2017年12月15日 更新

【京都ランチめぐり】行列必至のあったか~い絶品生ゆば丼!北野天満宮門前の老舗京豆腐食事処「とようけ茶屋」

北野天満宮門前。昼時行列をつくる見慣れた光景。不動の人気店。老舗京豆腐店直営の食事処の豆腐づくしのランチを求めてのこと。中でも湯葉丼は底冷えする京都で食べると格別の美味しさ。

細部に宿るプロの仕事

 (108643)

北野天満宮参拝帰りにどこかランチでも食べようと思い、ふと見るといつもの行列。門前に店を構えるは、創業明治30年の京豆腐の老舗「とようけ屋山本」直営の豆腐料理のレストランが皆のお目当て。
 (108629)

ふだん並んで食べることないんですが、久々にどんなだったかな?という思いと、この寒い中だと湯葉丼美味しいだろうなぁ、と。どうでしょう、30分ほど待ちましたかね。小雪もちらつき寒かった(笑)
 (108630)

レストランは1~3階まであって、3階へ案内されました。
相席にしないシステムなんですね。だから行列にもなるというか。それだけ一人一人のプライベートな食事タイムを大切にしてるというか。
 (108633)

まあ、最初から生ゆば丼860円(税別)を注文しようと決めてましたが。遅い時間になると、人気のセットメニューで完売もちらほら。いろいろ選びたい方には早めの来店が吉。
 (108631)

先付として、黒豆の寄せ豆腐。下の店頭でも販売されてますが、数に限りがあるそうです。
濃厚な黒豆の風味と旨味。ちょっとリッチで、滋味深い美味しさ。

その前に出されたほうじ茶。これ、かなり焙煎が効いていて美味しかった。ここからすぐにある茶舗の品なんだとか。
 (108634)

そして、生ゆば丼登場。
 (108635)

こちらのは、ちょっと濃いめのべっ甲色。そこに、すりおろし生姜、みじん切りの三つ葉が天盛り。
 (108636)

まずは一口。濃いめの味付けで、わりと甘め。旨味も効いてますが。生ゆば、ふわっとしながらそこそこのしっかりした食感も。汲み上げ系ではないソフトゆばみたいな。
 (108641)

さらに食べすすめると黒い物体。椎茸です。甘辛く炊いたやつ。あぁ、これの煮汁の延長上にある、このあんかけ味なんだなぁと合点。個人的に甘辛く炊いた椎茸好きなんで、これは好きなやつです(笑)
 (108638)

で、丼だけにとどまらず、こんな付属の品がまたいい。キュウリとみょうがと焼き揚げの酢の物。香の物。豆腐のすまし汁。
 (108642)

ちょっと甘めの酢の物ですが、このキュウリとみょうがの下ごしらえ、焼き揚げの千切り具合。完全に料理屋の仕事ぶり。すまし汁に浮かんだ木の芽もそうですが。これ、860円てかなりいいランチ。他にも豆腐づくしのメニューありますが、直営店だから間違いない美味しさです。参拝帰りにオススメです!

ヨ~イヤサ~♪

とようけ屋山本 への口コミ

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】正月明けは癒しの生ゆば丼ランチ!大豆の味がこだまする☆「とうふ処 豆雅傳(とうがでん)」

【京都ランチめぐり】正月明けは癒しの生ゆば丼ランチ!大豆の味がこだまする☆「とうふ処 豆雅傳(とうがでん)」

三条高瀬川西詰めにある豆腐・湯葉料理専門店。いつも人気でこの日もランチ時は満席。タイミングよく入店でき、ウワサの湯葉丼セットを食べてきました。
【京都発酵食品めぐり】行列必至の元祖お茶漬けの老舗!出汁巻玉子も絶品☆「丸太町十二段家 」

【京都発酵食品めぐり】行列必至の元祖お茶漬けの老舗!出汁巻玉子も絶品☆「丸太町十二段家 」

京都発酵食品めぐり、今回は丸太町通りにある行列必至の京料理店。発酵食品である漬物のお茶漬けがここの名物。
【保存版】京都トロトロ湯葉丼でホッカホカ!水の美味しい京都ならではの湯葉グルメ【厳選4店】

【保存版】京都トロトロ湯葉丼でホッカホカ!水の美味しい京都ならではの湯葉グルメ【厳選4店】

豊富な地下水に恵まれ、美味しい豆腐や湯葉のお店も多数ある京都。観光客にとって、京都グルメの代名詞として豆腐、湯葉料理を挙げられる方も多いのでは?そこで、今回は絶品の湯葉を使った冬にうれしい熱々の湯葉丼をまとめました。
創業明治30年の老舗豆腐は不動の人気!京豆腐一筋☆「とようけ屋山本」【京都北野天満宮前】

創業明治30年の老舗豆腐は不動の人気!京豆腐一筋☆「とようけ屋山本」【京都北野天満宮前】

北野天満宮門前にある老舗豆腐店。同じ建物には、自慢の豆腐料理を振る舞うレストランもあり、昼時には行列を作る人気店。
竹籠の中で完結するプチ会席に感動「食処 いおり」@北野天満宮近くの巻っす

竹籠の中で完結するプチ会席に感動「食処 いおり」@北野天満宮近くの巻っす

北野天満宮から徒歩10分ほど「食処 いおり」、お手軽価格でプチ会席のお弁当が頂けると聞きつけ早速行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな