2020年6月12日 更新

【京都ランチめぐり】今年1月オープン!新感覚マリアージュや器にもセンス光る☆「蕎麦ほり場」

おおきに~豆はなどす☆今回は北区、新大宮商店街に今年1月にオープンしたお蕎麦屋さん。すでに高評価の人気店。新感覚の味のマリアージュや内装や器にセンスの良さが光る。

センスの良さが随所に光るお蕎麦屋さん

 (185854)

北区、北大路通りから新大宮商店街を上がる。新大宮商店街も新しいお店が最近増え、さらにこの周辺にも新店が増えてます。
 (185855)

そんな場所に、今年1月にオープンしたお蕎麦屋さん「蕎麦ほり場」。ずっと来店したいと思いつつ、新型コロナウイルス感染予防の外出自粛につき叶わず、ようやく来店。平日ランチでお邪魔しました。

で、このコロナ禍直後という時期と場所柄を考えると、それほどお客が殺到することもないだろう、と高をくくっていましたが、12時前にもかかわらず、私の前に入店する客がいたり、予約客がいたりと、人気店のようです。
 (185859)

引き戸を開けると、こじんまりとした空間の中に、ナチュラルさが全面に伝わってくる内装。で、今回はお一人様だったのでカウンター席へ。このカウンターも古い使い込まれた建材を再利用されてるような、ちょっと昔の学校の机のような質感というか(笑)どこか落ち着く雰囲気。
 (185860)

厨房にある水屋もアンティークで、ちょっと昭和のような雰囲気も。
 (185861)

カウンター以外に4人掛けテーブル席があり、こちらも木材の温かみを感じる造り。
 (185856)

そして、メニュー。ざるそばをはじめ、冷やかけや具入りのつけそば、まぜそばなど。サイドメニューにおいなりさんがあり、プラス出汁巻卵とお漬物のついたセットもあり。

今回は、鶏と卵のつけそば1050円においなりセット200円を注文。
 (185857)

他にもお酒のアテにもよさそうな単品メニューがあり、日本酒も各種。
 (185858)

お水は北区や左京区にある神社の御神水を使ったり、お米は奈良の自然栽培で五分づき米、野菜は有機・無農薬栽培、化学調味料不使用、卵は栃木の平飼い有精卵。体と大地に優しい食材を使用されてるとのこと。

さらに、途中出てきたお茶の入ったお湯呑みも、ざらっとした土感のある面白いフォルムの器。もしかしたら作家さんの作品かも、というような。食器類も一つ一つ丁寧に選び抜かれた印象。

わりとお若めのご夫婦で営まれていますが、東京を中心に蕎麦修行をされたんだとか。期待が持てます。
 (185862)

で、注文したものがこちら。

メニューの中でも比較的オリジナル感あるものを注文したとはいえ、これまで訪れたお店のものと比べると創造性あふれ斬新ともいえます。
 (185863)

まずお蕎麦。わりと細切りで、エッジも効いてます。10割手打ち蕎麦だそうです。
 (185865)

つけ汁は温かいタイプ。そして具沢山。通常の手打ち蕎麦のお店ではあまり見かけないタイプですが。というより、わりと具材をインするつけ麺屋さんでもこんなつけ汁はあまり見かけません(笑)

見た目うす色の出汁に、味卵、底に鶏団子。野菜はアスパラ、いんげん、プチトマト、白菜など。色のバリエーションも豊かで、見るからに健康的なバランスいい彩り。
 (185866)

さらに、味変材として柚子皮も添えられています。
 (185867)

最初のひと口はそのままで。細さがかもす喉ごしの良さが印象的。それが楽しくて、2口めもそのままで(笑)
 (185868)

蕎麦を汁に浸す前に少し具材を食べてみます。まずは平飼い卵の味卵。黄身の色から、より自然な卵であることがわかります。最近、濃い色目の黄身に目が慣れてしまってますが。色目とは裏腹に、しっかりと味が染み入り、さらに汁も薄色ではありますが、出汁が効いててしっかりとした味わい。鶏の風味や旨味もあり。
 (185869)

底の方から取り出した鶏団子は2個。噛むと柔らかく崩れ、野菜の鶏肉の旨味、そして団子の滑らかさがとてもよく、噛むごとに滋養にいいエキスがあふれ出すというか。
 (185870)

そうして具材を楽しんだ後、蕎麦を投入。汁がしっかりとしているため、美味しくいただけます。そして、プチトマトの酸味、出汁の旨味と蕎麦とのマリアージュが面白い。通常のお蕎麦屋さんでは出会えない組み合わせ。他、青みのアスパラやいんげんも旬の時期にふさわしい風味をプラス。途中柚子皮も入れ、さらに爽やかな味わいに。
 (185871)

 (185876)

先に蕎麦をいただき、蕎麦湯タイムに突入。蕎麦湯用に調理して用意されてるんだと思いますが、濃厚でありながら、優しい味わい。
 (185864)

そして、おいなりセット。こちらも彩りがキレイです。
 (185872)

まずは出汁巻卵。少し甘みも感じる、優しい出汁感。
 (185873)

野菜たちはピクルスだったり甘酢づけだったり糠漬けだったり。いろんな味が楽しめます。
 (185875)

おいなりさんの寿司飯の具材には白&黒胡麻とクルミ。こちらも滋味深い味わいのおいなりさん。

全体を通して、どれも身体にいいことがわかる料理たちでもあり、まるで自然食レストランに来たような、そんな印象も受けるお蕎麦屋さん。この時はどちらかと言うと年配層のお客さんが中心でしたが、若い方にも絶対好まれるお店だと思います。お試しあれ!

ヨ~イヤサ~♪

蕎麦ほり場への口コミ

詳細情報

店名:蕎麦ほり場
住所:京都市北区紫野門前町56-2
電話番号:075-406-0553
営業時間:11:30~15:00 17:30~20:00(木~日曜日)
定休日:火曜日
関連サイト:https://www.instagram.com/soba.horiba/
28 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな