2017年11月1日 更新

京都有数の人気店!センスが光るコスパ抜群の海鮮居酒屋「春夏秋冬ざこや」【登録制】

烏丸御池から徒歩圏内、京都でも有数の人気を誇る海鮮居酒屋「春夏秋冬ざこや」で、センスの光るお料理を堪能してきました!登録制ですが、ぜひ登録をして伺ってほしいお店です。

勢いのある海鮮居酒屋「雑魚やグループ」

 (91970)

烏丸御池エリアで抜群の人気を誇る、雑魚やグループ。本店とは違いこちらの「春夏秋冬ざこや」は、登録制の店舗になり、洋のエッセンスが効いた海鮮系のお料理が頂けると人気の海鮮居酒屋です。
場所は三条東洞院の雑居ビルの2階あります。
 (91971)

階段をのぼり店舗の玄関はこちら。シックな外観です。
夜の食事は登録制なので、六角にある本店の雑魚やに一度伺って、登録を済ませてから伺ってください。
 (91972)

登録制ですが予約が埋まっていることも多数なので、
あらかじめ予約をされた上、お伺いすることをオススメします。

店内はスタイリッシュでコの字のカウンター席のみ。マックス12席です。

アラカルトもありますが、今回は10皿4000円のコースで予約して伺いました。
お料理などは、季節やその日の仕入状況によって変わるますが、参考にしてください。

センスが光るお料理

 (91988)

スタートは赤ピーマンのソースに、豆腐のエスプーマ仕立てをワイングラスに盛ったオシャレな一品。ムースのようなエスプーマ状になっているので、豆腐がよりまろやかになり、赤ピーマンの甘味とよく合います。
 (91986)

夏野菜のゼリー寄せ。
トマトの酸味と甘味が光る夏を感じる一品です。食欲が湧いてきます。
 (91975)

沖しじみのシャンパン蒸し。
酒蒸しではなく、シャンパン蒸しなので、とても上品な味わいと風味。
沖しじみも粒が大きくて、食べ応えあり!
 (91976)

すっきりと美味しい海藻の酢のもの。
 (91985)

しらすの茶碗蒸しにはブルーチーズがのっています。
まろやかな茶碗蒸しにはしらすの旨味がたっぷり。ブルーチーズのコクがアクセントになり、これは美味しい新発見です。
 (91987)

造り盛りは、大羽いわし、金目鯛、のどぐろ、甘えび。
特筆すべぎは、脂ノリノリののどぐろと大羽いわし。白身魚の王様と呼ばれるのどぐろはさすがの美味しさ、皮目は炙っており食感もナイスです。
 (91978)

トロ鱧カツ。ソースと塩で食べ比べです。
揚げたてサクサクで、鱧はふっくら。お酒がすすむ京都の夏を感じる一品です。
 (91989)

キッチンを見ると、また変わったことをされています(笑)
新鮮で厳選した食材を様々な調理方法で食べさせてくれて楽しいですね。
 (91980)

ふっくらと焼きあげられた朝〆うなぎ蒲焼きに、たっぷりと削ったチーズを。
これがまた美味しく、うなぎの脂にチーズのコクがよく合います。
赤ワインがよく合いました。
 (91981)

芋豚のしゃぶしゃぶ風。
お出汁が美味しいのはもちろんですが、この芋豚の甘さにはびっくりしました。
 (91982)

一面、とうもろこしで埋まったご飯は〆に。
 (91983)

とうもこしの食感と甘味が〆にぴったり。
ごはんも優しい味わいで。いっぱい食べたのに、おかわりもできちゃうくらい箸がすすみます。
 (91984)

最後のデザートは桃のブリュレ。表面のキャラメリゼもさすがです。
桃の風味が効いたブリュレは新感覚、言うまでもなく美味しいデザートでした。

これだけのお料理が4000円なんですから、コスパ良すぎでしょう。
内容も素材にこだわった造り盛りのような直球から、ブルーチーズをのせた茶碗蒸しのような変化球まで、直球・変化球・緩急織り交ぜたお料理で、さながら名投手のようなお店です(笑)

さすが勢いのある雑魚やグループでした。ぜひ登録して寄ってみてほしい居酒屋さんです。

春夏秋冬ざこや クチコミ情報

春夏秋冬ざこや 店舗情報

店名:春夏秋冬ざこや
住所:京都市中京区東洞院三条下ル三文字町200ミックナカムラ2F
営業時間:17:00~24:00(23:00LO)
定休日:日曜日
関連ページ: http://www.zacoya.com/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし