2018年7月15日 更新

【日本三大祭】2018祇園祭☆職人の技が光る伝統技法『山鉾建て』始まりました!

日本三大祭、京都三大祭の一つである祇園祭。7月から始まり、1か月の長きに渡る祭で、その間いろいろな行事、神事が執り行われています。そして、本日から祭りの主役でもある山鉾を組み立てる『山鉾建て』開始。

この時期の風物詩『山鉾建て』

 (128507)

祇園祭すでに開催中です!
といっても、馴染みのない方にとっては宵山や山鉾巡行が祭りと思ってる方も多いと思います。祇園祭は1か月に渡る長いお祭り。

祇園八坂神社の千百年の伝統的祭礼。平安時代、疫病・災厄祓いを願い執り行われた祇園御霊会(ぎおんごりょうえ、御霊会)が始まり。

祭事、行事は八坂神社主催と山鉾町主催で大別され、山鉾行事は山鉾町が中心に執り行われます。そして、今回はその山鉾行事の主役である山鉾を組み立てる『山鉾建て』。
 (128505)

厳密に言うと、今回は鉾建て。その後山建てが始まります。

特に鉾が集中する四条烏丸界隈。鉾にもよりますが、早いところでは7時から鉾建てが始まり、この時午前10時過ぎでしたが、ある程度土台が組まれていました。こちらは函谷鉾。
 (128506)

大小さまざまな縄や木材を組み合わせて、鉾を組み立てていきます。
 (128508)

こちらは四条烏丸東側。もっとも注目が集まる「くじとらず」の先頭・長刀鉾の鉾建て。
 (128509)

スゴイ量の縄です。
 (128510)

 (128511)

ちょうど宮司さんが鉾建てに使用する縄に塩をまき、お祓いをされてました。無事祭りが執り行われるよう祈願。
 (128512)

さらに、四条烏丸西へ。月鉾もしめ縄作業の真っ最中。

4時間後、また山鉾建て中の四条烏丸界隈へ

 (128513)

途中、ランチで時間をつぶして、4時間後の四条室町下る鶏鉾エリア。1本の長い大木。
 (128514)

まわりを竹で覆い、さらに中央部分をすき間なく縄で固定。この巻き加減が伝統技法の職人技。
 (128515)

ちょうど休憩タイムだったようで、作業してる人はいませんでしたが。
 (128516)

釘を使わず、縄と木組み、鉾柱だけで仕上げる、ある意味伝統美。山鉾巡行時には10トン近くにもなる鶏鉾。それを、この縄と木組み、鉾柱で支え切るという驚き。
 (128517)

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都祇園祭】必須アイテム!一年の厄病・災難除けを願うお守り☆行列必至の一番人気・長刀鉾「粽(ちまき)」

【京都祇園祭】必須アイテム!一年の厄病・災難除けを願うお守り☆行列必至の一番人気・長刀鉾「粽(ちまき)」

毎年祇園祭のときだけ、各山鉾のお会所や八坂神社で販売される粽(ちまき)。地元民は毎年買い求め、一年間玄関先に飾ります。今年も人気の長刀鉾の粽。
【2018京都祇園祭】平成最後!猛暑の中の後祭・山鉾巡行ダイジェスト☆

【2018京都祇園祭】平成最後!猛暑の中の後祭・山鉾巡行ダイジェスト☆

本日7月24日、祇園祭後祭・山鉾巡行に行ってきた様子です。連日の猛暑の中、無事執り行われました。
【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

【2018京都祇園祭】ゆったり夜の後祭をぶらり!夜の山鉾めぐりは快適で狙い目!!風情漂う祇園囃子☆

祇園祭後半。前祭に引き続いて後祭。猛暑続く中、山鉾建て、曳初めも無事終わり、各山鉾町内には後祭の山鉾が全て出そろっています。そんな夜の後祭山鉾町をぶらり散策してきました。
【京都珍百景】そろそろ日本三大祭・祇園祭準備!アスファルト道路に埋め込まれた謎の四角石?【四条烏丸】

【京都珍百景】そろそろ日本三大祭・祇園祭準備!アスファルト道路に埋め込まれた謎の四角石?【四条烏丸】

ふだん気づかずに歩いていた通りの地面を見ると、何やら謎の四角い石。なんじゃこれは?と調べてみると納得。そろそろ祇園祭の準備で街中がソワソワし始める京都(笑)
【日本三大祭】どんだけ好きやねん!京都人の祇園祭愛あふれる風景を集めてみました☆

【日本三大祭】どんだけ好きやねん!京都人の祇園祭愛あふれる風景を集めてみました☆

日本三大祭であり、京都三大祭でもある祇園祭。京都人がどれだけ祇園祭愛にあふれているかを目のあたりにできるスポットを集めてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな