2018年1月12日 更新

新年!「志る幸」の京風お雑煮で京都始めしませんか?【四条河原町】

京都の新年の空気を味わいたいという方におすすめなのが「京風お雑煮をいただく」こと。京都の汁もの専門店「志る幸」さんでは期間限定で、白味噌丸もちの本格京風お雑煮がいただけます。

京風お雑煮で京都始めしてみませんか?

あけましておめでとうございます。
京都は初詣の参拝客で賑わい、新年の空気が漂っていますね。そんな京都の新年の空気をもっと味わいたいという方におすすめなのが「京風お雑煮をいただく」こと。

京都のお雑煮はまるく人と争わないように丸小もちを入れるそう。お汁は白味噌で、そこに大根や小芋をいれたりするのだとか。一体どんなお味なんでしょう。

京風お雑煮をいただくなら…汁もの専門店「志る幸」

「京都のお雑煮が食べたい!」と向かったのは、四条河原町にお店を構える「志る幸」さん。
 (110806)

どんと構えたのれんから漂う風情。志る幸さんは昭和初期より営業されている汁もの専門店です。普段は利休弁当(2500円)で有名なのですが、12月~1月頃までお雑煮を出されているんですよ。

まるで能舞台のような座席

通されたのは劇場の桟敷のような席。そこからみえる景色がこちらです。
 (110811)

張り出した写真の左手のゾーンが、店員さんたちが行き来するところ。それを囲むように座席があるんです。それはまるで能舞台のよう。
 (110813)

これは正面からの図。
給仕する店員さんたちは舞台の上の役者で、私たちは舞台にやってきた見物客のようにお食事を楽しめるんです。

ほっこり、柚子香る白味噌のお雑煮

 (110815)

さて。やってきました京風お雑煮。白味噌がとろんとしていて、柚子のいい香りがふわりと香ります。丸もちが二つ、鰹節と柚子が入っていました。
 (110817)

気になるお味は…美味しい~!甘いのかなと思いましたが、甘さは控えめ。それよりも出汁がきいていて、コクがあるんですね。お餅をお汁に絡めて口に入れたら、ほっこり、幸せな気持ちになりました。

ちなみにお雑煮は一椀1100円。単品では頼めません。私はこの時期限定の、上賀茂のすぐき(750円)をいただきました。通常は利休弁当2500円が定番なので、志る幸に行きたかったけどハードルが高くて…と思っていた方にも、お雑煮はおすすめですよ!

志る幸 クチコミでの評判

志る幸 店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イタリア人オーナーによるトスカーナ料理店がオープン「ヴィナイーノ キョウト」【京都・柳小路】

イタリア人オーナーによるトスカーナ料理店がオープン「ヴィナイーノ キョウト」【京都・柳小路】

四条河原町交差点から徒歩すぐ、風情のある柳小路にイタリア人オーナーが可愛らしいトスカーナ料理店「ヴィナイーノ キョウト」なり。
【京都錦市場】年末で活気づく市場で京風白味噌雑煮!つきたてお餅が美味しい人気店「錦もちつき屋」

【京都錦市場】年末で活気づく市場で京風白味噌雑煮!つきたてお餅が美味しい人気店「錦もちつき屋」

京の台所・錦市場。すでに年末商戦でにぎわい、正月向けの商品も並び活気づく。そんな中、つきたてのお餅が人気で京風白味噌のお雑煮が食べられるお店あり。行ってきました。
【京都ランチめぐり】あったか~いフワとろの親子丼!ゴロゴロ鶏肉入りでお値打ち人気店☆「とり安」

【京都ランチめぐり】あったか~いフワとろの親子丼!ゴロゴロ鶏肉入りでお値打ち人気店☆「とり安」

烏丸御池にある、創業120年あまりの年季の入った鳥料理専門店。昼時には人気のあまり行列もできるほど。いろいろあるメニューの中でも親子丼が人気。
”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

”元祖ハヤシライス” 思わず『!』早矢仕ライスの産みの親★文明開化とマルゼンカフェ(京都BAL)

華々しくオープンした京都BAL地下2階のマルゼンカフェ。ハヤシライスの元祖とも言われる由緒のあるメニューが頂けるなんともプレミアムなカフェ。東京とこちら京都でしか食べれない商標登録されている【早矢仕ライス】をご賞味あれ。
【京都酒場めぐり】繁華街の呑兵衛御用達人気店!話題の熱々名物エッグ必食☆立ち飲み店「ココロ」【四条河原町】

【京都酒場めぐり】繁華街の呑兵衛御用達人気店!話題の熱々名物エッグ必食☆立ち飲み店「ココロ」【四条河原町】

四条河原町の上る、木屋町との間にある飲食店が所狭しと立ち並ぶエリアに立地。立ち飲み店好きの呑兵衛の間では常に話題にのぼるお店。名物エッグを求めて行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カメ子 カメ子