2019年6月16日 更新

【京都ランチめぐり】四条烏丸の老舗京料理の大人気破格800円日替わり!祇園祭山鉾の車輪も☆「ごはん処矢尾定」

おおきに~豆はなどす☆今回は四条烏丸にある、老舗京料理の名店。ビジネス街立地で破格の日替わりランチもあり。さらに驚きが祇園祭の山鉾車輪が店内に展示。

祇園祭鉾町にある行列人気和食店

 (155664)

四条烏丸界隈。さらに西へ。古いたたずまいの京町家。前々から行ってみたいと思っていた和食店。

もともと、創業明治時代で100年余り続く老舗の仕出し料理店。とくに京都の有名寺院の法要の際の精進料理の仕出しを担当するお店で、知る人ぞ知る有名店。

実際、西本願寺内に食事処があり、さらに宿坊の食事も提供。ここでも和食や精進料理が頂けます。
 (155665)

そんな老舗有名店のお手頃な和食店が四条界隈にあると知り、ようやく訪問。こちらでは精進料理ではなく、魚を中心とした和食。

 (155671)

とても人気のお店とは聞いていて、この日も11時半ごろうかがいましたが、すでに店内満席に近い状態。サラリーマンをはじめ、年配客が目立ちました。女将さんやお店の方の愛想のいいオペレーションが心地よくもあり。
 (155666)

 (155667)

そしてメニュー。本格的な小鉢がいっぱい並んだ御膳系ランチもありますが。
 (155668)

丼物もあります。1000円以下のメニューも。
 (155669)

魚好きにはうれしい定食も。

で、かなり迷っていたんですが、たまたま隣に座った方の日替わり定食があまりの安さとボリュームで圧倒され、即決で注文。800円。
 (155672)

注文の際、ご飯の量を指定でき、ガッツリ食べたい方にはうれしいサービス。
 (155673)

で、料理を待っている間、店内の奥のこれが気になって近づいてみると、大きな木製の車輪がガラス張りの坪庭に展示。
 (155674)

まさか本物じゃないよな、とお店の方に尋ねると、そのまさかまさかの祇園祭、大船鉾の車輪。
エーッ!!なんでここにあるの!?と聞くと、こちらで保管されてるそうです。

なので、祇園祭シーズンで大船鉾が鉾建て中の際にはここが空っぽになるということか(笑)鉾町ならではのしつらい。
 (155675)

さらに、壁には山鉾町それぞれで授与される粽(ちまき)が。
あ、ほとんどの方はご存じだと思いますが、これは食べられない粽。厄除けに玄関に飾る、お守り代わりの粽。こうして並べてあると、その違いが一目瞭然。どの山鉾町も趣向を凝らした粽ぞろい。
 (155676)

 (155677)

そうして待っていると、日替わり定食登場。800円でこのボリューム。多くの方がこれを注文されていました。
 (155679)

 (155680)

こちらはミンチカツ。トマトソースは手づくりみたいで玉ねぎが入っています。ごはんがすすむおかず。
 (155681)

おでん風の煮物。大ぶりの大根、手羽元、厚揚げ、花型の練り物が入っています。
 (155682)

大根も出汁がしみしみでほっこりする煮物。
 (155683)

暑い時期はうれしい玉子豆腐。上品な出汁感でやわらか食感。
 (155684)

お弁当に収まりきらない副菜たち。鷹の爪が少し効いたきんぴらと芽キャベツ。
 (155685)

この定食の要。白飯。精米仕立てなのか、ツヤツヤで透明感もあり、とても美味しいご飯。これはポイント高い。
 (155686)

そして、お味噌汁もこの一杯で何種類の食材が入ってるんだろう、と思えるほど具だくさん。

これで800円はかなりお値打ちで、ランチ時激戦になるのも頷けます。これだったら毎日外食でも飽きないというか。

店内の大船鉾車輪も目の当たりに見られる貴重なお店。祇園祭気分を盛り上げるにも最適な食事処と言えますね。

ヨ~イヤサ~♪

ごはん処矢尾定 への口コミ

詳細情報

住所:京都市下京区新町通綾小路上ル四条町361
電話番号:075-351-3518
営業時間:11:30~14:00(昼食)17:30~20:30(夕食)
定休日:水曜日
公式サイト:http://www.yaosada.com/gohandokoro_yaosada

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな