2016年2月15日 更新

岡崎 感動!フランス・タルトタタン協会が認めたおばあちゃんの味☆「ラ ヴァチュール」

こちらも超有名店。京都でフランス伝統菓子タルトタタンの美味しい店と言えば、ここ!と皆が太鼓判。全国各地にファンも多いお店。

そして、本場フランスのタルトタタン協会が認めた初代女将・松永ユリさん考案のタルトタタンが今も尚お孫さんに受け継がれて食べられるお店。
今回は、そんな岡崎にありますカフェ「ラヴァチュール」をご紹介します。

受け継がれるユリおばあちゃんのタルトタタン

 (13026)

初代女将のユリさんは2014年に残念ながら他界され、現在はお孫さんの若林麻耶さんが後を継がれ、大切にその味を守られています。
私もまだユリさんがご存命の頃、何度か通いました。その頃はご高齢であまり大量にタルトタタンを作れない、ということでグループで1ピース注文という限定ルールがあったと記憶しています。なので、行く時はいつも1人で(笑)

もう感謝しかない!リンゴ愛を感じるタルトタタン!!

 (13029)

他のケーキも美味しいと評判なんですが、いつもついつい好きなのでタルトタタンを注文。
以前は店内にユリさん専用チェアがあって、そこに腰掛けながらお客さんの美味しそうに食べる様子を見て過ごされてました。年配の方に若輩者の私が言うのは失礼かもしれませんが、とても可愛いおばあちゃんでした。
 (13031)

そして、これが絶品のタルトタタン。トロトロになるまで火入れしたリンゴ。表面は絶妙なバランスでキャラメリゼ。ちょっとビターなかんじがアクセントになってていいですね。そして、添えられたヨーグルトのソースで少し酸味を加えて味を変えてみたり。私自身リンゴ好きなんで、ここまでリンゴをメインに大切に仕上げられていることに喜び、感謝すらしたくなるほど。
おばあちゃんの思いがそのまま伝わるタルトタタン。絶品です。必食ですよ!これは。

ラヴァチュールへの口コミ

ラヴァチュール 基本情報

名称
ラヴァチュール
住所
京都府京都市左京区聖護院円頓美町47
電話番号
075-751-0591
営業時間
11:00~18:00
定休日
月曜日
関連URL
http://aquadina.com/kyoto/spot/716/
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都パン屋めぐり35 人気店「Flip up !」の姉妹店が東山二条にオープン! CheerUp !(チアアップ)

京都パン屋めぐり35 人気店「Flip up !」の姉妹店が東山二条にオープン! CheerUp !(チアアップ)

パン屋めぐり、本日は東山二条に3/28にオープンした「CheerUp !」へ行ってきました! こちらは烏丸御池の人気パン屋さん「Flip up !」の姉妹店です!
【京都モーニングめぐり】一皿でバラエティ富む本場ドイツの味!土日祝日限定のお値打ち「ベッカライ・ペルケオ・アルト・ハイデルベルク 」

【京都モーニングめぐり】一皿でバラエティ富む本場ドイツの味!土日祝日限定のお値打ち「ベッカライ・ペルケオ・アルト・ハイデルベルク 」

おおきに~豆はなどす☆今回は岡崎にある本場ドイツパンの味を楽しめるドイツパン専門店。昨年9月からスタートした土日祝日限定のモーニングは一皿でバリエーション豊かなパンやハムが楽しめ人気。
【京都国立近代美術館】絶賛開催中!芸術の巨匠クリムトを中心としたデザインの集積☆「世紀末ウィーンのグラフィック」

【京都国立近代美術館】絶賛開催中!芸術の巨匠クリムトを中心としたデザインの集積☆「世紀末ウィーンのグラフィック」

おおきに~豆はなどす☆岡崎、国立近代美術館で現在開催中の展覧会に行ってきました。19世紀末ウィーンで、アートの巨匠クリムトを中心に試行錯誤されたグラフィックデザインの集積。
【京都豆腐めぐり】知る人ぞ知る南禅寺御用達豆腐!湯豆腐の名店を支える卸販売店☆「服部食品」

【京都豆腐めぐり】知る人ぞ知る南禅寺御用達豆腐!湯豆腐の名店を支える卸販売店☆「服部食品」

左京区、吉田山のくろ谷さんで知られる金戒光明寺や真如堂スグの住宅街にある豆腐店。豆腐店といっても、主に業務用を手掛け小売店舗はないが、豆腐料理をウリにした名店の豆腐はここのものだったり。
京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

2016年に京都で開催するや8万人もの観客を動員し、会場となった細見美術館の動員記録を塗り替えた春画展。その細見美術館での春画展が2018年に超パワーアップ! 春画と妖怪画という一見相反するテーマをタッグ展示することで、通常の美術展では見えてこない大衆文化のすみずみまで知ることができる展示となっています。 ※なお今展示では展示内容を考慮し、18歳未満の方は入館不可となっています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな