2017年11月18日 更新

【京都駅前】昼営業ありの立ち呑み店!料理もお酒も驚きの安さとバリエーション☆「へそ」

立ち飲み店も激戦区の京都駅前エリア。その中でも、昼間から営業していてランチタイムには定食メニューもあり。もちろん並行して立ち呑みもできて、驚きの安さとメニューバリエーション。

ちょいと一杯のつもりで呑みに

 (104090)

京都駅前、七条通り沿いにあるお店。夜しかやってない立ち呑み店かと思ってたら昼から営業してるいて使い勝手もいい「立呑処へそ」へ。
 (80743)

テラス立ち呑みスペースもあり、昼間から外で呑んでる人も。お天気の良い日だったんでそれもアリでした。入店すると、座れるスペースもあり、イベントのために体力温存しようとお通し代300円であっさり座れる席に。

他、カウンターやグループで囲めるテーブルもあり。
 (80742)

座れるスペース最高です。テレビが独占状態。チャンネルも自由自在。
 (80758)

そして、携帯の充電器もあり。

こちらのお店は東京新橋に本店がある有名な立ち呑み店。サラリーマンの聖地・新橋仕込みの至れり尽くせり感というのでしょうかね(笑)
 (80759)

さらに備え付けの二度漬け禁止の串かつ用ソースが備え付け。もう座ってるだけで全てがそろうコックピット状態(笑)

膨大なメニュー(笑)

 (80744)

とにかく、メニューがまるでサンプルカタログのように束になっていて(笑)まずはオトクなこんな限定セットも。お酒とツマミが付いたセット。
 (80745)

燻製メニューもこのバリエーション。しかも安いッ!
 (80746)

正直、なんじゃこら?な金、銀、銅の玉(笑)燻製玉子みたいです。
 (80747)

ホルモン鍋もあり。
 (80748)

オイオイ、立ち呑み屋でチーズフォンデュだと??
 (80749)

おでんもあり、スピードメニュー、焼き物いろいろあり
 (80750)

串かつを始め、揚げ物メニューもいろいろと充実
 (80751)

そして、ランチ向けの食事メニューも。しかもこのバリエーションと安さ!
 (80754)

お酒もビールからホッピーから電気ブランまで
 (80753)

焼酎から日本酒までいろいろと
 (80755)

こだわり派な地酒まで
 (80756)

デュワーズのハイボールがこの安さ!とにかく、全てが驚き。
 (80760)

とりあえず、限定セットを注文することにして、飲み物は生ビールで。お通しもナスの揚げ浸しやピーマンじゃこ炒めで、それもちゃんとした完成度。スゲー
 (80761)

限定セット890円の国産和牛ステーキのセット。鉄板にのって登場。
 (80766)

国産牛で、しかもやわらかジューシー。濃いめのステーキソースでビールがすすみます。
 (80762)

串かつ5本盛りのセット。
 (80768)

で、二度漬けダメよのソースポットに浸して
 (80770)

ガブリと。中から昭和臭ただよう赤いウインナー。こういうジャンキーさが串かつには最高です。
 (80763)

野菜も、と口直しの塩ダレキャベツ。
 (80771)

追加で、どっぷりとガリガリ君が浸かったサワー。当たりが出たらもう1本(笑)溶かしながら、ちょっとフローズン系な。
 (80772)

男梅サワー。赤紫蘇テイストのサワー。
 (80773)

まあ、ビジュアル的に注文しないわけにはいかない、金玉を(笑)
 (80774)

中は燻製卵。燻液に漬けたんですかね。ほんのり燻製味。
 (80775)

老舗肉屋「たけしま」名物の小判コロッケ84円。これ、何気に美味しかった!牛脂の甘みが効いた肉屋のコロッケ。しかも大判と小判あって選べるのがいい。
 (80776)

フライドポテトもカットのちがう2種類がミックス。
 (80777)

鉄板焼餃子も。モヤシと一緒にさっぱりと。結局、この日の会計一人2000円ちょっと。

他にも中央卸売市場直送の海鮮モノメニューも充実してて最強。なかなかいいです、ココ。京都駅前でちょい呑みしたい時にちょうどいい敷居の低さとお手軽さ。

へそ へのツイート

詳細情報

住所:京都府京都市下京区七条通烏丸東入真苧屋町203
電話番号:050-5571-2077(予約専用番号) 075-341-4194(お問い合わせ専用番号)
営業時間:昼11:30~14:00 ランチ・呑営業
     夜16:30~22:45 食事・呑営業
     ※(フードLO 22:15 ドリンクLO 22:30)
     土・日・祝は午前11:30から完全立ち呑み営業
定休日:年中無休
関連サイト:http://www.cleargate.co.jp/heso/shop.html
38 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers

オススメの記事