2022年2月23日 更新

名店プロデュースの肉料理店!名物の肉鍋は必食の美味しさ「KANEGURA (伖)」

四条烏丸から徒歩圏内、少し落ち着いたエリアにある肉料理店「KANEGURA (伖)」。祇園南に佇む和牛懐石の名店「三芳」のプロデュースだけあって、牛肉の質の高さは折り紙つき。おすすめです。

名店プロデュースの肉料理店

 (219295)

四条と五条、河原町と烏丸のちょうど間、高辻柳馬場に肉鍋を中心とした肉料理のお店「KANEGURA (
伖)」

祇園南に佇む和牛懐石の名店「三芳」プロデュースとあって界隈は話題に。事前に予約をされてから伺ってくださいね。
コンクリート造りのオシャレな店舗。赤い提灯が目印です。
 (219297)

こちらがメニュー。季節によって異なります。
小鍋から、肉刺し、焼き物、揚げ物、サラダなどバリエーションも豊富。
 (219315)

本日のオススメメニューもあり。
肉料理メインではありますが、魚料理が少しあるのもうれしいですね。
タイミングによっては熊鍋のようなジビエも。
 (219316)

まずは定番のポテトサラダ。玉子感が強めでコクもあり、具材がハッキリとしたタイプ。
ポテトのなめらかさと、具材の食感のコントラストがいい、よきスターターです。
 (219300)

こちらはお肉のお刺身。
ほどよい脂、しっとりした身。見るからに上質なお肉です。
 (219303)

お刺身はわさび醤油で。
とろけるような食感、肉本来の濃厚な旨味。
しつこい感じはゼロ、いくらでも食べられそう。
 (219301)

こちらは、ツラミぽん酢。あまり見かけないメニュー。
ツラミとは、いわゆる天肉、ホホ肉と呼ばれる部位です。
ぽん酢の酸味と、もみじおろしがベストマッチ。あっさりメニューです。
 (219302)

定番の和牛ユッケ。
肉の旨味と玉子、タレが絡み合って、たまらない美味しさ。
ユッケだけでお酒を一杯飲めちゃいます。メニューにあれば、オーダーしてくださいね。

たまらない美味しさの名物 伖肉鍋

 (219304)

店名の冠をした名物 伖肉鍋です。このボリュームで1人前。部位はそのときどきでおすすめの部位を使われるみたいです。
大判のお肉の下には、もやしと玉ねぎが隠れています。

この迫力、たまりません!
 (219298)

名物の肉鍋はセルフで仕上げていきます。
手順も簡単、タイマーも用意されています。
 (219305)

生卵はオプションという扱いですが、必ず頼みましょう。すき焼きのような味わいも楽しめます。
玉子をといて、鍋の出来がりを待ちましょう。
玉子も黄身が濃い、上質のもの。
 (219306)

強火で3分、肉ダレを全体にかけてされに1分半加熱にして出来上がりです。
グツグツとなり、タレの香りがあたりに広がります。この香りだけで、ごはん一杯食べれます(笑)

ここから具材をまぜまぜすると、予熱でお肉にも火が入ります。
 (219308)

溶いた玉子に、お肉とお野菜を。
このシズル感。食べる前から美味しさが伝ってきます。
 (219309)

濃厚な玉子を絡めて、お肉とお野菜を一緒に。
旨味が濃く柔らかいお肉と、野菜も甘味と食感、濃厚な玉子が絡みつき一体感をだします。

リーズナブルでボリューミー、お肉の質もいうことなしの美味しさ。この価格帯でこれだけの質のお肉、素晴らしいの一言。
 (219311)

店内にはグレーを基調にした落ち着いた雰囲気で、カウンター席とテーブル席といった配置。デートや会食、食事会と、色んなシーンで使えます。
遅めの食事にも活躍しそう。

中心部の喧騒を離れて、少し落ち着いたエリアで、リーズナブルに美味しいお肉料理がいただけます。使い勝手もよくて重宝すること間違いなし。おすすめです。

店舗情報

店名:KANEGURA (伖)
住所:京都市下京区柳馬場通仏光寺下ル万里小路町187
電話番号:075-344-8810
営業時間:18:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:不定休
SNS:https://www.instagram.com/kanegura_kyoto/
20 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン

オススメの記事