2017年9月2日 更新

山科・岩屋神社の八朔祭「御百燈献灯神事」

岩屋神社の八朔祭に行ってきました。台風や害虫の被害が出やすいこの時期、農作の無事と稲の豊作を神様に祈願します。

八朔とは。

朔はついたち(一日)のことなので、八朔は旧暦の8月1日のことを指します。現在の新暦に直すと、8月下旬から9下月旬頃となります。
この時期は稲穂が実り始める大切な時期で、農民の間で初穂を恩人などに贈る風習が古くからありました。田の実の節供(節句)とも言われ。「田の実」を「頼み」にかけ、武家や公家の間でも、日頃お世話になっている(頼み合っている)人に、その恩を感謝する意味で贈り物をするようになったそうです。現在でも花街にこの習慣が残っていて、毎年8月1日に芸妓や舞妓がお茶屋や芸事の師匠宅へあいさつに回っています。真夏の暑い時に正装しての挨拶回りは大変だなと思っていましたが、昔は9月頃の行事だったわけですね。
 (93306)

岩屋神社では、この八朔祭を九月一日に行うところから二百十日行事とも合せて、百灯(もものみあかり)を捧げて農作の無事と稲の豊作を神様に祈願します。

二百十日(にひゃくとおか)は、立春から数えて 210日目の日、9月1日頃にあたるが,この頃はちょうど稲の実りの時期であるうえに,台風の来襲する季節とも一致するので,昔から農家には厄日として警戒されています。

八朔祭・御百燈献灯神事

 (93310)

午後7時。境内にて参列者全員の修祓の後、本殿で八朔祭の神事。続いて御百燈献灯神事が行われます。
 (93312)

神職が百灯の種火になる御神灯を中央に据えます。宮司が左右の灯火台に火を遷します。続いて参列者が配られたロウソクに御神灯の火を灯し、灯火台の平瓦の灯心(油を染み込ませたもの)に火を灯します。
神職が百灯の種火になる御神灯を中央に据えます。宮司が左右の灯火台に火を遷します。続いて参列者が配られたロウソクに御神灯の火を灯し、灯火台の平瓦の灯心(油を染み込ませたもの)に火を灯します。
 (93314)

その後祝詞奏上、鈴振り神事(参列者を鈴でお祓い)、玉串奉奠が行われて神事は終了。
よしつね (93319)

続いて参列者のお千度参りが行われます。本殿のまわりを年齢の数だけまわります。歳の数だけとなると高齢の方は大変なので、十の位を1回と数えてもよいそうです。例えば、63歳なら6+3で9回となります。
via よしつね
 (93316)

周る数だけ竹櫛を持ち、1周まわる事に、竹櫛は正面の箱に入れていきます。
 (93318)

最後はお神酒を頂いて直会。
八朔祭は、場所によって内容は様々です。2日に大原(江文神社)、3日には松尾大社で行われます。
 (93326)

岩屋神社・詳細情報

 (93322)

住所:〒607-8176 京都市山科区大宅中小路町67
電話:075-571-0833
HP: http://www.iwayanomori.org/shrine/index.html
京阪バス「大宅」徒歩10分
地下鉄「椥辻」徒歩20分

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

よしつね よしつね