2022年5月20日 更新

【京都自販機】人気沸騰!種類豊富なフランス料理が地下鉄駅前にさらに拡充「キッチンラボ」

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区京都市役所前、地下鉄駅構内の一角に新設されたちょっと珍しいフランス料理の自販機。さらにパワーアップして注目を集めていました。

人気を博し市役所前に新設のフランス料理自動レストラン

 (223626)

中京区京都市役所前、地下鉄駅構内にあるショッピングモール『ゼスト御池』。天候に左右されず、いつもまったりとした雰囲気で買い物ができる場所。
 (223627)

そんなゼスト御池と地下鉄駅改札口との間。以前抹茶系のオープンカフェがありましたが、閉店されたようです。なので、今では通路の一部となっていますが。そこに何やら人が集まっています。
 (223628)

既視感あるパネルとこの人物。以前にはなかったプロフィール情報が網羅されています(笑)
 (223629)

じつはこちら、以前京都府庁の東側、御所西エリアにあるちょっと珍しいフランス料理の自販機が話題になり紹介しましたが、それが爆発的人気を博して、こちら市役所前にも規模拡大し、自販機を新設。またもやSNSで話題になっていたので、今回どんな具合かとやってきました。このシェフは変わらず。
 (223630)

室町通と出水通の角にあるケータリング、仕出しのお店『キッチンラボ』が手掛ける自販機。
観光客にも人気のビュッフェ式レストラン『都野菜 賀茂』の同系列店。地元の朝どれ野菜、京野菜を中心にヘルシーな料理を提供するレストランとして定評があり人気店。こちらでは主にケータリングメニューを中心に、昼はお弁当などを提供。周辺の京都府庁で働く方も御用達のお店。それが、今度は京都市役所前にも登場。

そして、以前府庁前の自販機をうかがった時はあまりの人気で商品がすぐ品切れになってしまい欠品気味でしたが、この市役所前自販機ではかなり種類が充実し、しかも本格フランス料理らしい品が並んでいます。
 (223633)

 (223631)

 (223632)

オードブルやサラダ、さらにメインとなる料理もあり、コース仕立てにもできる内容。特にサラダのバリエーションの豊富さが際立ちます。地元の朝どれ野菜、京野菜を駆使したフレッシュさを堪能できる内容なんでしょうね。

オードブルではパテドカンパーニュ、ラタトゥイユ。サーモンマリネ、おまかせ燻製盛り合わせなど。

メインとなる料理もかなり本格的。鶏もも肉のポルチーニクリーム煮込み、俺の牛ほほ肉の赤ワイン煮込み、チキンのコンフィ、スペアリブのバルサミコ煮込みなど。
 (223645)

さらにさらに、キャビアやトリュフ、ドレッシングなど調味料類もあります。府庁前自販機は1機でしたが、こちらでは2機分の料理を取り扱い、以前にも増して通行人の興味を惹くフランス料理ぞろい。皆どんな料理があるのか興味深々でのぞかれたいました。

 (223635)

 (223636)

そして、タッチパネル方式の自販機になっていて、商品に振られた番号のボタンをタッチ。
 (223637)

すると、UFOキャッチャーの仕組みを利用したような、棚が商品前までせり上がり、後ろから押されて商品が棚に転がり、そのまま棚が下降。

 (223638)

今回はこちら。
 (223639)

パテドカンパーニュ600円をチョイス。
 (223640)

食品表示も徹底されています。栄養成分表示もあります。
 (223641)

 (223642)

で、夕飯の1品として加えました。一応、レタスやディルとともに盛り付けて。

原材料表示からもわかる通り、中身は豚肉、鶏肉、玉ねぎ、しめじなどで構成されています。しめじはちょっと化石を思わせるような、形状そのままの状態でイン(笑)

食べてみると、若干火入れは強め。これも、こういう形態で販売するにあたっての食品衛生上の徹底加熱ゆえとお察しします。ですが、味わいとしてはパテドカンパーニュそのもの。ちょっと熟成感もあり、スパイスの風味など、手軽に自宅でフランス料理を楽しむのに十分な美味しさ。

自販機なので、時間選らばず購入でき、しかも地下鉄駅前設置という利便性。特に帰宅時間の遅い人にとってはうってつけかもしれません。引き続き注目大です!

ヨ~イヤサ~♪

詳細情報

製造元:キッチンラボ
場所:京都市上京区勘解由小路町148−1
電話:075‐414‐2732
営業時間:7時30分~19時00分
定休日:木曜日
公式サイト:https://nasukamo.net/kitchenlabo

自販機設置場所

23 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪ 豆はなのリアル京都暮らし☆ヨ~イヤサ~♪

オススメの記事