2016年4月24日 更新

塊肉ブームのパイオニア。肉好きのための隠れ家的バル!「le 14e (ル キャトーズィエム)」@河原町丸太町

肉ビストロとでもいうべき小さなお店で、前菜数種、それに見事な塊肉のステーキがメイン。河原町丸太町の「ル キャトーズィエム」

さぁ今日は肉を食っちゃうぞと、気合い入りまくりでお店に。本当にそれだけを食べにくるお店だ。
 (30659)

お店は河原町丸太町交差点の南西側ビルの2F。1Fがタコ焼き屋さんなので直ぐに解る。

非常にコンパクトなお店で、2人掛けテーブル席が3、壁に向いたカウンター席が4。鏡を張り付けて広く見えるようにしているが、ま、かなり窮屈な部類。当然のように満席で、店内は旨いものを食うぞ!という気配が満ち満ちている感じ。こういう雰囲気、大好きです。
 (30660)

テーブルに置いてくれていた本日のメニューを確認。前菜が6種類、あとは鹿児島、それに近江産のステーキのみという潔すぎるメニュー編成。数か所のblogで気になっていた「ブラータ」というダイナミックなチーズ料理、それとステーキをお願いすることに。
 (30661)

ココにあるビールは箕面ビールのバイツェン小瓶だけらしいのでお願いしてみた。穀物感の残る、ほんわり甘苦いコクありまくりなお味。あー、これは肉と合わせたら素敵に旨いなぁ、と思ったのだが、旨かったので一瞬で飲んでしまいました。(汗)

チーズ好き歓喜の一品

 (30662)

一品目のブラータとフレッシュトマト。
ブラータとはモッツアレラチーズの巨大団子の中に、クリームと合わせたモッツアレラチーズを包み込んであるもので、それを崩しながら濃厚なトマト、それにぱりっとしたキュウリと合わせて頂く一品。

たっぷりめのオリーブオイルに黒胡椒、それにわずかなビネガーだけ、みたいなシンプルなお料理だが、チーズ好きなら随喜の涙。大葉が良いアクセント。
 (30663)

この料理を更に美味しくしているのが、料理店への卸専門、吉田工房のパン。ライ麦が入ったカンパーニュで、熟したトマトとチーズを合わせると、ま、これだけで素敵な一品になりますな。。
 (30664)

選んでもらった赤ワイン。11度しかない葡萄感が残る若々しいものだが、甘味は控えめで、これも肉と合わせてガツガツ行くには良いチョイスですな。旨いっす!このお店のキャラにベストマッチな感じ。

揚げ焼きステーキの登場

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都|野菜への愛が溢れる京町屋フレンチ「Restaurant 青いけ」

京都|野菜への愛が溢れる京町屋フレンチ「Restaurant 青いけ」

御所南にたたずむ京フレンチ「Restaurant 青いけ」、オーナーシェフからお野菜への愛が溢れるディナーを頂いてきました。
京都・御所南に佇む蕎麦の名店「手打ちそば 花もも」ミシュラン掲載店

京都・御所南に佇む蕎麦の名店「手打ちそば 花もも」ミシュラン掲載店

京都の中心地、御所南に店舗を構える蕎麦の名店「手打ちそば 花もも」、ミシュランビグルマンをはじめ、これまで数々のメディアや雑誌でも紹介されている人気店です。
台湾の方も通う!台湾の本格屋台料理を河原町で「 微風台南(びふうたいなん)」

台湾の方も通う!台湾の本格屋台料理を河原町で「 微風台南(びふうたいなん)」

河原町丸太町の交差点を少し上に、本場の台湾料理の「微風台南(びふうたいなん)」
厳選された近江牛を使ったワンコイン柳川丼!神宮丸太町の「鴨川たかし」

厳選された近江牛を使ったワンコイン柳川丼!神宮丸太町の「鴨川たかし」

今回は近江牛専門店「鴨川たかし」のご紹介を。ワンコイン柳川丼、ランチのコース、ディナーと三部作でお届けします。 一言、感想をお伝えすると「ぜんぶ おいしい」です(笑)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。