2020年1月15日 更新

【閉店】京都を代表する大型書店「ジュンク堂書店 京都店」が2月末閉店へ…

四条通沿いという京都の中心部にある「ジュンク堂書店 京都店」が2月末で閉店すると発表がありました。街の本屋さんがどんどん消えていく中ついに、ですね。

あのジュンク堂書店がついに

 (175242)

1988年に開店し、30年以上京都の中心部で営業を続けてきた「ジュンク堂書店 京都店」。
2020年2月29日に閉店すると発表がありました。
 (175241)

ジュンク堂書店は下記の挨拶をHP上で公開

「誠に勝手ながら、ジュンク堂書店 京都店は2020年2月29日(土)をもって閉店いたします。
1988年に開店以来、大変お引き立て頂きましたが、2020年2月29日をもちまして残念ながら閉店することとなりました。

年々厳しくなる書店事情のなか、皆様方の温かいご支援あって30年以上、この場所で営業を続けることができたこと、深く御礼申し上げます。

閉店後は近隣の丸善 京都本店をご利用くださいますようよろしくお願いいたします。」
 (175243)

4フロアもある大型書店が閉店するとなると、大量の本たちはどこへ行くのやら。
時間があるときは、全フロアをゆっくり散歩したのを思い出します
 (175258)

閉店までのカウントダウンキャンペーンなども開催されるそう。
また系列店の京都バル内にある「丸善京都本店」は引き続き営業するみたいですね。
 (175259)

2月末にジュンク堂書店が閉店したあとは、どんなお店が入るのでしょうか。
もう一回行ってこようかな。

周辺の大型書店をご紹介

丸善京都本店(京都BAL内)

 (175254)

梶井基次郎の小説『檸檬』の舞台となった「丸善」。
三条通麩屋町から河原町通蛸薬師へ移転し、その後2005年に閉店。
そして京都BALのオープンとともに復活した140年を超す老舗書店です。
 (175255)

京都BALの地下1・2階が丸善になっています。
重厚な本棚に、静かな空間。大人な雰囲気ですよね~
 (175257)

地下1階にある、王道の喫茶店を感じる「MARUZENcafe」はメニューも王道。
フラスコが一緒に運ばれてくるサイフォンコーヒーは、読書のお供に最高です。
 (175262)

店名:MARUZEN
電話番号:075-253-1599 (書籍) / 075-708-3408(カフェ)
OPEN 11:00〜21:00
カフェ ラストオーダー 20:30
http://www.maruzenjunkudo.co.jp/maruzen/top.html

大垣書店 烏丸三条店

 (175247)

烏丸通り沿いにあるビルの1階にあるのが「大垣書店 烏丸三条店」です。
資格・検定系の本がたくさん取り揃えられていて、
スキルアップを目指すビジネスマンや大学生で賑わいます。
 (175252)

店名:大垣書店 烏丸三条店
アクセス 地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」6番出口を出て南へ徒歩20m
電 話 075-212-5050
F A X 075-212-5030
営業時間 平日・土曜 9:30〜23:00
日曜・祝日 10:00〜22:00

大垣書店 四条店

 (175312)

マクドナルドの上にある「大垣書店 四条店」はクイックガレージやチケットぴあなどを併設する、マルチな本屋さん。ちょっと時間が空いたときに良い場所ですよね~

店名:大垣書店 四条店
アクセス 地下鉄烏丸線「四条駅」 北改札口 阪急京都線「烏丸駅」
22番出口を出て左隣
電 話 075-253-0111
F A X 075-253-0088
営業時間 平日・土曜 10:00〜23:00
日曜・祝日 10:00〜22:00
(チケットぴあ 11:00~20:00)

大垣書店 京都本店(SUINA室町内)

 (175251)

SUINA室町1階にある「大垣書店 京都本店」では、"旬の京都"をコンセプトにした京都の魅力を発信する書籍が多く取り揃えられています。また経済センターらしく、経済・経営関連の書籍も充実。約1200平方メートルの大規模店舗に、個性豊かな本が並びます。
 (175248)

店名:大垣書店京都本店
アクセス 地下鉄烏丸線「四条駅」北改札口
阪急京都線「烏丸駅」26番出口
電 話 075-746-2211
F A X 075-746-2288
営業時間 10:00〜23:00

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

流憂 流憂