2017年12月14日 更新

京都屈指のパワースポット!650万年前に金星から地球に降り立った!?「鞍馬寺(くらまでら)」

京都でも屈指のパワースポットといわれている鞍馬寺。そのパワーの秘密は、650万年前(650年ではありません!)に金星から地球に降り立った「尊天」のひとり、「護法魔王尊」(サナート・クマラ)のご加護なのだそう。今年最後のパワーをもらいに、鞍馬寺まで行ってきました!

天狗で有名!牛若丸(源義経)が修行をした地

 (108248)

鞍馬寺というとやはり、鞍馬山の大天狗!幼い頃の源義経が、鞍馬山の大天狗から武術を教わったという話は有名ですね。ほかにも『枕草子』で「近うて遠きもの」の例として鞍馬寺の九十九(つづら)折りの参道が書かれていたりと、逸話には事欠きません。

昔から、人々に敬われてきた霊験あらたかな鞍馬山。冬は、そのパワーがますます研ぎ澄まされているような気がします。
 (108251)

さて、まずは入り口の仁王門(山門)です。1891年に焼失しましたが、1911年に再建されました。
入山料(愛山費)は300円。
 (108252)

そして、やってきました!いよいよ、こちらが『枕草子』で「近うて遠きもの」の例として語られた九十九(つづら)折りの参道、スタート地点です。近くて遠いというよりは、遠くて遠くて遠いような…。
 (108254)

朱色の燈籠が鞍馬山の神秘的な雰囲気を高めます。
 (108281)

牛若丸のような身軽さはないので、鞍馬山ケーブルを使って上ります。
大人・片道200円、小学生以下は片道100円です。ケーブルカーは、1957年に開通しました。
 (108279)

ケーブルカーに乗るとすぐ多宝堂に到着します。
 (108285)

こちらは、多宝塔駅からの参道。九十九折(つづらおり)参道と合流しています。
 (108283)

九十九折参道の途中もご紹介します。こちらは、魔王の滝です。石造りの鳥居や祠のある、小さな池になっています。
 (108255)

こちらは、鞍馬寺の鎮守社である由岐神社です。ケーブルカーに乗車すると通り過ぎてしまうので、こちらにお参りしたい方は徒歩で訪れる必要があります。山門からは徒歩10分ほどの距離です。
 (108258)

由岐神社にある御神木の大杉社です。樹齢は約800年といわれています。
 (108261)

由岐神社の拝殿です。拝観は無料ですが、鞍馬寺の中にあるので、入山料(愛山費)が300円かかります。
 (108262)

由岐神社にある天狗みくじ。キーホルダーつきです。
 (108263)

牛若丸の守り本尊である地蔵尊が祀られている川上地蔵堂。
 (108265)

こちらも九十九折参道。全長は約1kmほど。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都日帰り小旅行】鞍馬貴船エリアのオススメスポット!川床も始まった!!新緑を求めて京の奥座敷へ☆

【京都日帰り小旅行】鞍馬貴船エリアのオススメスポット!川床も始まった!!新緑を求めて京の奥座敷へ☆

目に青葉が心地よいシーズン。そんな季節はどっぷり新緑を満喫できるスポット、鞍馬貴船エリアがオススメ。1日かけて小旅行感覚で回れるオススメスポットをまとめてました。
鞍馬寺から貴船に抜けるハイキングコース!魔王降臨の京都最強パワースポット「鞍馬山」

鞍馬寺から貴船に抜けるハイキングコース!魔王降臨の京都最強パワースポット「鞍馬山」

前回紹介した鞍馬寺の続きです。山岳信仰の場。牛若丸や天狗にまつわる史跡が点在。天狗の総本山でもあり、数々の不思議な伝説を残す山。
【京都鞍馬】牛若丸や天狗伝説で知られる京都屈指のパワースポット!日本一短い鉄道もあり!!「鞍馬寺」

【京都鞍馬】牛若丸や天狗伝説で知られる京都屈指のパワースポット!日本一短い鉄道もあり!!「鞍馬寺」

京都市内北部の有名観光スポット。そして、神秘に満ちたパワースポットとしても有名。天狗の総本山。新年早々そんなパワーにあやかりたい!と参拝してきました。
【京都叡山電車】話題騒然の楕円形デザイン!叡電の新しい顔『ひえい』を撮り鉄☆

【京都叡山電車】話題騒然の楕円形デザイン!叡電の新しい顔『ひえい』を撮り鉄☆

今年3月21日、京都叡山電車の新型車両『ひえい』が登場。その斬新なデザインが話題となり、ネットやテレビでも大注目。今回はそんな『ひえい』を撮影に。
紅葉のトンネルをくぐると?四季折々の景色が楽しめる「叡山電車」に乗るっ!

紅葉のトンネルをくぐると?四季折々の景色が楽しめる「叡山電車」に乗るっ!

「叡電」の名で地元民に愛されている叡山電車。1~2両の電車が運ぶ先は、比叡山or鞍馬山。車窓の外を流れてゆく山の景色は春夏秋冬いつでも楽しめますが、秋はことに紅葉が美しいことで有名です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

キョウトピ編集部 キョウトピ編集部