ。江戸時代中期、京都が生んだ天才画家・伊藤若冲の作品を中心に、館蔵の江戸絵画もずらり。行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな