2018年1月5日 更新

見事な火入れの焼鳥!ハシゴ酒が楽しめる"ざ らくちん"内の「焼き鳥スタンド酒場 角福」

ざ らくちん室町横丁なる、昨年4月にオープンした小箱のお店が4軒ほど集合した長屋的2階建て物件。フレンチバルに焼き鳥、炭焼居酒屋、とんこつ鍋と餃子店などの中、今回は「焼き鳥スタンド酒場 角福」にお邪魔なり。

ハシゴ酒が楽しめる”ざ らくちん”

 (110410)

四条烏丸で待ち合わせし、やってきたのが室町通綾小路下ル。ざ らくちん室町横丁なる、昨年4月にオープンした小箱のお店が4軒ほど集合した長屋的2階建て物件。
 (110411)

どのお店も経営は同じなのですが、フレンチバルに焼き鳥、炭焼居酒屋、とんこつ鍋と餃子店などバラエティは豊富。この長屋の中で梯子酒が楽しめる趣向ですな。で、今日お邪魔したのは長屋2階にある焼き鳥屋さん、角福。
予約無し飛込みだった18:15。が、既に7割ほど席が埋まっていて19:30までなら!ということで席確保なり。元々立ち飲みでスタートされたのですが、現在は7割ほどは椅子席になっていて、そちらに。
 (110412)

メニューは焼き鳥メインでその他アテ類も豊富。焼き鳥はこういう伝票に自分で書いて注文するシステム。お値段もお手頃価格。
 (110413)

で、角ハイボールのレギュラーサイズ¥400、メガサイズ¥600でゆるゆるとスタートなり。メガサイズは600ccぐらいは入っていそうな感じ。
 (110414)

どこでも注文しているポテサラは、ビネガー系昔のお肉屋さん量り売りタイプで美味しい~のだ。
 (110415)

暇つぶしにらっきょのワイン漬けをポリポリ。地味に好きなお味。
 (110416)

寒いので焼酎お湯割りにスイッチ!ということで。結構種類豊富、且つ1杯¥300均一!というわかりやすい料金体系。

見事な火入れの焼鳥

 (110417)

焼き鳥は焼いた順でトントンと出てくる。奥がももで¥160、手前はせせりで¥160なり。どちらもタレで。特に指定しないと、お店のおすすめで塩かタレを焼き分けてくれるシステムですな。お任せしたら、この2本はタレでした。
火入れもほどよく、ジューシーでなかなかニッコリ!なのだ。

ちと残念だったのは、黒い茶わんが焼酎お湯割りの器で150cc入っているかなあ、という量。¥300はお安いし色々呑めるのは楽しいんですけれど、これなら¥400ぐらいにして、も少し多めにしてもらったほうが・・。
 (110418)

キモは¥150、皮は¥130なり。これは両方とも塩で。これも火入れが見事ですなあ。皮はむちむち重視系。おー!期待以上ではありませんかと更ににっこり。(が!、キモはタレのほうが好みかな・・)
 (110419)

これが本日一の京鴨ねぎで¥250なり。噛みしめると肉汁ほとばしる!的な見事な火入れ、且つサイズも大きめで嬉しい。お高め
ですが、全然納得。 で、これまた脂ほとばしる!ぼんじり(このお店ではぽんじり)¥160を食べて、仕上げにチョイスしたのが、こちら。
 (110420)

豚バラ¥160なり。刻み葱+おろしポン酢たっぷり!で頂く趣向。七味ぱっぱでにっこにこ。これも火入れお上手。
個人的には立ち飲みスタイルより、こちらのほうが良いですな。焼き鳥かなり!イケてますので、焼き鳥好きならご確認を。。

焼き鳥スタンド酒場 角福 店舗情報

店名:焼き鳥スタンド酒場 角福
住所:京都市下京区室町通綾小路下る白楽天町511-1 ざ らくちん室町横丁2F
営業時間:16:00~24:00 
定休日:日曜日
TEL:050-5593-6415

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。