2016年10月19日 更新

堀川竹屋町*スタイリッシュでクールなデザイナーズカフェ「SONGBIRD COFFEE(ソングバードコーヒー)」【二条】

シンプルな外見からは何かわからない…一歩中に足を踏み入れば、そこに広がるのはスタイリッシュで洗練されたオシャレ空間。堀川沿いに佇むこちら、皆様ご存知でしょうか。

SONGBIRD DESIGN STORE.

 (9500)

 (9501)

デザイナーである徳田正樹さんが手掛ける「SONGBIRD DESIGN STORE」。一見コンクリートの無機質な3階建ての建物ですが…
 (9503)

3階はオフィスとファニチャーの展示があり、2階のカフェでそのファニチャーが使われるなどトータルコーディネートされています。
 (9505)

 (9506)

 (9507)

こちらは2階の「SONGBIRD COFFEE」。奥に写っているのがデザイナーであり店主の徳田さんで、奥様とともにこうして時々スタッフとしてもおられるのですが、この徳田さん、過去に烏丸二条の「IREMONYA DESIGN LABO」でデザイナーをしておられ、かの有名なにこにこちゃんのファイバーボックスの生みの親。
2009年、独立を機に立ち上げられたのがこのSONGBIRD COFFEEで、今ではカフェ好きの間ですっかり定番になりました。
 (9509)

SONGBIRD COFFEE

 (9511)

 (9513)

デザイナーさんならではのセンスが光る店内。シンプルですがオシャレで洗練されていて、どこを切り取っても絵になる空間づくりはさすがのひと言。
窓から見える堀川の景色がある意味京都らしくてほっこりしながら、座り心地抜群なソファーに身を任せるとまるで時間が止まったよう。のんびりゆったりくつろげます。
自然だけど、おそらくすべてが計算されつくしたレイアウトやロケーションに思わずため息が出ます。
 (9515)

こだわり感じるメニューの数々

 (9517)

 (9518)

空間だけではなく、メニューにも並々ならぬこだわりが。
コーヒーはそれぞれ異なった煎り方のものを4種用意されており、好みで選ぶ事が可能。何気にマニアックなラインナップなところにもそそられます。
 (9520)

フードの名物は、店名を模した「鳥の巣」カレーと、喫茶マドラグを思い起こさせるふわふわのたまごのサンドイッチ。
鳥の巣に見立てられたこのカレー、フライドオニオンで巣を表現し上にはたまごが!このたまごが半熟とろとろで、崩すと画像のように黄身が溢れ出てビジュアル的にも盛り上がる一品。はじめ甘めの優しい口当たりですが、次第に辛さがやってくる奥深さがかなりの絶品。半熟たまごのマイルドさもいい感じで生かされています。

たまごサンドもふわふわたまご。これでもかというぐらいの厚焼きたまごが挟まっていて、ボリュームたっぷり。バターで味付けされた濃厚な味に、パンは以前紹介したル・プチメックのもので間違いないおいしさ。もちもちでたまごとの相性最高です。付け合せの人参ラペもフルーティーでおいしく、すべてがハイクオリティーで感動。

魅力的なイベントもたくさん

 (9523)

このようにカフェそのもののクオリティーが高いのですが、ライブや素敵ショップとコラボされたりと、イベントにも積極的に行われています。
今までも3階でいろんなイベントをしてこられましたが、この秋より物販用の”小屋”を使い「Songbird Branch Instore」と題したイベントが行われています。

展示+物販といった基本形態から、ギャラリー+ミュージアムショップだったり、飲食の屋台的なものなど。カフェとの連動もあるそうで、SONGBIRD COFFEEのファンはもちろんそのショップのファンの方も新たな魅力を感じられる事でしょうね。

茶屋「青洋」

 (9526)

 (9527)

先日ご紹介した和菓子店 青洋さんのイベントもこの一環で、今回はまさにSONGBIRD COFFEEとの連携で、ここでしか味わえないコラボ和菓子を提供されていました。
 (9529)

青洋さん自家製のこしあんと粒あんがたっぷり混ぜ込まれた小豆アイスクリームと三色団子をいただきましたが、アイスは贅沢なまでにたっぷりな小豆ですが優しい甘みでしたし、三色団子はそれぞれ生地も食感も違うもので、どちらも大変おいしくいただきました。さすが青洋さん、丁寧な手仕事に感動。そしてコーヒーに合うものをというコンセプトで用意されていたので、和菓子とコーヒーがこんなに合うなんて!という新しい発見もあり。
実際SONGBIRD COFFEEのおいしいコーヒーとともに味わえましたので(この時は六曜社をチョイス)、どちらの良さも堪能できてよかったです。
 (9531)

そして青洋さんといろいろお話できたのも楽しかった。違う店舗でというのがまた新鮮でしたし、どれもオシャレで馴染んでいたのがとても素敵でした。

こうしてイベント目当てで訪れるもよし、純粋にカフェを楽しむもよし、ファニチャーやグッズを眺めるもよし…自分スタイルで「SONGBIRD COFFEE」の良さをじっくり楽しんでみてはいかがでしょうか。

SONGBIRD COFFEE への口コミ

SONGBIRD COFFEE 基本情報

住所
京都市中京区竹屋町通堀川東入西竹屋町529 SONGBIRD DESIGN STORE. 2F
電話番号
075-252-2781
営業時間
月・火…12:00~20:00(L.O.19:00)
金・土・日…12:00~24:00(L.O.23:00)
定休日
水・木曜日
関連URL
http://www.songbird-design.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス