2022年6月23日 更新

注目の梅小路に本格讃岐うどん店がオープン!名物はスパイスカレーうどん「塩釜製麺所」

再開発がすすむ梅小路エリアに、本格讃岐うどん専門店の「うどん 塩釜製麺所」がオープン。お店自慢のスパイスカレーうどんをご紹介します。

梅小路エリアに本格讃岐うどん店がオープン!

 (225100)

京都の飲食店を支える京都市中央市場からスグの場所、梅小路京都西駅からも徒歩数分のところにオープンした讃岐うどん店「うどん塩釜製麺所」

以前は餃子屋さん、そのあとは天ぷら屋さんがあった場所です。

じつは、木屋町などで立ち飲み屋などを運営する会社の新展開です。
 (225103)

店舗前には気になるポップが。
出汁、麺、そしてカレー。
 (225101)

店内へ。出汁のやさしい香りが店内を包みます。
客席は以前の半分くらいのスペースに。
カウンターとテーブル席があります。
 (225102)

うどん屋さんではほぼ見る事のない、本格スパイスの数々。ほぼカレー屋さんの佇まい。
 (225109)

メニューはこちら。
定番のぶっかけやざるなど。
トッピングは、定番の天ぷらや牛煮込み系、コロッケやチキンカツなど、豊富なラインナップ。
 (225110)

お店こだわりのスパイスカレーうどん。出汁をベースにしながらも、独自配合のスパイスを使ったこだわりの一杯。

最近ではメジャーになった釜玉うどんも。

こだわりのスパイスカレーうどん!

 (225104)

今回はお店こだわりのスパイスカレーうどん。
辛さは選ぶことができ、中辛に。
ごはんもセットになっており、どんぶりの上には多彩なトッピングも。こんなにスパイスカレーのようなカレーうどんは、見たことありません。
 (225193)

牛すじやたまねぎ、ねぎ、海老せん、黄身、タルタルなど。
スパイシーな香りが広がります。
お出汁をベースに、小麦粉などはつかわず10種以上のスパイスを独自配合してつくっているそうです。
 (225106)

打ち立て、切りたて、茹でたてをコンセプトにされた手打ちの麺。
角がたっていて食感しっかりめ、もっちり感あり。美味しいですね、好みの味と食感でした。
 (225107)

とろとろの牛すじもカレーとよくあいます。
 (225108)

途中、黄身を崩してまろやかに。
中辛でも結構な辛さで、汗かきました。

辛さが得意じゃない方は通常の辛さからはじめてみてください。

駅やホテルができて盛り上がりつつ梅小路、美味しい讃岐うどんが食べたいなってとき、ぜひ寄ってみてください。

店舗情報

店名:うどん塩釜製麺所
住所:京都市下京区朱雀北ノ口町43-2
電話番号:075-874-3092
営業時間:11:45~15:00 / 17:00~20:00
定休日:不定休
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事