2018年11月20日 更新

【京都祇園】新開場南座観劇の醍醐味!創業100年の老舗レストランの洋食幕間弁当☆「レストラン菊水」

先日新開場を果たした祇園のランドマークである京都南座。その観劇中の幕間弁当として、創業100年の老舗洋食の味が楽しめます。吉例顔見世興行のお供に頂いてきました。

出来立てを南座まで届けてくれる洋食幕間弁当

 (138742)

先日新開場を果たし、11月から吉例顔見世興行も始まり以前にも増して活気づく京都南座。この日、私も観劇しようとこちらへ。
 (138848)

その観劇中の食事に、と向かいにあるこちらへ。

創業100年の歴史を持つ、老舗レストラン。歴史を感じる古い建物。大正5年(1916年)創業。外観はアール・デコ、スパニッシュの、当時としては最先端の建築様式。目を惹く外観で、こちらも祇園のランドマーク店。
 (138703)

店前には、創業当初の白黒写真と共に、メニューサンプルが飾られています。喫茶、レストラン、さらに夏のビアガーデンなど、朝から晩まで通し営業で、待ち合わせ場所にしたり食事をしたりと、いろいろなシーンで幅広く利用される有名スポット。
 (138704)

好立地なロケーションで、コスパのいいランチも楽しめ、いつも人気のお店。
 (138705)

この日は観劇中の合間の食事を、こちらのお弁当を利用しようとやってきました。観劇前にこちらで予約。
 (138706)

今回はハイカラ洋食弁当東山2800円を注文。お茶付。お店で先払いし、引換券をもらいます。そして、観劇中の休憩時間に1階ロビーで引き渡し。配達してくれます。
 (138708)

今回は第1幕と2幕の間の休憩15分の間に届けてくれました。そして、第2幕と3幕の間の休憩30分を利用して食事することに。そのまま劇場内でお弁当を広げて食べます。

人によってコンビニおにぎりだったり、他で購入したものを持ち込んだり。南座内で販売されてるお弁当を利用される方も。とにかく、公演時間が長丁場なので、皆腹ごしらえするためのものを用意されてます。
 (138709)

私はわりとこちらを利用することが多いのですが。ハイカラ洋食弁当。配達してくれる幕間弁当って和食弁当が多い中、洋食ってちょっといいなぁ~と。

 (138710)

こちらではこんな容器に入っています。紙風呂敷がちょうどひざ掛けにもなり、服を汚す心配なく便利。
 (138711)

で、オープン。出来立てなので、まだほの温かいです。豪華にいろいろ入っててテンション上がります(笑)

ビーフシチュー、牛ロースステーキ、雲丹ムース、ロブスターフライ、蟹爪カクテル、魚ピカタ、ホタテとナスのチーズ焼き、玉子スタッフ、スモークサーモン付サラダ、ライス、フルーツとかなり盛りだくさん。
 (138712)

タルタルソース付ロブスターや蟹爪カクテル。んー呑みたくなる(笑)
 (138713)

スモークサーモンとポテトサラダ。
 (138714)

柔らかい牛ロースステーキ。その隣にビーフシチューの肉がゴロンと。塊肉を食べる満足感。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ナイトの遊び方】ちょい悪オヤジの大人の祇園めぐり!待ち合わせ場所もスマートに☆創業100年老舗「レストラン菊水」

【京都ナイトの遊び方】ちょい悪オヤジの大人の祇園めぐり!待ち合わせ場所もスマートに☆創業100年老舗「レストラン菊水」

新シリーズ始まりました(笑)京都随一の夜の遊び場・祇園界隈。せっかくの祇園も遊び方を知らなければ、豚に真珠(笑)そこで、親子3代に渡り祇園や五花街を遊び場としてきた、通称『花街のドン』とご一緒させてもらい、夜の祇園案内をしていただきました。
【京都カフェめぐり】京都祗園のランドマーク店!繁華街の歴史とともに歩む創業100年の老舗「レストラン菊水」

【京都カフェめぐり】京都祗園のランドマーク店!繁華街の歴史とともに歩む創業100年の老舗「レストラン菊水」

創業100年の老舗。京都で一番華やかな界隈で、歴史の生き証人のように街の移り変わりを見続けながら営業するレストラン。食事はもちろんのこと、夏はビアガーデンも実施。今回は喫茶利用でお邪魔しました。
京都祗園のランドマーク洋食店!驚愕の神コスパ!!繁華街の歴史とともに歩む創業100年の老舗「レストラン菊水」

京都祗園のランドマーク洋食店!驚愕の神コスパ!!繁華街の歴史とともに歩む創業100年の老舗「レストラン菊水」

ちょうど今年で創業100年。京都で一番華やかな界隈で、歴史の生き証人のように街の移り変わりを見続けながら営業。そして、昔も今も変わらぬ人気。
【京都祇園ランドマーク】やっと帰ってくる!新開場カウントダウンも始まった!!絶賛準備中「京都四条南座」

【京都祇園ランドマーク】やっと帰ってくる!新開場カウントダウンも始まった!!絶賛準備中「京都四条南座」

耐震工事のため、長らく休場していた京都南座。11月の吉例顔見世興行を皮切りに、生まれ変わった南座が登場。
【京都南座】新開場を徹底解剖!高麗屋三代襲名披露『吉例顔見世興行』に行ってきた☆

【京都南座】新開場を徹底解剖!高麗屋三代襲名披露『吉例顔見世興行』に行ってきた☆

耐震工事のため、長らく休場していた京都南座。11月から始まったの吉例顔見世興行は絶賛公演中。その様子を徹底解剖。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな