2019年9月18日 更新

京都|野菜への愛が溢れる京町屋フレンチ「Restaurant 青いけ」

御所南にたたずむ京フレンチ「Restaurant 青いけ」、オーナーシェフからお野菜への愛が溢れるディナーを頂いてきました。

御所南の京フレンチ

 (128997)

御所南にたたずむ上品な京町屋。おもてに目立つ看板もないので、一見民家のようにも見えますが、実は評判のフランス料理店。
最寄り駅は地下鉄丸太町駅で徒歩5分、静かなエリアです。
 (128998)

お店の名前は「Restaurant 青いけ」
オーナーシェフの青池さんは、京都ホテルで修行をはじめ、いくつかのフランス料理店の立ち上げを行った後、満を持してこの場所に「Restaurant 青いけ」をオープン。
そして、ミシュランの星付き獲得されました。フランスからスタートしたミシュランも認めるその実力はお墨付き。
 (129122)

1階はキッチンとカウンター席、2階には12名のテーブル席。
ただ、やっぱりシェフの所作が楽しめるカウンター席がオススメです。

メニューはコース仕立てのみ。
ランチは3800円と5600円、ディナーは6500円、9000円、12000円。
予約してから伺ってくださいね。

※税別
 (129123)

まずはビールで。今回はディナー9000円のコースをお願いしました。
ビールのグラスのオシャレさに少し驚きましたが、奥のワインセラーがまたステキ。
ワインボトルが見えやすいように少し角度をつけ、またサイズをあわせるためにワインセラーもオーダーメイド。いやーかっこいい。
 (129124)

アミューズは、トマトのムース。
真っ白なのでビジュアルからはトマトと認識できないのですが、味は確かにトマトなんです。
少し奇をてらって感じですが、美味しい。。野菜を知り尽くしているからこその技。
スタートからびっくりさせられました。

また、このイタリアのモレッティのお皿がかわいくて。
大半の女性は好きな感じではないでしょうか。
 (129125)

オードブルは初鰹のサラダ仕立て。
野菜をふんだんに使い、素材の旨味を全面にだした青池さんのスペシャリテ。

コースを通して60種類ほどの野菜を使われていますが、この点からも青池さんのお野菜への愛を伺いしることができます。
 (129126)

パンも間違いない美味しさ。
 (129127)

ホットオードブは、減圧調理した鱧のフリットを賀茂茄子のピュレで。
もともとフワフワした食感の鱧ですが、減圧調理された鱧はびっくりするほどふわふわでした。
茄子もピュレも名脇役の活躍。
 (129128)

スープはゴールドラッシュの冷製スープ。
ゴールドラッシュとはトウモコシの銘柄のひとつで、これが驚くほど甘いんです。
アクセントにコーヒーの苦味を。
 (129129)

魚料理は、穴子のマトロートと手長海老のロースト。
マトロートは赤ワイン煮込みのような調理法で、穴子がふっくらと、ぷりっとした食感の手長海老。
いくらでも食べられます(笑)
 (129130)

魚料理の2皿目は明石鯛の低温調理とズッキーニのデクリネゾン。
シンプルな味のしっとりとした鯛にズッキーニをはじめとした野菜の味がのって美味。
 (129132)

お肉料理は、京都牛イチボと子羊のグリエ。
京都牛は安定した美味しさなのですが、特筆すべきはこの子羊。
ラム特有のくさみみたいなものは一切なし、逆にミルキーな味わいでとても柔らかい歯ごたえ。
いやー美味しかった。おかわりしたいくらいでした。
 (129133)

ココナッツのブランマンジェ、桃のスープ
 (129134)

マルキーズショコラとバナナのアイス

デザートも2種、最後の最後まで美味しく。
 (129162)

カフェを頂いて、充実のディナー終了です。
 (129135)

お料理はもちろんのこと、お皿や設えなど、
随所に細かいとこにこだわりを感じることのできるフレンチレストランです。

野菜への愛を存分に感じる、まさに京フレンチ。
ディナーも6500円からと、フレンチではそうはないリーズナブルな価格設定も魅力的です。
ぜひ、一度は足を運んでほしい、じっくりと楽しめる御所南のフレンチでした。

Restaurant 青いけ クチコミでの評判

Restaurant 青いけ 店舗情報

店名:Restaurant 青いけ
住所:京都市中京区竹屋町通高倉西入塀之内町631
電話番号:075-204-3970
営業時間:12:00~13:30(L.O) / 18:00~21:00(L.O)
定休日:月曜日
関連ページ:http://aoike-kyoto.com

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし