2017年7月6日 更新

京都人はダシが効いたカレーうどんがお好き!半世紀愛されてきた「味味香(みみこう)」の新店がオープン!

八坂神社からすぐ、半世紀愛されてきた京風カレーうどんのお店「味味香」が2店舗目となる丸太町七本松店がオープンしました!お出汁とカレーの香りがたまらないカレーうどんです。

木屋町・祇園で半世紀愛されてきたカレーうどん専門店

 (85759)

八坂神社の南隣にあるカレーうどん専門店「味味香」が、丸太町七本松に新店舗をオープンされましたので早速行ってきました。「味味香」と言えば、創業1969年、50年近く愛されてきたお出汁が効いた京風カレーうどんのお店ですね。2010年までは木屋町に店舗があり、場所柄深夜営業もしていたため、界隈で働く方々の夜食としても親しまれてきた人気店です。

広島にも店舗があり、丸太町七本松にオープンした新店が3店舗目です。交差店の角にあるので、前を通るとすぐわかると思います。斜め向かいに京都市中央図書館であるので目印にしてください。
 (85760)

店内は、真っ白な壁に黒のテーブルでシックな印象です。
二人掛け、四人掛けなどテーブル席がメインで、一部カウンター席になっています。
実はこの奥にもテーブル席があります。
 (85761)

メニューはこちら!カレーうどんのみでシンプルな構成になっています。
メニュー右側からベースとなるカレーうどんを選んで、お好みでトッピングを追加するというスタイルです。
具材は、牛、豚、とり天、えび天、京都らしいきざみきつね、ちくわ天の6種類です。
トッピングで追加すると+200円になります。

カレー味の強さも選ぶことができ、お出汁が効いた普通、カレー風味が効いた1.5倍、濃厚な味わいの2倍から選ぶことができます。
 (85762)

辛さの調整は、卓上に用意されている洋風七味でお好みの味に仕上げてください。
ほかには、特製 京の七味、赤山椒もあります。
 (85778)

カレーうどんの天敵と言えば、ルーのとびちりですね。紙エプロンも用意されているので心配いりません。
こういう配慮はうれしいですね。

ダシが効いた京風カレーうどん!

 (85769)

牛肉カレーうどんのえび天トッピング(1050円)にしました。
カレーのスパイスシーな香りとお出汁の芳醇な優しい香りが広がり、あんかけ状のトロッとしたカレー出汁が食欲を誘います。

ベースとなるダシは昆布と鰹節から旨味をしっかりと引き出し、カレ-スパイスにも負けない味わい。カレースパイスは、オリジナルで厳選したスパイスを11種類使われていて、見事な相性の良さです。
 (85765)

えび天はすぐ食べるとサクサクとした食感、カレー出汁に浸して食べると衣が柔らかくなり、また違った食感、風味になります。えび自体もプリプリしていて人気のトッピングです。
 (85766)

もちろん牛肉カレーうどんなので、牛肉もたっぷり入っています。肉の旨味はたっぷり、ほどよい食感で一番人気なのも納得です。
どれにしようか迷ったら牛肉カレーうどんをオススメします。
 (85770)

カレー出汁はトロっとあんかけ状になっており、ダシとカレースパイスが見事に共存しており、まさしく京風のカレーうどんです。木屋町のころから50年近く愛されてきた味ですね。
また、ねぎの食感と甘味がカレーうどんに合うんです。
 (85771)

途中で香辛料を足して味に少し変化を加えてみるのもオススメです。
とくにオススメなのが赤山椒、唐辛子の辛味と山椒の爽やかな風味が加わり、またこれがカレー出汁に合うんです。
 (85772)

乾麺タイプも販売されているので、お土産にいいですね。

50年近く、木屋町や祇園で愛されてきた京風のカレーうどんです。八坂神社近くに移転し、寄り辛かった方もいらしたと思いますが、新店舗は駐車場はありませんが車でも寄りやすい、また観光客も少ないので比較的ゆったりと食事ができると思います。また寄ってみてくださいね。

味味香 丸太町七本松店 クチコミ情報

味味香 丸太町七本松店 店舗情報

店名:京のカレーうどん 味味香 丸太町七本松店
住所:京都市中京区聚楽廻松下町8−11
電話番号:075-811-1588
営業時間:午前11時〜午後9時(オーダーストップ午後8時30分)
定休日:火曜日
店舗HP: http://www.mimikou.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし