2017年10月12日 更新

哀愁感じて委員会★昭和風情溢れる老舗純喫茶*「喫茶 翡翠(ひすい)」【北大路】

推定半径100メートル以内に撃ち放たれるエメラルドの誘いで貴方をいにしえの楽園へナビゲート。 翡翠をクリアした貴方は哀愁貴族の仲間入り。

哀愁感じる邸宅へようこそ

 (96172)

北大路通りに位置するオオバコ純喫茶。
古めかしい外壁と、各ゾーン毎に刻まれた翡翠のプリント。
迸る哀愁スピリッツ。
一瞬、おフランスを彷彿とさせるトリコロールカラーではなく、赤、青、白ではなく水色という独自路線のラインが貴方をナビゲート。
 (96176)

 (96460)

翡翠のチャームを模したイラスト。
マットなエメラルドに深い期待感を覚えます。

ポテンシャルの高さが光る

 (96174)

ボックス席が整然と並ぶ重厚な店内。
キラリと輝くラグジュアリーな照明は実にオーセンティック。どの席を選ぼうともパーソナルな時間はお約束されています。

掘れば掘るほどお宝万歳

お宝その1、メニューボードは真っ赤なリボン

お宝その1、メニューボードは真っ赤なリボン

リボンでおめかしせたひたすらラブリーなメニューボード。
ちゃっかり七福神でハッピーオーラ全開さ。
その2、充実の古書

その2、充実の古書

漫画本、文庫本、読み崩された感ありありの週刊誌など草臥れた書物達。読んだら元に戻しましょうね。
マナー違反は御禁物。
その3、インベーダーゲーム

その3、インベーダーゲーム

極め付けは昭和遺産。
これはまだ現役らしい。
メニュー表

メニュー表

こちらはドリンクメニューでモーニングは右端に記載。
メニューのテーマカラーは翡翠色です。

サンシャインを浴びて

トーストモーニング(¥400税込)

トーストモーニング(¥400税込)

私は窓際のボックス席に着き、
アメリカンコーヒーと
バタートーストセットをチョイス。
4枚切りの厚切りトースト。
ダイナミックに塗りたくられたマーガリン。
サラダは小鉢にコールスロー、
ゆで卵はむきやすく予め穴がありました。
 (96175)

あゝ、燦燦と降り注ぐ朝日。
質素なお城で日光浴。
 (96466)

お店の給仕さんは最小限の接触ですが、お冷やをまめに注いで下さったり
ポイントを押さえています。

まだまだ調査されるべき、石油王なみのポテンシャル。
朝から晩までマルチュース、使える老舗純喫茶でした。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

モーニングコーヒーはフレッシュフルーティで★ドイツ製マシンの実力★自家焙煎 伊藤珈琲(イトウコーヒー)【北大路】

モーニングコーヒーはフレッシュフルーティで★ドイツ製マシンの実力★自家焙煎 伊藤珈琲(イトウコーヒー)【北大路】

挽きたてのコーヒーアロマに包まれた店内の伊藤珈琲(イトウコーヒー)。 アクセス抜群の好立地にもかかわらず、落ち着いたモーニングタイムがすごせます。
川沿いスローモーション★マーマーコーヒー★ハニートーストで口福時間【河原町七条】

川沿いスローモーション★マーマーコーヒー★ハニートーストで口福時間【河原町七条】

京都に数あるリバーサイドカフェ。 ロケーションは元より、自家焙煎コーヒーやフードメニューでだされる商品への拘り、心遣いとワンランク上のリバーサイドカフェ。
「傑作スコーンとたっぷりコーヒー」非の打ち所なき癒しカフェ★✳︎cafe wakka(ワッカ)【造形大前】

「傑作スコーンとたっぷりコーヒー」非の打ち所なき癒しカフェ★✳︎cafe wakka(ワッカ)【造形大前】

ここ数年、めくるめく速さで人気カフェが続出している造形大エリア。 安定した人気をキープし続けるスコーンとコーヒーのカフェワッカさん。そのパイオニアスピリッツに迫ります。 その秘密はパティスリー並みの焼き菓子に、ブレないお客様に対する感謝の気持ちなのかもしれません。
映画にでてきそうないにしえ喫茶★トースト Meets カレー★「菊しんコーヒー」【東山安井】

映画にでてきそうないにしえ喫茶★トースト Meets カレー★「菊しんコーヒー」【東山安井】

生活感ある景色に馴染む古き良き純喫茶。最近発信されたSNSや紙面にはレモントーストでお馴染み。 こちらも良いですが【バタートースト×カレー】の組み合わせはつけ新定番にしたい喫茶味覚の感動体験。そしてそのお供のサイフォンコーヒー。さぁ、つけパン浪漫を求め出かけましょう。
作庭師の作庭 ✖️ モーニング★ワールドコーヒー京都商工会議所店【丸太町】

作庭師の作庭 ✖️ モーニング★ワールドコーヒー京都商工会議所店【丸太町】

京都に展開されているワールドコーヒー。 京都商工会議所に設けられているワールドコーヒー。 重森三玲の作庭の庭に見応えある内装ワンランク上のサロン空間でカフェタイムはいかが?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen