2016年9月5日 更新

【創業400年】代々受け継がれてきた老舗の絶品和菓子!御所西の「とらや 京都一条店」

京都生まれの老舗和菓子店「とらや 京都一条店」に行ってきました。

創業400年の老舗中の老舗和菓子店

 (53360)

お馴染みのこのロゴマーク、室町時代に創業の「虎屋」さんです。現在の本社は東京ですが、創業の地は、ここ京都なんです。古くより御所の御用をつとめていたそうです。
 (53361)

京都の店舗は百貨店を除くと、四条店とここ一条店のみです。

細長くて重厚感のある外観です。新しい建物ですが、どことなく歴史を感じますね。
 (53362)

雰囲気のある玄関アプローチ。シンプルですが渋いですね。
 (53363)

店内はこんな様子です。窓から光がたくさん入ってくるので、明るく開放感があります。
奥のスペースは、間仕切りがあり対面式の商談スペースになっています。

名物の最中と水ようかんを

 (53364)

とらやと言えば「やっぱり最中でしょ」と言うことで買ってきました。
「最中 弥栄」1個195円(税込)と少しお高めです。
 (53365)

菊をかたどった茶色の皮の中には小倉餡が詰まっています。
「弥栄」とは「いよいよ栄えに栄える」という縁起のいい意味も詰まっています。
 (53366)

このように最中を割ってみると、ギッシリと小倉餡が詰まっています。

濃厚だけどほどよい甘さで上品な味、もちろん好みはあるんでしょうけど、万人に好かれる安定の美味しさのように思います。
 (53367)

こちらも大人気商品の水ようかんです。日持ちもするので、お土産にもいいですね。
 (53368)

このプルンとした水ようかん。見るからにみずみずしい感じがしますよね。
味はもちろん言うことなし!繊細でスッキリと上品な味わい。

創業から400年の老舗の味、ぜひ味わってくださいね。お土産にもきっと喜ばれますよ。

とらや 京都一条店 クチコミ情報

とらや 京都一条店 店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】京都限定!夏限定!!宇治金時かき氷の美味しさをそのまま羊羹に「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定の夏らしい羊羹がまたまた登場。食べてみました。
【京都和菓子めぐり】秋の味覚・栗メニューも登場!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

【京都和菓子めぐり】秋の味覚・栗メニューも登場!老舗銘菓とらやの極上菓寮☆「虎屋菓寮 京都一条店 」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。御所西にあるとらやの菓寮へ、秋の味覚・栗を使ったメニューが続々登場。
【京都発酵食品部】江戸時代創業の西京白味噌の老舗!ご飯やお酒のアテになる絶品味噌も◎「本田味噌本店」

【京都発酵食品部】江戸時代創業の西京白味噌の老舗!ご飯やお酒のアテになる絶品味噌も◎「本田味噌本店」

京都の発酵食品をご紹介する「京都発酵食品部」。今回は白味噌の老舗として有名な御所西にある本田味噌本店。正月のお雑煮はもちろん、有名和菓子店・とらやでもこちらの白味噌を採用。
【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗の京都限定羊羹!発酵食品・白味噌味は驚愕の逸品「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗の京都限定羊羹!発酵食品・白味噌味は驚愕の逸品「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。そんな老舗銘菓で京都限定羊羹、しかも発酵食品でもある白味噌味の羊羹を発見し、食べてみることに。
【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗!名物羊羹『夜の梅』は食べ切りサイズ◎レアなゴルフ最中も「とらや京都一条店」

【京都和菓子めぐり】創業400年の老舗!名物羊羹『夜の梅』は食べ切りサイズ◎レアなゴルフ最中も「とらや京都一条店」

創業は室町時代後期で京都発祥。『とらやの羊羹』は、もはや銘菓の代名詞。とらやの代表商品『夜の梅』や季節の和菓子を求めて行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン