2018年8月11日 更新

京都素材にこだわった特選親子丼|京都・今熊野エリアの人気うどん店「麺道楽 大」

東福寺や泉湧寺、七条エリアからもほど近い新熊野神社近くの人気うどん店「麺道楽 大」。うどんが美味しいのはもちろんですが、京素材にこだわった特選親子丼が名物なんです。

東福寺・泉湧寺エリアの人気うどん店

 (130882)

新熊野神社の近く、東大路通り沿いにある親子丼が評判のうどん屋さんのご紹介。
東福寺や泉湧寺、七条エリアもほど近く観光にもいい場所です。

この界隈は梅香堂やとんかつのがんちなど、渋めのいいお店もありますよね。
 (130869)

お目当てのお店は、この建物の地下階にあります。
1階は喫茶店、2階は鶏料理店になっています。
 (130870)

入り口はこちら。間口が狭いので気をつけてください。
お店の名前は「麺道楽 大」、こだわりが詰まったうどん屋さんです。
 (130871)

階段で地下へおりていきます。階段は少し急なので気をつけてください。
思っている以上に広い地下空間に少しビックリしました。
 (130873)

店内はカウンター席とお座敷のテーブル席があります。
ダウンライトの落ち着く感じです。
 (130894)

うどん屋さんなので、まずはうどんメニューからご紹介。
温・冷などありますが、お店のオススメシリーズを。
 (130872)

人気のセットメニューも。
特選親子丼以外にもカツとじ丼やカツカレー丼など、どんぶりメニューも豊富。

名物は特選親子丼!

 (130875)

気になっていた特選親子丼をオーダー。
うどんも好きなのでセットに。初夏はミニの冷やし梅おろしうどんとのセットになっています。お値段は1180円。
 (130876)

仕上げに黄身ものせ、のりをかけた濃厚な親子丼。
お好みで山椒をどうぞ。

親子丼のふたをあける、お出汁の香りがふわっと広がります。
丹波地鶏と九条ねぎ、美山の地卵を使った、京都の特選素材にこだわった親子丼です。
 (130877)

濃い黄身を崩すとたまらない絵面に。
くぅ~、たまりません!
 (130879)

旨味が詰まった丹波地鶏は、ふっくらと柔らかくジューシー。
鶏肉、お出汁、玉子、九条のねぎとの一体感が素晴らしく、箸がとまらない美味しさ。
うどん屋さんなのに、親子丼が人気になるのも納得。
 (130880)

うどんも出汁が効いて美味しく、梅でさっぱりと。

うどんも美味しいので、やっぱりセットがいいですね。できることなら、親子丼もうどんも単品で注文されることをオススメします(笑)
 (130881)

親子丼もうどんも美味しい理由は、やっぱりお出汁へのこだわり。

ご夫婦でされている地元からも観光客も評判のお店。
親子丼好き、うどん好きの方、一度は訪れてほしいです。

串焼きや揚げ物なども豊富なので、居酒屋使いができるのも魅力的です!
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都のミシュラン掲載とんかつ店|東福寺近くの隠れた名店「がんち」

京都のミシュラン掲載とんかつ店|東福寺近くの隠れた名店「がんち」

東福寺や泉湧寺といった観光地の近く、ミシュランビブグルマン掲載の名店「とんかつ がんち」。寡黙なご主人が揚げる絶品のとんかつを堪能してください。
【新店】京都祇園石塀小路にオープン!京料理老舗『たん熊北店』のCPいい絶品朝食「KOI-KOI  by 熊魚菴」

【新店】京都祇園石塀小路にオープン!京料理老舗『たん熊北店』のCPいい絶品朝食「KOI-KOI by 熊魚菴」

おおきに~豆はなどす☆昨年11月オープンし、すでに人気店。祇園石塀小路にひっそりとたたずむ京料理の老舗・たん熊北店の朝粥と出し茶漬け専門店。朝食をいただきました。
ほんわかのんびりモーニング「喫茶れもん」【東福寺カフェ】

ほんわかのんびりモーニング「喫茶れもん」【東福寺カフェ】

京都の街並みを映し出す二階席のパノラマ台が魅力。サンルームの様な太陽の光が降り注ぐ空間は一足早い春の誘い。
【京都ランチめぐり】八坂神社前の超穴場蕎麦店で熱々玉子とじそば☆通し営業で利便性◎「ぎおん石京そば処」

【京都ランチめぐり】八坂神社前の超穴場蕎麦店で熱々玉子とじそば☆通し営業で利便性◎「ぎおん石京そば処」

祇園八坂神社前にあるビル3階にある隠れ家的、超穴場の蕎麦店。喧噪を忘れる落ち着いた雰囲気で、観光でランチタイムを逃した難民にもうれしい通し営業で利便性良し。
濃厚な抹茶パフェに悶絶!宇治茶カフェ「大谷園茶舗」【京都カフェ】

濃厚な抹茶パフェに悶絶!宇治茶カフェ「大谷園茶舗」【京都カフェ】

東福寺エリア、地域色の強い商店街にある老舗茶寮。茶審査技術五段の三代店主こだわりのお茶がつむぎだす、くつろぎの空間で出会ったハイクオリティかつボリューム満点の傑作パフェ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし