2022年10月16日 更新

【京都コスモス】コスモスの季節が到来♪コスモススポット3選【京都花めぐり】

秋が深まり、京都のコスモスが綺麗に咲き誇りつつあります。今回は京都でコスモスが楽しめるスポット、「亀岡夢コスモス園」、「長岡京市コスモス畑」、「広沢池・遍照寺」3か所の様子とアクセスなどを紹介します。

亀岡夢コスモス園

 (230215)

京都市に隣接する自然豊かな亀岡市。山を望む広大な園内で、20種800万本のコスモスが楽しめます。昨年の画像で園内の様子を紹介します。
夢コスモス園へのアクセスは亀岡運動公園体育館のお隣で、お車の方は無料駐車場があります。
交通機関をご利用の方はJR亀岡駅よりバス利用で、運動公園前下車すぐです。

イベント詳細

 (230216)

イベント名:亀岡 夢コスモス園
開催期間:10月1日(木)〜11月3日(火)期間中無休
住所:京都府亀岡市吉川町穴川野水(夢コスモス園駐車場の住所)
電話:0771-55-9111
入園料:(平日)一般500円(土日祝)800円
営業時間:9:00~16:00受付終了(土日祝は16:30受付終了)
関連ページ:http://yume-cosmos.com/

園内マップ

 (230217)

園内の様子

 (230218)

体育館に駐車し、西口受付へやってきました。昨年来園した時は、曇天が残念でしたが、ちょうど満開のタイミングでした。
 (230219)

受付を済ませ、あさがおのトンネルをくぐり、園内へ入場します。
 (230221)

亀岡の山々を背景に、一面にコスモスが咲き誇ります。
 (230223)

アメジストセージと千日紅もコスモスと共にきれいに咲き誇ります。園内にはコスモス以外の花もたくさん咲いています。
 (230224)

センセーショナルやキバナコスモスなど、コスモスには多種のカラーがあり、一度に見れるとカラフルですね。
創作かかしコンテスト

創作かかしコンテスト

夢コスモス園でおなじみ、名物の「創作かかしコンテスト」です。昨年は展示のみでしたが、今年はコンテストが開催されるようです。ユニークで、モデルの特徴をよく捉えていて、微笑ましいです。どんなかかしに出会えるか?毎回楽しみです。
ドックラン

ドックラン

ペットの同伴が可能で、ドックランが設置されています。ドックランで思いっきり遊ばせたり、ペット用のフォトスポットも見かけました。ペット連れで楽しめるのも、魅力の一つですね。
コスモス摘み取り体験

コスモス摘み取り体験

期間中、園内のコスモスを摘み取って持ち帰れます。(有料500円)可憐で大輪のコスモスを自宅でも楽しめるなんて嬉しいですね。
イベント終了間際の11月1~3日の3日間は無料で摘み取り体験が出来ます、昨年は、実施されていました。体験する際にハサミの預かり金として、500円支払うようですが、ハサミ返却時に返金されるようです。
40センチの茎を20本摘み取らせてもらえるようです。
丹波味わい市

丹波味わい市

正面入口付近に味わい市があります。こちらは園外となっていて、無料で入れます。
亀岡や丹波の産地直送の野菜や、松茸ご飯などの秋の味覚も楽しめます。

まとめ

夢コスモス園は、コスモス鑑賞や撮影が楽しめて、ペットも入園可能、秋の味覚も満喫できます。家族皆が楽しめるスポットとなっています。

スポット情報

イベント名:亀岡 夢コスモス園
住所:京都府亀岡市吉川町穴川野水(夢コスモス園駐車場の住所)
関連ページ:http://yume-cosmos.com

長岡京市コスモス畑

 (230233)

自然豊かな長岡京市。サントリー京都ビール工場そばの休耕田に、農家さんがコスモスを植えて下さっています。コスモスと電車とのコラボが楽しめるとSNSでもじわじわと人気です。電車とコスモスを撮りたい方におすすめのスポット。昨年の画像と共に紹介します。
 (230788)

コスモス畑へのアクセスは、阪急西山天王山駅より徒歩約10分程です。東出口から焼肉のでんの看板向かって進み、サントリービール工場の手前、この辺りから入ります。
 (230234)

のどかな風景、田んぼとコスモス畑が点在しています。
 (230235)

鳥取方面へ向かうスーパーはくととコスモス。
 (230236)

こちらのコスモス畑では、ハローキティーはるかとコスモスのコラボが人気です。昨年の記録では9時半前後に上りと下りが通過しました。昨年はコロナ禍で減便されていましたが、今年は本数が増えているようなので、より楽しめそうですね!
農家さんのご厚意のコスモスなので、マナーを守って楽しめたらいいですね!

スポット情報

所在地:サントリー京都ビール工場付近の休耕田
長岡京市調子2丁目あたり
アクセス:阪急西山天王山駅より徒歩約10分

広沢池付近のコスモス畑

 (230243)

広沢池西側に咲くコスモス。周辺は「歴史的風土特別保存地区」に指定されていて、のどかな田園風景がひろがります。夕日とコスモスが鑑賞できる撮影スポットです。
 (230565)

近くには兒神社があります。
 (230563)

こちらは今年の画像です。
昨年同様、たくさんのコスモスが咲き誇っています。
 (230564)

反対側から見たコスモスです。のどかな山々を借景に風に揺れるコスモスが秋らしい風景です。
 (230244)

こちらは昨年の画像です。天気が良くて沈みだした太陽の日が当たり、コスモスがより暖かく見えます。
 (230245)

夕日と共に揺れるコスモス。こちらは日没が近づくと、鑑賞されたい方、撮影されたい方が集まります。気軽にコスモスを楽しめるスポットとなっています。

スポット情報

名称:広沢池西側コスモス畑(兒神社そば)
住所:京都府京都市右京区嵯峨釣殿町28(兒神社)
アクセス:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」より徒歩約15~20分

遍照寺

 (230568)

京都嵯峨野、広沢池のほど近くにある寺院。
廣澤山 真言宗御室派準別格本山 遍照寺の創建は平安時代中期の989年。宇多天皇の孫、寛朝僧正が広沢池畔の山荘を改めて寺院とされたそうです。
赤不動明王像と十一面観音像が安置されており、いずれも創建当時の作で、現在国指定の重要文化財。
赤不動尊は「広沢の赤不動さん」と親しまれ、毎月28日には不動護摩が焚かれます。
 (230567)

今年の様子です。堂内の拝観は拝観料が要りますが、境内は無料で散策でき、境内にコスモスが点在しています。毎年植えておられるそうで、コスモスの種を取り、また来年それを植えておられるそうです。
 (230569)

こちらは入ってすぐのお堂前です。京都では、お寺にコスモスを植えておられる所は希少です。
 (230570)

少し奥へと進むと、沢山の可愛いコスモスが咲いていました。現在は終盤と思われます。
 (230247)

境内を出て隣接する富岡稲荷大明神。こちらも遍照寺の境内の一部だそうです。稲荷古墳と呼ばれる円墳だそうで、階段を上がると、祠があります。
 (230571)

昨年は北側にもコスモスが植って、SNSでよく見かけました。お寺の方にお聞きした所、今年は行事の際に刈り取られたそうで、また来年との事です。
 (230249)

昨年の画像です。今年はこの辺りにコスモスがなくて残念でしたが、境内のコスモスも可憐で可愛いかったです。来年も植えて下さるそうなので、この景色が見れたら良いですね。

スポット情報

名称:広沢山 遍照寺 へんしょうじ
住所:京都市右京区嵯峨広沢西裏町14
アクセス:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」より徒歩約15~20分
拝観時間:10:00~16:00 ※コスモス周辺は拝観自由(開門時間は不明)
毎月28日 月例護摩供、写経会
拝観料:境内拝観ゾーン500円  
関連ページ:http://www.eonet.ne.jp/~henjouji

最後に

京都のコスモススポットを紹介しました。散策の参考になれば幸いです。今年のコスモスの開花状況は、数日の寒さが影響で遅めのところや、暑さで早めのところなど状況は様々です。公式HPやSNSなどで、確認されて、可愛いコスモスを楽しめたらいいですね。
54 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

m.m m.m

オススメの記事