2021年10月30日 更新

【京都ランチ】2月オープンのバインミー専門店☆激ウマリピ必至「120gバインミー京都」

おおきに~豆はなどす☆今回は左京区聖護院に2021年2月オープンのベトナム風サンドイッチ『バインミー』専門店。テイクアウトして鴨川べりでアウトドアランチしてきました。

リピーター続出の注目『バインミー』専門店

 (213990)

左京区聖護院、冷泉通り沿い。向かいには疏水も流れ、すぐ近くの鴨川に合流する、そんな場所。
2021年2月にオープンしたバインミー専門店『120gバインミー京都』。つい最近友人が食べて激ウマだったとの感想。さらに、この近くにあるビストロ店でもオススメされてたので前から気になっていたお店。
 (213991)

この日は近くで用があったので、その帰りに立ち寄ってみました。ちょうど気候的に暑くも寒くもない澄み渡るような青空の日だったので、テイクアウトして鴨川べりで食べようと。

で、自分の中ではよくよく知られたジャンルの食べ物と思っていた食べ物ですが、案外地域によっては「それなに?」と質問する友人もいて認知度低いのかな、と。

バインミーとはフランスパンにハムや野菜や香草を挟んだベトナム風サンドイッチのこと。フランス統治下で生まれたサンドイッチということで、フランスとベトナムの食文化を融合させた、そんなサンドイッチ。最近京都でも徐々にバインミーを提供するお店が増え、お店で食べることはもちろん、コロナ禍緊急事態宣言下ではテイクアウトメニューとして人気に火が付いた、そんな状況。
 (213992)

私もこれまで何度か食べた経験がありますが、こちらではオーガニック野菜をふんだんに使ったバインミーのようです。そして店名『120gバインミー』は使用するフランスパンが120gということから由来するようで、通常のバインミーよりきっとボリューミーなんだろうな、との想像がつきます。
 (213993)

店内はナチュラルで明るい雰囲気。天井から植物が飾られているオープンキッチン。壁に設けた棚にはスパイスやハーブ、調味料類が並び、これらのものを使って調理されたバインミーであることが一目瞭然。
 (213994)

 (213995)

この日はテイクアウトでしたが、店内にももちろん飲食スペースがあります。
わりとテイクアウトで訪れる客が多く、この時もかなりの人気とちょうど昼時ということも重なり、注文殺到。少し調理に時間かかります、と。なので、時間に余裕のない方はあらかじめ電話で注文するのがいいですね。
 (213996)

そして、メニュー。
もちろんバインミーが主役で、バリエーションは通常4種類ですが、この日は品切れメニューもあり3種類。中でも注目は乳酸発酵させたしば漬けの入ったバインミーですが、今回は一番オーソドックスな有機野菜と手作りハムのクラシックバインミーをチョイス。トッピング材もいろいろあり、面白いところではすぐき漬けもあります。
 (213997)

本日のスープまたはドリンク類プラスでセットメニューにもできるということで、スープをチョイスし合計1100円。
 (213998)

この日のスープはサツマイモ・紅はるかのポタージュとのこと。
 (213999)

ドリンク類であればこちらに。中にはアーティチョーク茶など面白いものもあります。
 (214000)

店内で食べるなら、こんな味変材もいろいろあり。この時はテイクアウトだったので大体の味付けの好みを聞かれ、それに従ってオーダー。
 (214001)

ここにもバインミーの歴史が記されています。
今までそこまで意識して食べたことがありませんでしたが、フランス統治下の19世紀後半、欧州の食文化(France)とアジアの食文化(Vietnam)が融合して誕生。
 (214002)

 (214003)

そして、出来上がったバインミーを携えて鴨川へ。
ちょうどベンチや木陰もあり、アウトドアランチには絶好のロケーション。
 (214004)

中はこんな様子。
大きめの紙包みにナプキンが添えられ、スープも厚手の保温紙容器に入っています。
 (214005)

そしてオープン。
食べやすいように2分割にカットされています。こんがりと焼かれたフランスパンが美味しそうです。調理中も香ばしい香りが漂っていて焼きたて。
 (214006)

で、鴨川を背景に断面を記念撮影(笑)
見るからにカラフルで健康色を思わせる食材たちが顔をのぞかせています。具材として、京都大原有機野菜と手作りレバーパテ、ポークハムを使った多彩な旨味と触感を楽しめるバインミー。
 (214007)

そして一口。
フランスパンは外側カリカリで中は柔らかめのソフトタイプで、厳選した小麦粉に米粉をブレンドし、ルヴァン種酵母で発酵させて焼き上げたこだわりパン。もちもちとした食感もあり日本人にはなじみやすいパン。そして具材。いろんな味がして解析するのも難しいくらい要素満載。もちろん、店前のボードに書かれた野菜たちが使用されてるわけですが、その食感や味の個性が際立っています。ポークハムも上質で柔らかジューシーな火入れ具合で、自家製レバーペーストのクリーミー感抜群でシャルキュトリー専門店のようなレベルの高さ。驚きなのがミミガー的軟骨も入ってました(笑)前評判でビストロ店がオススメされてたのは、これが理由なのかも、と思ったり。あと、欠かせないパクチーも風味強い大原産。ナスのトロッと感。言い出したらキリがないほど美味しさ要素満載。
 (214008)

そして、紅はるかのポタージュ。サツマイモをふんだんに使った濃厚仕上げで、ほのかにシナモンの風味。極力素材の味まかせに構成されたスープのようで、塩味などは控えめの滋味深くもある味わい。
 (214009)

さらに、残りのバインミーを。
このランチで種類豊富に大原産野菜とクオリティー高いシャルキュトリー、そしてもっちりフランスパンとスープ。もう健康になるしかない極上バインミー。そして、今のところ私史上イチ美味しいバインミー。それをこの青空の下で食べるとは、さらなるパワーチャージ(笑)これからの行楽シーズンには特に利用したいテイクアウトメニュー。また来店したいオススメ店です。

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

名称:120gバインミー京都
場所:京都市左京区聖護院東寺領町6−2
電話:075-708-8085
営業時間:AM11:00~完売まで
公式サイト:http://120g-banhmi.com/
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事