2016年2月5日 更新

岡崎 六方焼き始めました♪ほっとする素朴な甘味処 「六方屋」 【和菓子】

平安神宮へ初詣の帰り、ほっこりお茶タイムということで岡崎通りにある甘味処「六方屋」さんへ。この通りは山元麺蔵さんや岡北さん、小宝さんなど行列の絶えないお店が並んでいますが、どこも休みなのでお正月らしい静かな時間が流れていました。

なんとも素朴な店構えに「だんご」やら「ぜんざい」やら張り紙がたくさん。「六方焼き始めました」って貼ってあるから季節ものなんでしょうか? 先客ありだったので、外のベンチで休憩がてら待つことに。お店を眺めるだけでも癒されます。
 (7916)

六方屋 (ろっぽうや)

 (7918)

 (7919)

 (7920)

大正3年創業。ひょうたんがぶらさがってたり、金魚鉢が置いてあったりと心なごむ店内。3組入ると満席なので、長居する方はあまりおられず入れ替わり立ち替わりのお客さんにも、おじちゃんおばちゃんがせっせとすばやいさばきをされてるのを感心しながらぼーっと眺めてました。人間国宝さん認定証も発見!さすがです笑 

長年変わらぬ味で作り続けている名物六方焼き☆ 

 (7923)

メニューを見るとどれもおいしそうで迷います。。全て600 円とまた安い!
 (7925)

こちらの名物、六方焼きははずせないてことで、おうすセットとぜんざいをチョイス♪
 (7927)

「おうすセット」 六方焼きは粒あんを六面の皮で包んだ和菓子。あんこより、しっかりとした皮に甘みがあり、素朴な見た目ですが食べ応えありました!お抹茶との相性も◎ お土産に六方焼き5ヶセットもありますよ~
 (7929)

 (7930)

「ぜんざい」 杵つきのおもち入りで、蓋を開けると香ばしい匂いが漂ってきました!焼きもちがおいしすぎる~( ´θ`)こちらも甘すぎない上品なお味で大満足☆
 帰り際に、気さくなおばちゃんおじちゃんとたくさんお話して、昔からずっと愛されているお店なんだなぁ~とひしひしと感じました。和菓子セットの飲み物はコーヒーもあり、あんことコーヒーの組み合わせが大好きなので次回はそちらをいただきに行こうと思います♪  ちなみに、気になる張り紙「六方焼始めました」ですが、「他は一年中売っているけど、うちは暑い時期はやらんのや」だそうです~なるほど◎

六方屋のクチコミ

基本情報

名称
六方屋
住所
京都府京都市左京区岡崎南御所町40-17
営業時間
10:00~18:00
定休日
日曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

omikan omikan