2017年7月11日 更新

【京都カフェ】鬱蒼とした緑の奥にはさらに苔リウムの緑!時間を忘れる癒やしオーガニックランチ☆「モール」【京都市役所スグ】

京都市役所スグ。そして京都三大名旅館の柊家別館の南側。街の中心に位置し、いつも前を通るとここだけ別空間のように鬱蒼とした木々で覆われ、一体中はどうなってるんだ?と。ちょうど昼時、ランチを食べに。

ここだけ異様にもっこり緑(笑)

 (86422)

御池通から御幸町通りを上る。建物がズラリと立ち並ぶ通りなんですが、ここだけいつも異様なまでの鬱蒼とした緑(笑)ミドリスキーの私としてはいつもいつも気になっていたわけですが。
 (86423)

ちょうどこの前日にお寺に泊まって精進料理や野菜料理中心の食事だったんで、引き続きその健康的な食事で踏襲したいな、と(笑)
 (86424)

オーガニック系メニュー中心みたいです。そして、ランチタイムにカレーがあって、ご飯が玄米だったんでいいなぁ~と。
 (86452)

鬱蒼とした緑のバリアをかいくぐって店の中へ。
わりと広い落ち着いた雰囲気。照明の具合も目に優しく、入った瞬間にあぁ~癒やされる空間だなと。
 (86426)

腰掛けると深めに沈むソファーから眺める景色。中からはこんな緑のカーテン越しに。鉢植えには苔や葉が大きめの植栽。
 (86427)

大きなスピーカーから流れるBGMでまた心地よく。苔リウムの照明を発見。最近流行ってるんですかね。私もちょっとやってみようかな、と。
 (86428)

で、改めてメニューを吟味。コーヒー、紅茶は有機栽培のもの。カレーは玄米だったり、サンドイッチのパンは自家製で国産小麦粉使用。他スイーツもあり。身体にいいものを、というこだわりも感じます。

身体に心地よい玄米カレー

 (86429)

カレーも数種類ありましたが、クルミとカシューナッツカレー700円、サラダ付をチョイス。
 (86430)

たまに玄米のカレー食べたくなるんですよね。干しぶどうが飾られています。
 (86432)

食べてみます。玄米のプチプチ感とクルミ、カシューナッツの歯ごたえと香ばしさ。そして、程よく辛くスパイシー、若干クリーミーでもあるカレー。身体に激しい刺激や覚醒させてやる!的な暴力性はなく、こういうのもいいなぁ~と。

このお店の緑の植栽と隠遁的癒され度がプラスされたカレー。なんだか、カフェめしのよさってこういうことのプラスアルファーなんだよなぁ~と。あんまりカフェめしが好きではない私でも、この料理だけじゃない雰囲気や世界観にまた浸りたいな、と思いましたよ。喫煙可能ではありましたが、それも凌駕するほど。

カフェ好きならここは押さえたほうがいい、オススメ店です。

ヨ~イヤサ~♪

モール への口コミ

モール 基本情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】京町家でスパイスカレーを食べながら読書三隠れ昧のまったり空間!昭和テイストの路地奥の家カフェ「サボ」【京都市役所スグ】

【新店】京町家でスパイスカレーを食べながら読書三隠れ昧のまったり空間!昭和テイストの路地奥の家カフェ「サボ」【京都市役所スグ】

7月にオープンしたスパイスカレーとコーヒー専門のカフェ。路地奥の町家リノベーションの店内は真新しい木の香りのする和み空間。カレーを食べながら読書でまったりとした時間が過ごせる場所。
グルメすぎるローストビーフガレット★クレープリー cafe363【河原町エリア】

グルメすぎるローストビーフガレット★クレープリー cafe363【河原町エリア】

御幸町通りのランドマーク的人気カフェ。自家製ローストビーフを使用したガレットはわさびソースの香りが尾を引くグルメな味わい。
衝撃のまっ白カレー!胡麻風味が癖になるコクまろ贅沢カレー「ゴマクロ サロン (gomacro Salon)」【烏丸御池】

衝撃のまっ白カレー!胡麻風味が癖になるコクまろ贅沢カレー「ゴマクロ サロン (gomacro Salon)」【烏丸御池】

旬の野菜と体に優しい滋味な胡麻屋の贅沢カレー。見た目のインパクトに、円やかさと程よいスパイシーさが癖になるあっさり×こってり、摩訶不思議な一品です。
やみつき確定!匠の欧風カリーオムライス「白川」【ゼスト御池】

やみつき確定!匠の欧風カリーオムライス「白川」【ゼスト御池】

暑さを回避できる地下空間「ゼスト御池」のカレー料理専門店。プロの技が光る王道なのに独創的なオムライス。オムライス界にスパイスの美味なる変化球を投じます。
ムードたっぷり!エキゾチックなオアシスカフェ「MOLE」(モール)【京都市役所前】

ムードたっぷり!エキゾチックなオアシスカフェ「MOLE」(モール)【京都市役所前】

京都市役所前で安定した人気をキープしているオーガニックカフェ。五感で感じるリラックス空間、非日常的な癒しのひと時を過ごせます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな