2018年10月13日 更新

京都のマイナー喫茶店めぐり|一乗寺で早めのモーニング*「ヤマシタコーヒー」

7時前からオープンしている貴重な喫茶店。香り高いサイフォンコーヒーに一見さんもくつろげるしっとりどこか懐かしい純喫茶空間。

アットホームなまったり空間

 (109295)

一乗寺、ラーメンが立ち並ぶ交差点から逸れた住宅地の一角。
バス停の真後ろにある、一軒家カフェ「ヤマシタコーヒー」
 (109296)

遊びゴコロのあるデコラティブな看板、手作りのメニューボードで予めおすすめをチェック。
 (109315)

縦長の店内はダークブラウンで設えたクラシカルな空気感、
お席はカウンターとテーブルの小綺麗な店内。
特徴的なペンダントに照らされたカウンターには艶々のフラスコ、品のあるシニア夫妻が
テキパキと作業をこなしてゆきます。
 (109317)

オリジナルマッチもレトロ喫茶の重要アイテム。
 (109316)

ハンギングしたスピーカーからは京都のローカルFM放送。
気分を盛り立てる季節感のあるインテリア。
ムーディーなライティングが灯るオーセンティックな設えは若きセンスと古き良き昭和の落ち着きある
空気感が流れています。
 (109318)

和かにお持ちいただいたあつあつのお手拭き。

たっぷりモーニングタイム

 (109301)

モーニングは6:45分から11時半までとかなり長めの設定。
内容も種類豊富で月替わりモーニングなどもあり。
セットはコーヒー以外の物もチョイスできるそうです。
レギュラーメニュー

レギュラーメニュー

チョットデラックスモーニング ¥500

チョットデラックスモーニング ¥500

私はチョットデラックスモーニングをチョイス。
内容はトースト、スクランブルエッグ、サラダ、ドリンクとオーソドックスな内容。
 (109299)

こんがりきつね色に焼かれた厚切りトーストはマーガリンがムラなく塗られ、食べやすく三分割。
スクランブルエッグは硬めでケチャップで味付け。
サラダはまん丸大きなポテトサラダにレタス、きゅうり、トマト、一絞りしたマヨネーズをサイドに添えたボリュームのあるもの。
 (109300)

サイフォンでたてられた珈琲は非常にキレのある味わい。
清潔感ある白のテーブルウェアが卓上をパッと明るくします。
 (109297)

ご近所様同士があいさつをかわし、一種のコミニュティスペースのようなアットホームな空気感。
しかしながら、アウェーさもなくしっとり馴染める癒し空間。
ほんわか物静かなおもてなしが心地よいアーリースターターさんにおすすめのアットホームな喫茶店でした。

ヤマシタコーヒー 店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【殿堂入り】非凡なる蒐集家はハワイアンスタイル★あなたは知っていますか?北白川の小宇宙を「ミュ~」【京都造芸大前】

【殿堂入り】非凡なる蒐集家はハワイアンスタイル★あなたは知っていますか?北白川の小宇宙を「ミュ~」【京都造芸大前】

北白川にタイムレスコンフォートな小宇宙があることをご存知だろうか? こちらで頂ける、オリジナルトーストは南国の楽園を回想させるオサレミール。 独自のスタイルをつらぬくノンフィクション完全保存版。
京都穴場カフェ|ふわふわトーストモーニング「クラークハウス」【京大近く】

京都穴場カフェ|ふわふわトーストモーニング「クラークハウス」【京大近く】

京都大学近くに佇む喫茶店。エレガントさてアカデミックな空気感はまさに京都カルチェラタン。ふかふかの山形トーストモーニングは必食です。
こだわり卵と秀逸カフェメニュー「パルタージュ七彩」【一乗寺】

こだわり卵と秀逸カフェメニュー「パルタージュ七彩」【一乗寺】

一乗寺すぐこだわりの卵を使用したパティスリーカフェ。おススメしたい厚切りトーストモーニングは豊かな香りとみずみずしいサラダが口福プレートです。
コーヒーはサイフォンでたっぷりと|ジャズとコーヒーで至高の癒し「いるか喫茶バー」【一乗寺】

コーヒーはサイフォンでたっぷりと|ジャズとコーヒーで至高の癒し「いるか喫茶バー」【一乗寺】

一乗寺のジャズ喫茶店。煎りたて、弾きたてのサイフォンごとたっぷりサーブされる本格コーヒーと心地よいジャズの調べに思わず放心。
そこは映画のワンシーン、微睡みのナチュラルカフェ 「スイス コーヒー アンド プランツ (SWISS coffee and plants)」【鹿ケ谷】

そこは映画のワンシーン、微睡みのナチュラルカフェ 「スイス コーヒー アンド プランツ (SWISS coffee and plants)」【鹿ケ谷】

川のせせらぎとフレンチレトロな和みが融合。植物の優しい雰囲気ついつい時間がらたつのを忘れてしまう禁断のリラックスカフェ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen