2016年12月22日 更新

日本料理とワインのマリアージュを!四条大宮のほっこり居酒屋割烹「壬生あおば」

四条大宮から徒歩圏内、ほっこり居酒屋割烹「壬生あおば」で良き夕食を。

四条大宮の居酒屋割烹

 (63955)

やってきました壬生あおば。女性のご店主兼板前さんとアルバイトと思しきお姉さんの2人体制のほっこり居酒屋割烹なのだ。カウンター8席、小上がり8席のこじんまり店。
 (63956)

メニューの一部。こういう感じで、小皿の美味しい正統派和食アテでお酒がぐいぐい進むという趣向。
 (63957)

とりあえず、焼酎お湯割りをお願いし、突き出し(非常に濃い豆腐、ゲソのつけ焼きに鶏西京味噌焼、かな。)を突っつきながら、カウンターの前に並んでいるブツが超!気になる(というか、それ目当てで来ました)のだが、まずは魚を食べようということに。
 (63958)

てっさは¥1600なり。いや、期待通りですな。焼酎お湯割りでほっこり~。
 (63959)

牡蠣の柚子味噌焼は¥1200なり。角切りの豆腐を合わせて牡蠣から出たダシを吸わせるのは良い作戦ですなあ。この皿で初めに頼んだ焼酎を開けて、以後は日本料理とワインのマリアージュを楽しむことにするのだ。
 (63960)

カウンター上には、色々なボージョレヌーヴォーがスタンバイ。グラス¥300から¥800までのお手軽ライン。イタリアの新酒もある。昨日までは10種類あったようだがすでに半分消化されており、ごらんの5種類がスタンバっていた。毎年この時期にはこういう催し物をされているようだ。
 (63968)

軽い赤ワインに合いそうなお料理!で、思いついた一皿目は伝介穴子の天ぷらで¥1000なり。いやー鉄板ですな。。
 (63961)

今日は特別にワイン用の前菜盛り合わせもスタンバっているので、お願いした¥1200なり。これも組み合わせがセンスあり、ですな。量は控えめですがしっかり呑める一皿。
 (63962)

仕上げはアツアツのかぶら蒸しで¥950なり。いやはや、使いやすい良きお店ですな。。 
ご馳走様でした、また来ます~。

壬生あおば クチコミ情報

壬生あおば 店舗情報

店名:壬生あおば
住所:京都市中京区壬生御所ノ内町20-2
営業時間:18:00~24:00(L.O.23:30) 
定休日:日曜日
TEL:075-821-1323
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

四条大宮近くの海鮮がうまい地元民御用達の居酒屋さん「いちえんそう」

四条大宮近くの海鮮がうまい地元民御用達の居酒屋さん「いちえんそう」

四条大宮近く、地元民御用達の海鮮居酒屋さん「いちえんそう」なり。評判のふぐ料理をいただいてきました。
【京都西院】飲ん兵衛のツボを押さえた日本酒と料理の品ぞろえ!季節の食材にセンス光る☆「さかぶくろ」

【京都西院】飲ん兵衛のツボを押さえた日本酒と料理の品ぞろえ!季節の食材にセンス光る☆「さかぶくろ」

以前から西院エリアで飲む機会があったら行きたいと思ってたお店。結論から言うと、また行きたい!お酒も料理も飲ん兵衛には大歓喜なラインナップ。
大宮高辻東*待望のランチがスタート!カラダを考えた献立がうれしい「みんなの囲酒屋 むすび食堂」【居酒屋】

大宮高辻東*待望のランチがスタート!カラダを考えた献立がうれしい「みんなの囲酒屋 むすび食堂」【居酒屋】

以前こちらでご紹介した「むすび食堂」。お酒と共に食材にこだわったおばんざいなど、おいしい食事ができると評判ですが、このほどランチを始められたという事で早速訪問してきました。
オムライスは圧巻の美味しさ、昭和の洋食カムバック「昭和の洋食 弥生」【四条大宮】

オムライスは圧巻の美味しさ、昭和の洋食カムバック「昭和の洋食 弥生」【四条大宮】

本年1月に復刻オープンされた昭和の洋食弥生。奇をてらはない安定の味わいのオムライスは、残したいノスタルジックメニューに認定です。
【保存版】京都ディープ酒場『四富会館』の個性派オススメ店!昭和レトロに酔いしれる☆【厳選4店】

【保存版】京都ディープ酒場『四富会館』の個性派オススメ店!昭和レトロに酔いしれる☆【厳選4店】

おおきに~豆はなどす☆京都ディープ酒場としておなじみの四条富小路にある『四富会館』。昭和風情漂う空間に居酒屋が雑居するレトロスペース。その中でも個性派の人気オススメ店を集めました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。