2018年3月18日 更新

【京都モーニングめぐり】創業100年超えの京都老舗ベーカリーの充実モーニングメニュー☆「進々堂 北山店」

京都老舗ベーカリーの筆頭。その北山店の併設レストランのモーニング。朝から人気で行列も。休日の朝にお邪魔しました。

京都老舗ベーカリーのモーニング

 (118541)

地下鉄北山駅からスグ。植物園にも近い場所。
創業100年を超える京都老舗ベーカリーの筆頭『進々堂』の北山店。この日は休日で、駐車場もある利便性の良さからこちらでモーニングをいただくことに。かなり久しぶり。
 (118542)

以前は2階レストランになっていていましたが、今は2階イートイン。1階はスペース半分がパンの売り場、もう半分がレストランといった間取り。そのレストランのモーニング。満席だったんで、少し待ちました。人気です。

そして、いきなりメニュー画像ですが(汗)店内は撮影禁止。購入した商品や注文した料理のみ撮影できますよ、ということで。こちらはちょっとリッチめなモーニング。
 (118543)

モーニングプレート。
いろいろなパターンありますが、トーストは5種からチョイスできるというもの。それにしても、モーニングメニューさすが進々堂だけあって充実してます。
 (118544)

あと、サンド系やら簡単なトーストセットも。

で、今回はモーニングプレート、フライドエッグセット700円で、トーストはコティディアン(田舎パン、ドリンクはコーヒーをチョイス。
 (118545)

そして、登場したフライドエッグセット。
カリカリベーコン、卵2個の目玉焼き、グリーンサラダ、パン2枚にコーヒー。コーヒーはおかわり自由。
 (118548)

バターやジャムも付きます。
 (118546)

いきなりですが(笑)
目玉焼きにナイフを入れて、半熟具合をチェック。トロリと黄身汁が流れ出す理想的な硬さ。
 (118547)

それに田舎パンをつけて食べたり。もちろんバター&ジャムで試してみたり。
わりと近所の方が多いみたいで、車で来る方が大半でしたね。まあ、老舗ベーカリーもモーニングですから安定感ありますね。

進々堂北山店  Instagram

詳細情報

住所:京都市北区上賀茂岩ヶ垣内町93
電話番号:075-724-3377
営業時間:[ショップ] 月~金 8:00~21:00 土・日・祝 7:30~21:00
     [レストラン]月~金 8:00~22:00 土・日・祝 7:30~22:00
定休日:無休
公式サイト:http://www.shinshindo.jp/
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都のお馴染みカフェ★一号店の風格きらり「進々堂 寺町店」【京都丸太町カフェ】

京都のお馴染みカフェ★一号店の風格きらり「進々堂 寺町店」【京都丸太町カフェ】

皆さまお馴染みの老舗ベーカリー『進々堂』の発祥店として揺るぎない人気をキープする寺町店はセルフスタイルではないホテル並のフルサービスホスピタリティ。ミネストローネでベジなヘルシーモーニング。
【京都パンめぐり】絶滅危惧種!幻のレトロパン『ニューバード』発見!地元民御用達の老舗店「バード新町」

【京都パンめぐり】絶滅危惧種!幻のレトロパン『ニューバード』発見!地元民御用達の老舗店「バード新町」

たまたま北大路新町界隈を歩いていて発見。今はなき老舗パンチェーン店「バード」の支店。そして、京都発祥パンともいわれている名物レトロパンも発見。食べてみました。
唐辛子まみれの衝撃!京都人に70年愛されてきたラーメン店「タンポポ」焼飯もウマイ!

唐辛子まみれの衝撃!京都人に70年愛されてきたラーメン店「タンポポ」焼飯もウマイ!

北山通の西の端、紫野にある京都人に70年愛されてきたラーメン店「タンポポ」です。唐辛子が一面にかけられたウマ辛なラーメンはクセになること間違いなし!
【京都パンめぐり】知る人ぞ知る隠れた逸品カレーパン!中から玉子がトロン☆「志津屋」

【京都パンめぐり】知る人ぞ知る隠れた逸品カレーパン!中から玉子がトロン☆「志津屋」

京都人のソウルフードパンとして知られる『カルネ』で有名な老舗ベーカリー。利便性よく地下鉄駅構内にも店舗があるが、とりわけ利用者多い四条駅の志津屋で、これまた人気のカレーパンを買ってみました。
【京都パンめぐり】イートインならソウルフード・カルネや厚焼き玉子サンドもリッチ!愛されて70年☆「志津屋」

【京都パンめぐり】イートインならソウルフード・カルネや厚焼き玉子サンドもリッチ!愛されて70年☆「志津屋」

言わずと知れた老舗パン屋。全国版のテレビ、雑誌にも頻繁に登場し、看板商品「カルネ」は名物。今回はイートイン利用でさらにリッチなカルネや玉子サンドを発見。行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers