2019年4月27日 更新

【聖地巡礼】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《前編》

文豪・谷崎潤一郎の長編小説「細雪」は、大阪の旧家を舞台に四姉妹の生活を綴った長編小説で、谷崎潤一郎の代表作とも言われています。「細雪」では京都への花見のシーンが美しく綴られており、読む者を惹きつけます。 今回、筆ペン画家・最先端星人が「細雪」の京都のお花見エリアを聖地巡礼してきました。 いつもより長い記事ではありますが、最後までお付き合いのほどお願いします。

谷崎潤一郎の小説【細雪】と京都の桜

谷崎潤一郎といえば「痴人の愛」や「刺青」「春琴抄」など数多くの傑作を遺した、日本を代表する小説家の一人。

長編小説「細雪」も代表作の一つで、大阪の旧家・牧岡家の四姉妹の悲喜こもごもな生活を描き、三女・雪子(きあんちゃん)のお見合い話を主軸に物語は流れる。

通常、小説を読まない昭和天皇が最後まで読了したと言われている作品でもある。
海外でも谷崎作品は評価が高く、「細雪」は「ザ・マキオカ・シスターズ」という、美しい日本語題名を無視した英題で人気だ。
 (150871)

「細雪」の中で印象的なシーンの一つに、京都でのお花見が上げられると思う。

物語の中でマキオカ姉妹は、桜の季節が来るのを毎年楽しみにしており、必ず京都の桜を見に行っている。
京都へ花見に訪れるシーンが綴られているが、読んでいるとその美しい情景が目に浮かび、まるで自分も一緒に花見をしているような気分になる。

今回、筆ペン画家・最先端星人が、4月上旬の桜の季節にマキオカ姉妹が訪れた京都を、物語と同じ流れで歩いてきました。

広沢池から始まり、大沢池、大覚寺、清凉寺、法輪寺、竹林の小径などを経て、平安神宮の神苑まで行ってきました。
そのため今回の記事は、長編小説「細雪」と同じく長編となり、「前編」・「後編」に分けてレポートします。

桜の季節は終わりましたが、ぜひ「細雪」のマキオカ姉妹と共にお花見をしたイメージで、記事をお読みいただけると嬉しいです。
 (150880)

 (150885)

物語では、次女・幸子、幸子の婿養子の貞之助、小学生になる娘の悦子、三女・雪子、四女・妙子の5人で京都へ訪れている。

さあ、一緒に花見を始めましょう。

広沢池の桜

 (150899)

マキオカ御一行は、花見をまず広沢池から始める。

広沢池(ひろさわのいけ)は、嵯峨野エリアにある月見の名所として有名な人工池で、遍照寺の創建に伴って作られたと言われている。
広沢池の南堤周辺に桜が咲いており、嵯峨の山々と池を背景にして花見を楽しめる。
 (150900)

マキオカ御一行は、池のほとりにある水面に枝をさしかけた一本の桜の樹の下で、遍照寺山を背景に写真を撮っている。

幸子の婿養子の貞之助が、幸子・悦子・雪子・妙子の順に並んだ姿を持参したライカに収めている。
 (150901)


マキオカ御一行には、この広沢池で一つの想い出がある。

ある年の春にこの池のほとりにいると、写真機を持った見知らぬ紳士が「ぜひ写真を撮らせてください」と懇願して、数枚写真を撮ってもらった。
紳士は後日、その時の写真を送ってくれたのだが、その中の一枚に幸子と悦子が水面に見入っている後姿の写真があった。

その写真がとても素敵な仕上がりだったので、それから毎年この池のほとりで水面を見つめ、写真に収めることも忘れずにするというシーンがある。
 (150903)

 (150904)

広沢池の道路沿いに、大きな椿の樹がある。
この椿も「細雪」の中に登場する。

幸子はこの深紅の椿のある場所を覚えていて、毎年必ずこの垣根に立ち寄ることを忘れない。
 (150905)

 (150906)

とても見事な椿の樹で、目が覚めるような色をした椿が咲いている。
樹齢約300年にもなるそうだ。

ぜひ広沢池に訪れた際には、この椿の樹も見にいくことをオススメしたい。
 (150907)

 (150908)

61 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都の桜】見頃を迎えた「嵐山」の桜!渡月橋と桜の景色がお見事!

【京都の桜】見頃を迎えた「嵐山」の桜!渡月橋と桜の景色がお見事!

日本有数の観光地、嵐山。もちろん嵐山の桜も美しく多くの観光客が訪れています。満開の桜をお届けします!
【平安神宮】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《後編》

【平安神宮】文豪、谷崎潤一郎の「細雪」でマキオカ姉妹が愛した京都の桜スポットを行く《後編》

日本を代表する文豪の一人、谷崎潤一郎の傑作長編小説【細雪】。物語の中の京都でのお花見のシーンが有名です。 前回に引き続き、筆ペン画家・最先端星人が、マキオカ姉妹が歩いた京都の桜スポットをレポートします。
とっておきの京都の桜「高雄編②」名所から穴場、地元グルメまで

とっておきの京都の桜「高雄編②」名所から穴場、地元グルメまで

桜の見頃をむかえ、観光トップシーズンの京都。市内全体がにぎわいますが、市内中心部や人気観光地は混雑しすぎるという声も聞かれます。そこで今年は人ごみを避けて、伏見、大原、高雄、山科、西京、京北の、市内周辺部へでかけてみませんか?比較的ゆったり花見ができる「とっておき」のおすすめスポットをご紹介します。
サクラ満開の「京都 嵐山」を大満喫!一度は訪れたい日本有数の観光地

サクラ満開の「京都 嵐山」を大満喫!一度は訪れたい日本有数の観光地

日本有数の観光地、京都嵐山。桜満開の嵐山をたっぷりお届けします。
世界中が魅了される京都随一の観光地「嵐山」必ず訪れたい癒しスポット7選!

世界中が魅了される京都随一の観光地「嵐山」必ず訪れたい癒しスポット7選!

嵐山といえば、京都の中でも特に多くの人々が訪れる観光地。そんな嵐山の、定番だからこそ外せないスポット7選をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

最先端星人(筆ペン画家) 最先端星人(筆ペン画家)