2017年10月4日 更新

【新店】超穴場!京都山科に本格蕎麦の名店降臨!!もうグルメ不毛地帯とは言わせない☆手打ちそば「藤村」

驚きです。こんな秀逸な新店が山科にあったとは。6月オープン。立地的にはほぼ地元民御用達のお蕎麦屋さん。その美味しさが評判なのか、すでに繁盛店。ランチで行ってきました。

地下鉄駅からは少し離れた場所

 (97103)

以前、美味しいお蕎麦屋さんが山科にオープンした、とウワサを聞きつつなかなか行く機会なくて。この日はチャリでポタリングしてたのでちょうどいいかと。地下鉄駅、からも少し外れた場所に立地。向かいには山階南小学校。
 (97104)

6月オープンした石臼挽き自家製粉の手打ち蕎麦のお店。
最近新店ラッシュめざましく人気店が移転オープンしたり、こんな本格手打ち蕎麦のお店もあまりないと思うんですが。よく、山科はグルメ不毛地帯と言われがちなんですが、もはやそんなウワサは過去のものかもしれません(笑)
 (97105)

まだ12時前でしたが、こちらではランチメニューがあるみたいです。
 (97157)

当然ですが、おニュー感ある内装。L字カウンター10席ほどと、小上がりの掘りごたつ式の座敷席8席。正座がキツイ人にはいいですね。ご夫婦ですかね。二人で切り盛りされてました。
 (97108)

お酒もいろいろあるみたいです。
 (97109)

で、再びメニューチェック。おかず盛り合わせが気になったんで、今回はざるセット900円をチョイス。お隣の方がにしんセットを注文されてましたが、自家製のにしん煮、ふっくらととても美味しそうな炊き加減でした。
 (97110)

もちろん単品で蕎麦と注文することも可能。あと、丼もの、蕎麦好きが好みそうなお酒のアテになる一品も。本格蕎麦屋でお子様セットもあるというのはちょっと驚き。ファミリー層でも気兼ねなく、ということですね。
 (97130)

そばは2種類。粗挽きの田舎そば、挽きぐるみのそば。で福井産のそばを使用。今回のざるセットは田舎そばでした。挽きぐるみのそばも気になりますね。
 (97131)

お店の片隅には石臼が。こちらで自家製粉にしたそば粉で打ってるんですね。

これで900円ですよ?

 (97112)

で、程なくしてざるセット。そばは10割田舎そば。そして、見た目にも心躍る懐石料理でいう八寸のようなおかず盛り合わせ。もう「おかず」の域を超えた感もあるビジュアルなんですが(笑)
 (97113)

大体、本格手打ちそばのお店で10割蕎麦だけで900円とかするお店もあると思うんですが、このおかずつき。
 (97114)

田舎そば画像。すんません、若干少なめに見えますが、フライングして2口食べた後の画になります(汗)
 (97115)

おかず画像。いろいろと細々としたものが盛り込まれています。これは料理屋の仕事ぶりですね。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】京都哲学の道沿いにオープン!こだわり打ちたて蕎麦がガッツリいただける☆「そばがき 蕎麦 十五」

【京都ランチめぐり】京都哲学の道沿いにオープン!こだわり打ちたて蕎麦がガッツリいただける☆「そばがき 蕎麦 十五」

哲学の道沿いに2月オープン。挽きたて打ちたて湯がきたての蕎麦がガッツリいただけるお店。ちょうど紫陽花シーズンかと哲学の道散策がてら行ってきました。
4/6オープン「燻製マーケット」の2号店「燻製菓子店」【山科椥辻】

4/6オープン「燻製マーケット」の2号店「燻製菓子店」【山科椥辻】

山科の人気燻製店「燻製マーケット」の2号店が、4/6の椥辻にオープンしました。オープンから1ヶ月ほどたちましたが、TVでの紹介もあってか大賑わい。遅ればせながら訪問しましたので紹介します。
【新店】人気の日本料理店が満を持してオープン!逸品料理と日本酒で昼呑みもできる☆蕎麦割烹「龍」【六角富小路】

【新店】人気の日本料理店が満を持してオープン!逸品料理と日本酒で昼呑みもできる☆蕎麦割烹「龍」【六角富小路】

街中にある、町家リノベーションの人気の日本料理店「京甲屋」が満を持して蕎麦割烹店を2月にオープン。こだわりの逸品と日本酒が昼から楽しめるお店。〆のお蕎麦はバリエーションあり。
目の前で蕎麦打ちが始まるこだわりの蕎麦店!哲学の道沿いの「そばがき 蕎麦 十五」

目の前で蕎麦打ちが始まるこだわりの蕎麦店!哲学の道沿いの「そばがき 蕎麦 十五」

観光地、哲学の道沿いの「そばがき 蕎麦 十五」、ご主人の蕎麦へのこだわりが詰まったお店なり。
【京都山科】待望の移転オープンにファン行列のラーメン店!こだわりの蟹塩そばは並んでも食べるべき☆「麺屋裕」

【京都山科】待望の移転オープンにファン行列のラーメン店!こだわりの蟹塩そばは並んでも食べるべき☆「麺屋裕」

もともと千本通、西陣界隈にあった人気店。ミシュランも認めた名店だったが、新天地・山科に移転オープン。すでに平日からファンの行列で不動の人気健在。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな