2018年1月12日 更新

新年!「志る幸」の京風お雑煮で京都始めしませんか?【四条河原町】

京都の新年の空気を味わいたいという方におすすめなのが「京風お雑煮をいただく」こと。京都の汁もの専門店「志る幸」さんでは期間限定で、白味噌丸もちの本格京風お雑煮がいただけます。

京風お雑煮で京都始めしてみませんか?

あけましておめでとうございます。
京都は初詣の参拝客で賑わい、新年の空気が漂っていますね。そんな京都の新年の空気をもっと味わいたいという方におすすめなのが「京風お雑煮をいただく」こと。

京都のお雑煮はまるく人と争わないように丸小もちを入れるそう。お汁は白味噌で、そこに大根や小芋をいれたりするのだとか。一体どんなお味なんでしょう。

京風お雑煮をいただくなら…汁もの専門店「志る幸」

「京都のお雑煮が食べたい!」と向かったのは、四条河原町にお店を構える「志る幸」さん。
 (110806)

どんと構えたのれんから漂う風情。志る幸さんは昭和初期より営業されている汁もの専門店です。普段は利休弁当(2500円)で有名なのですが、12月~1月頃までお雑煮を出されているんですよ。

まるで能舞台のような座席

通されたのは劇場の桟敷のような席。そこからみえる景色がこちらです。
 (110811)

張り出した写真の左手のゾーンが、店員さんたちが行き来するところ。それを囲むように座席があるんです。それはまるで能舞台のよう。
 (110813)

これは正面からの図。
給仕する店員さんたちは舞台の上の役者で、私たちは舞台にやってきた見物客のようにお食事を楽しめるんです。

ほっこり、柚子香る白味噌のお雑煮

 (110815)

さて。やってきました京風お雑煮。白味噌がとろんとしていて、柚子のいい香りがふわりと香ります。丸もちが二つ、鰹節と柚子が入っていました。
 (110817)

気になるお味は…美味しい~!甘いのかなと思いましたが、甘さは控えめ。それよりも出汁がきいていて、コクがあるんですね。お餅をお汁に絡めて口に入れたら、ほっこり、幸せな気持ちになりました。

ちなみにお雑煮は一椀1100円。単品では頼めません。私はこの時期限定の、上賀茂のすぐき(750円)をいただきました。通常は利休弁当2500円が定番なので、志る幸に行きたかったけどハードルが高くて…と思っていた方にも、お雑煮はおすすめですよ!

志る幸 クチコミでの評判

志る幸 店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都酒場めぐり】出汁に始まり出汁に終わる!人には教えたくない隠れ家名割烹☆「よこやまろうそく」

【京都酒場めぐり】出汁に始まり出汁に終わる!人には教えたくない隠れ家名割烹☆「よこやまろうそく」

四条西木屋町上がった、ディープな風情ただよう夜の飲食店が入居する雑居ビルの一角にある超隠れ家店。外観とは裏腹に銘酒と本気のアテがそろう驚きの割烹店。予約して行ってきました。
オシャレでリーズナブル|繁華街の穴場カフェ「アーバンリサーチカフェ」【京都カフェ】

オシャレでリーズナブル|繁華街の穴場カフェ「アーバンリサーチカフェ」【京都カフェ】

皆さまお馴染みのアパレルブランドとアーバンリサーチ。京都一の繁華街新京極界隈でカフェ難民にぬることもしばしば。そんな時の救世主、オシャレかつリーズナブルにゆるりとチルアウト。
京都 先斗町「ここら屋はなれ」ご夫婦が営む美味しい料理と心温まる和食のお店

京都 先斗町「ここら屋はなれ」ご夫婦が営む美味しい料理と心温まる和食のお店

先斗町にある和食店「ここら屋はなれ」。ご夫婦でされている、美味しい料理と心温まる和食店。
華やかさにうっとり☆茶の匠こだわりパフェ*季の音(きのね)【四条河原町】

華やかさにうっとり☆茶の匠こだわりパフェ*季の音(きのね)【四条河原町】

繁華街のど真ん中にあるお茶カフェの一号店を冠した人気茶寮。隠れ家的な空間でお茶の匠が作り上げる盛りだくさんのパフェはいかが?
【京都老舗カフェ】惑わせるゼリーポンチ |青の幻想美「喫茶ソワレ」

【京都老舗カフェ】惑わせるゼリーポンチ |青の幻想美「喫茶ソワレ」

京都の喫茶店で最もフォトジェニックな代物といえば、間違えなくこちらのゼリーポンチ 。老若男女の心を離さないその妖艶な輝きに迫ります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カメ子 カメ子