2016年12月24日 更新

京都祗園のランドマーク洋食店!驚愕の神コスパ!!繁華街の歴史とともに歩む創業100年の老舗「レストラン菊水」

ちょうど今年で創業100年。京都で一番華やかな界隈で、歴史の生き証人のように街の移り変わりを見続けながら営業。そして、昔も今も変わらぬ人気。

四条鴨川沿いのランドマーク店

 (66712)

いつもそんなに建物を見上げながら通らないんでなんですが、改めてみると歴史を感じる古い建物。大正5年(1916年)創業。外観はアール・デコ、スパニッシュの、当時としては最先端の建築様式。
 (66713)

お店にも当時の写真が飾られています。
 (66732)

昔は市電が走ってたんやなぁ~とか、四条大橋もえらい変わったんなやぁ~とか、いろんなことを思わせられます。そして、ずっと変わらずここで営業されてることに、ちょっと感動するというか。

この好立地な場所でどれも破格メニュー

 (66714)

普段、南座で観劇した時に幕間弁当を注文して配達してもらったり、記憶にないくらい昔喫茶利用はありますが。ちゃんとお店で食事とか初めてくらいかも(笑)あまりにも、そこにあるのが当たり前みたいなお店なんで。
 (66715)

通し営業で、しかもいろいろとランチメニューやら軽食やらディナーやら。いろんな時間帯に合わせてメニュー展開。しかも、ちょっと驚くほど安い。こんな絶好の立地場所で。
 (66716)

食品サンプルが店先に。日替わりランチあり。
 (66717)

こんなサービス定食も。「定食」て名付けてしまう気取らなさもいいですね。

レトロな落ち着いた雰囲気ながら盛況の店内

 (66719)

店内もちょっとレトロな雰囲気。そして、ぎわってます。こちらは2階もあって、本格的なコース料理は2階。今回はお手軽なランチなんで喫茶も兼ねてる1階で。

夏場は屋上ビアガーデンもやってて、けっこう割安で楽しめます。
 (66718)

厨房には熟練コックさん2人。
 (66720)

で、今回はいろいろメニュー迷いましたが、ハイカラグリルスペシャルセット1200円(税込)を注文。そしてこれはランチだけでなく、終日楽しめるセットメニュー。パンとライスをチョイスでき、パンで。ちゃんと本物のバターがつきました。マーガリン混ざってるとかじゃなく。懐かしい感じの洋食屋的、セッティング。
 (66721)

そう、今年記念すべき創業100周年。
 (66724)

で、ハイカラグリルスペシャル。これはテーブルが華やぐビジュアル。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都宮川町】明治創業の京都老舗洋食☆芸舞妓さん御用達の名物フクヤライスは必食「グリル富久屋」

【京都宮川町】明治創業の京都老舗洋食☆芸舞妓さん御用達の名物フクヤライスは必食「グリル富久屋」

京都五花街の一つ宮川町にある明治40年創業の老舗洋食店。場所柄、芸舞妓や歌舞伎役者にも人気のお店。今回はランチ時にこちらの名物メニュー・フクヤライスを食べに行ってきました。
【京都ランチめぐり】京都最古の花街の歌舞練場内サロン!芸舞妓さん御用達の正統派洋食メニュー☆「茶ろん上七軒」

【京都ランチめぐり】京都最古の花街の歌舞練場内サロン!芸舞妓さん御用達の正統派洋食メニュー☆「茶ろん上七軒」

北野天満宮の東にある上七軒。京都最古の花街して知られる場所。春は芸舞妓の舞い「北野をどり」や夏のビアガーデンが楽しめる上七軒歌舞練場内にあるレストラン。穴場的ランチをいただきました。
【京都カフェめぐり】京都祗園のランドマーク店!繁華街の歴史とともに歩む創業100年の老舗「レストラン菊水」

【京都カフェめぐり】京都祗園のランドマーク店!繁華街の歴史とともに歩む創業100年の老舗「レストラン菊水」

創業100年の老舗。京都で一番華やかな界隈で、歴史の生き証人のように街の移り変わりを見続けながら営業するレストラン。食事はもちろんのこと、夏はビアガーデンも実施。今回は喫茶利用でお邪魔しました。
【京都ナイトの遊び方】ちょい悪オヤジの大人の祇園めぐり!待ち合わせ場所もスマートに☆創業100年老舗「レストラン菊水」

【京都ナイトの遊び方】ちょい悪オヤジの大人の祇園めぐり!待ち合わせ場所もスマートに☆創業100年老舗「レストラン菊水」

新シリーズ始まりました(笑)京都随一の夜の遊び場・祇園界隈。せっかくの祇園も遊び方を知らなければ、豚に真珠(笑)そこで、親子3代に渡り祇園や五花街を遊び場としてきた、通称『花街のドン』とご一緒させてもらい、夜の祇園案内をしていただきました。
明治15年創業の京都最強の老舗名店のおでん種を全制覇!夏仕様のおでんも☆「蛸長」【祗園四条】

明治15年創業の京都最強の老舗名店のおでん種を全制覇!夏仕様のおでんも☆「蛸長」【祗園四条】

東京からの友人が遊びに来て、京都ならではなお店がいいだろう、と。以前も紹介した老舗のおでん専門店に再訪問。夏におでん?いえいえ、夏だからこそのおでん種もあるんです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな