2020年4月11日 更新

【2020京都桜風景】京都桜の代表格・円山公園の銘木『祇園枝垂桜』の孫桜「京都市役所」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は中京区、京都市役所前にある桜。京都桜の銘木『祇園枝垂桜』の孫桜で、街のオアシス的存在。

※この記事は4月7日時点の様子になります。

人知れず咲き、人知れず散る『祇園枝垂桜』の孫桜

 (182296)

中京区、京都市役所。現在本庁舎は大掛かりな改修工事中。こんなフェンスが張られていますが。
 (182297)

大掛かりなクレーンも出動中。耐震補強工事ということですが、できれば以前からあった古い外観は塗りなおしもせず、内部の免震工事だけで終わってほしいのですが。いかにも歴史都市・京都という風情だったので。
 (182298)

そんな京都市役所本庁舎の南東角。地下鉄の出入り口の裏あたり。
 (182301)

もう花はほとんどありませんが、新葉も生え始めた枝垂桜の木があります。
 (182299)

京都随一の桜の銘木として知られる円山公園の『祇園枝垂桜』の孫桜だそうです。市内には他にも祇園枝垂桜の子孫が植樹されていて、京都府庁やJR二条駅前にもあります。二条駅前の枝垂桜とは親子関係ということですかね。

こちらは、女性ならではの視点と行動力で活動する京都商工会議所女性会の創立30周年を記念して寄贈されたもの。
 (182300)

その植樹には16代続く桜守・佐野藤右衛門氏監修の下。
 (182302)

 (182304)

今年は新型コロナショックでバタバタしているうちに、残りあとわずかの桜の花ですが。
 (182305)

都会のオアシス的存在として街路を彩る祇園枝垂桜。
今年は新型コロナの影響で、人知れず咲き人知れず散ってしまった印象ですが、来年以降は買い物がてら街の散策途中に、桜を愛でながら春を楽しむ余裕のある日常を取り戻したいですね。

京都市役所・祇園枝垂桜 へのツイート

基本情報

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers